ブログネタ
香港 に参加中!
功徳林上海素食 前の記事に続き、香港旅行レポです。

滞在二日目の夜、ディナーの予約時間が近づいてきたので、そろそろお目当てのレストラン「功徳林上海素食」へ向かういとこ夫婦。ここはJCB情報で知ったベジタリアンキュイジーヌのお店で、肉類・魚類・化学調味料を一切使わないヘルシーなお店ということで、すごく楽しみにしていたんです♪ (ランキングの応援ありがとうございます)
お店の名前「功徳林上海素食(クン・タッ・ラム・シャンハイ・ベジタリアン・クイジーヌ)」は、全然覚えられないけど、日頃ベジタリアン食を心がけている身としては、解禁しまくりの旅行中とはいえ、素食とはどんなものなのか興味津々。ついでに、旅行中は動物性食品も食べまくってるので、たまにはヘルシーな食事があってもいいかなーと♪

ちなみに、素食は日本の精進料理とは違って、野菜・穀類・豆・芋・豆腐などを使って、お肉に似たものを作り出しているとのことで、マクロビにちょっと近いのかも。お店は、尖沙咀の中でもひときわモダンで新しいビルの7階にありました。


いろんなレストランが入ってるモダンなビル。
ビルの中


エレベーターを7階で降りると、すぐにお店の入り口が。
入り口

さっきJCBプラザで予約を入れてもらったときに受け取った予約表を受付に出すだけで、すぐに中へと案内してもらえてラクチン。中は結構ワイワイガヤガヤしていましたが、いとこ夫婦は一番奥の静か〜なエリアに案内してもらえて、しかも香港島の夜景がバッチリ見える窓側の席!


まさかこんな夜景を見れるとは思ってなかったので、すごくラッキー!
夜景

窓が二重になってるので、あまりハッキリ見えないのが残念でしたが、こんなステキなハーバービューのテーブルでディナーが出来るなんて、予想外の出来事もいいところ。もしかして、JCBパワー!?

JCBの威力は他にもあって、コチラに載っているとおり、<ディナーご利用時にJCBカードにてお支払いいただいた場合、1テーブルにつき「チキン風タロイモと栗の煮込み」(原価HK$78)を1皿サービス>という嬉しい特典付き♪クーポンが日本語表記のみだったので、店員さんに通じるのかどうかちょっと心配でしたが、笑顔でオーケーをもらえました。


メニューはかなり豊富で迷い放題。(クリックで拡大できます)
menu1 menu2 menu3 menu4 menu5 menu6 menu7 menu8 menu9 menu10

日本語メニューはないようでしたが、カラー写真もいくつか載ってるので、 結構選びやすいのも嬉しいところ。色々食べたかったけど、さっきペニンシュラでアフタヌーンティーをしたばかりで、あんまりお腹が空いてなかったいとこ夫婦は、JCBの特典もあることだし、気持ち控えめにオーダー。


こちらはお通しみたいなもの。
お通し


青海苔がいっぱいまぶしてあるピーナッツが激ウマ!
ピーナッツ

このしょっぱさがなんとも言えないおいしさで、ついついボリボリ。


お茶は、プーアル茶をいただきました。
ポーレイ

そして、いよいよお楽しみの素食とご対面♪


まずは、JCBの優待で無料だった、チキン風タロイモと栗の煮込み。
チキン風タロイモと栗の煮込み

タロイモをチキンに見立ててある炒め物なのですが、栗は甘くてホクホクしているし、よーく味のしみこんだシイタケもおいしくて、これはもう絶品!香ばしいタロイモはチキンより全然おいしいし、植物性だけでもこんなにおいしいお料理が出来るもんなんだと、ひたすら感動。しかも、化学調味料不使用とあって、なんだか優しい味がするような気がするんですよね〜♪


いとこ夫は、追加注文したご飯と一緒にモリモリ。
ゴハン

それにしても、無料でサービスしてもらえるぐらいだから、きっと小さめのお皿なんだろうなんて思っていたのに、立派な一皿分がドーンとサービスされ、なんとも太っ腹のこの優待。しかも、結局これが一番おいしかった(笑)。優待がなければ、絶対にオーダーすることなかったと思うお料理なので、もうJCB様様です^^;


こちらは、色々悩んだ末にオーダーした坦々麺。
坦々麺

もちろん、これもお肉不使用なわけですが、とてもそんなことは感じさせないようなすごくおいしい坦々麺で、辛さもバッチリで大満足!後から胃にズッシリこない辺り、さすがヘルシーな素食というかんじでした。


麻婆豆腐は、お肉の代わりにザーサイを細かく切ったものがいっぱい。
麻婆豆腐

悪くはないけど、結構ザーサイの風味がキツくて、あんまりお肉の代わりにはなってないような気がしないでも・・・。他がおいしかっただけに、これだけはちょっとイマイチなのでした。でも、この量で58香港ドル(約873円)はヤスイ!

既に超満腹状態ではありましたが、素食デザートも食べてみた〜い!ということで、夫婦で何かひとつのデザートを半分子することに。


そして、オーダーしたのがコチラ、青豆沙鍋餅。
デザート

香港でよく見る、揚げた皮に餡子が包まれているデザートのえんどう豆餡(うぐいす餡?)バージョンです。ちなみに、メニューには卵を使用しているマークが付いていました。お値段は32香港ドル(約481円)と良心的。


中はこんなかんじでグリーンの餡子がおいしそお!
えんどう豆の餡

これもすっごくおいしくて、すっかり夢中になるいとこ夫婦。ちょっと油っこいパリパリの皮に包まれたうぐいす餡が甘くておいしくて・・・。なんとも表現できないようなおいしさで、忘れられない一品となりました。

キラキラ輝くビクトリアハーバーの夜景を眺めながら、すごくおいしいお料理をたっぷり堪能できた上にサービスも良くて、最高のディナーになったわけなのですが、お会計をしてみてビックリ。二人でたったの178香港ドル(約2680円)だなんて!まさに、こんなに安くていいの?状態。

JCBの一品無料も大きかったけど、他のお料理も良心的価格だからこそ、こんなに安かったんでしょうね。感謝の気持ちを込めて、ちょっぴりチップを上乗せするいとこ夫婦なのでした。香港に行くときは、絶対にまた行きたいオススメのレストランです♪

次は、オウムのいるマッサージ屋さんで足裏マッサージなどなど編へと続きます。

ご参考になりましたら・・・・ ランキングに1クリックお願いします♪