ブログネタ
◆ラスベガス◆ に参加中!
夫はバーの向こうに ラスベガス旅行記の続きです。

滞在六日目、いとこ姉&いとこ甥がウェンディーズでランチを食べてる頃、いとこ夫婦はシグネチャーからMGMへ移送されていました。楽しみだったシグネチャーに泊まれなかったのは残念でしたが、その対応は十分すぎる程でビックリ! (ランキングの応援ありがとうございます)
シグネチャーからの移動に車を用意しておいてくれたことから始まり、運転手の方がそのまま荷物を運んでMGMのVIPラウンジへ案内してくれた上に、そこでは日本人スタッフの方がすごく親切に対応してくれて、チェックイン後はお部屋まで案内してくれました。しかも、案内してくれたお部屋は、自腹じゃ絶対泊まれないグラマースイート!広さは1270sq ft、お値段は1泊550ドル超えのスイートです(@@)!

ついでにルームキーもVIP模様。
VIP!?

全然VIPじゃないのに恐縮ですが、これがあると専用エレベーターを使えたり、バフェやカフェが混んでるときはラインパスにもなったりする素敵なルームキーだそうで、本当にお詫びとしては十分過ぎるほど手厚い対応です。

しかし、喜んだのもつかの間、このグラマースイートには大きな欠陥が・・。それはロケーション。エレベーターホールに面しているので、24時間絶えず騒々しいのなんの。。

この大きなドアの向こうがお部屋なのですが、
大きなドア


場所は赤く塗ったところなので、
エレベーターホールの真ん中

四方に伸びる客室を行き交う人々が絶えない場所で、まるでどこかの街の交差点のような騒々しさ。せめて頑丈な扉だったり、お部屋に入るところにもう1枚扉があったりすれば多少は軽減されたのでしょうが、薄っぺらな扉からは、外の声が筒抜け状態。ま、ベッドルームは奥にあって静かだったので、眠れないということはありませんでしたが、リビングにいる間はずっとうるさかったです。今回はラッキーなアップグレードだったからよかったけど、自腹でこんなうるさいお部屋だったら泣きが入りそう。

その薄いドアを開けると、中は超広々!
広っ


ダイニング手前のドアを開けると、
手前のドアは


そこは広々したトイレでした。
トイレ

お部屋にトイレが二ヶ所あると、何かと便利ですよね(笑)。


ダイニングは照明が豪華なかんじ。
ダイニング

これだけ広いお部屋なのに、デスクが一つもなかったので、いとこ夫はこのダイニングテーブルで仕事をしていたのですが、ここがお部屋で一番うるさい場所なのは言うまでもなく・・。普段はあまり音は気にならない夫も、さすがにこれには参ったようです(笑)。


一体誰が座るんだ?的な、バーカウンター。
バー

カウンターの向こうにはシンクや、空の冷蔵庫があり、これはすごく重宝しました。カーネギーデリのチーズケーキも冷やし放題♪


バーの奥にはリビングが。
リビング

いとこは主にここでブログを更新したり、うたた寝したりしてました(笑)。


ソファの正面には、ベッドルームへのドアが。
ベッドルーム


その隣には、アーモア。
アーモア


開けてみると、中にはテレビのほかにDVDプレーヤーらしき物も。
DVD?

しかし、いとこ家はテレビすらつけることはありませんでした(笑)。


窓辺には、さらにソファが。
これでもか〜

ここがソファじゃなくてデスクだったら嬉しかったかも。


窓からの景色はこんなかんじ。
眺望

21階のお部屋でしたが、NYNYやモンテカルロが良く見えて、夜はなかなか美しいストリップの夜景を楽しむことができました^^


遠くリオからベラージオ、シーザースにアラジン、パリスまで見渡せます↓
真下はKA劇場

こんなかんじで、お部屋自体は広くてゴージャスな造りだったのですが、廊下から絶えず入ってくる人の声(含酔っ払い)は、かなりのもので、それだけが残念ポイントでした。シグネチャーに泊まれなかったのはすごく残念でしたが、こんな豪華な本格的なスイートに泊まれたのは不幸中の幸いだったのかも!?

次は、静かだったベッドルーム&広々バスルーム編へと続きます!

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪