JAL 前の記事に続き、ハワイ島レポです。

成田を飛び立ってから約7時間半。遂にハワイ島はコナに到着したいとこ家。着陸してからも眠ってたいとこ甥もようやく起きて、いざ外へ!コナ国際空港では、タラップを降りて外に出るので、早速ハワイ島の空気を吸い込めるのが最高です♪ (ランキングの応援ありがとうございます)

しかし、寝ぼけた状態でタラップを降りるのは、踏み外すんじゃあないかと、結構ドキドキもの。まぶしいハワイ島の日差しを浴びつつ、慎重に慎重に降りて行きました(笑)。

地上に降り立つと、やっとハワイ島に着いた〜!という開放感と、間近に飛行機がある珍しさとで、あちこちでガヤガヤと写真撮影大会がスタート。

まだ眠そうないとこ甥とJALの機体。
むくみ顔・・


JALにバイバイしたら、早速入国審査場へ!
また数日後〜!


ちなみに、入国審査場はコチラ↓
サーカス?

サーカス小屋のようなテントですが、中はちゃんと冷房も効いていていました。しかし、中は既に長蛇の列!浮かれていてそんなことは全く頭にありませんでしたが、当然ながら先に並んだ人ほど早く脱出できるわけで、ヒコーキの写真を撮りながらちんたら歩いて来た人ほど、待ち時間が長くなるのでした・・。

30分ぐらい並んでもまだまだかかりそうだなぁ〜という頃になって、なぜだか係員が子連れ優先レーンに案内してくれたのでラッキーでしたが、あれはとっととサーカス小屋に入るのが正解ですね。

そして、いよいよ空港の外へ出たいとこ家。ようやく自由の身よぉ〜!


振り返れば、リゾートムード溢れるコナ国際空港が↓
コナ国際空港


正面には、既にハワイ島の雄大さを感じさせるような山が↓
雄大な予感

初めてのハワイ島は一体どんなところなのか、ドキドキのワクワクです♪
ちなみに、言うまでもないとは思いますが・・・・

通常日本でハワイ旅行と言えば、ホノルルのあるオアフ島旅行のことを意味しますが、今回いとこ家が訪れたハワイ島は、ハワイ諸島の中で最も大きい、通称ビッグアイランドと呼ばれている島であり、ホノルルとは別の島になります^^;(←こんな説明でいいんだろうか・・)

そして、大都会のホノルルとは違い、ハワイ島ではレンタカーが必須アイテムです。行くまではどれだけ大きい島なのか実感が沸きませんでしたが、実際に行ってみた結果、あの大きな島内をタクシーで移動したりしたら、間違いなく破産すると思いました(笑)。

早速、レンタカーの営業所まで行く巡回バスを待ちます。
送迎車待ち中

いとこ姉夫婦が予約してきたレンタカー会社はバジェットなのですが、ダラーやアラモの巡回バスはしょっちゅう来るのに、バジェットは本数が少ないのか、ちょっぴり待ちました。でも、後で同じ宿に到着した人から聞いたところ、JAL便到着者でダラーの営業所は大混雑だったそうなので、ガラガラのバジェットは結構穴場だったのかも。

いとこ姉夫婦がレンタルの手続きをしている間、いとこは外で子守係。


これがまたうるさいんだ・・
子守中


機内でいっぱい眠ったもんだから、充電バッチリ、パワー全開。
早速ハイテンション

こっちはろくに眠ってないからボーっとしているというのにこのテンション・・。


そして、いよいよレンタカーに乗り込み、いとこ義兄の運転でホテルへしゅっぱーつ!


安全運転でお願いします♪
しっかりシートベルトを締めました


ピンクの美しいお花がお出迎えしてくれました。
お花〜


走り始めて間もなく青い海がぁ〜!
海ー!

これがハワイ島の海なのね!!


青い海と、なだらかな山が感動的な美しさでした。
山と海ー!


道路はひたすらまっすぐ。
まっすぐ

道の周りは、ひたすら溶岩流の跡で、ゴツゴツした真っ黒な大地が広がってます。そこに白いサンゴでいろんな人が書いた文字を眺めながら、ひたすらまっすぐ続く道のりをドライブ。まさかこんなにも何もない大自然だとは思ってなかったいとこは、「民家はどこ・・?」「人は住んでないのかぁー!」と、錯乱気味に(笑)。最初は衝撃的でしたが、毎日走ってるうちに慣れてきて、それどころかその雄大さにすっかり魅せられてしまったのでした。

ロイヤルブルーとターコイズ色の海の美しいことと言ったら!
ロイヤルブルーが美しすぎる

こうして、ハワイ島の大自然を実感しつつ、数十分車を走らせたところで、滞在先のお宿に到着。次は、お宿到着編へと続きます!

続きを楽しみにして下さる方は・・・・ ランキングに1クリックお願いします♪