これが食べたかった! 前の記事に続き、マカオ&香港旅行記をお送りします。

滞在二日目のお昼過ぎ、セナド広場にやって来たいとこ夫婦は、まずはランチを食べることにして、お目当ての詠藜園を探します。JCBのショッピング&ダイニングパスポートに載っている地図が分かり難くてウロウロしましたが、実は目の前にあったのでした(笑)。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです

この黄色いマクドナルドの入ってる建物の2階に詠藜園の文字が!! ステキな建物〜


入り口に行ってみると、詠藜園(ウェン・ライ・ユン)の看板にそそられます♪
おいしそ〜

香港のガイドブックで見てはおいしそうな坦々麺にウットリしていたのですが、香港ではなかなか行く機会がなかったので、マカオでは観光名所のセナド広場にあることもあり、絶対に行っておかなくては!!


エスカレーターを上ってお店に向かいます。
エスカレーター


そして念願の詠藜園に到着〜。
真っ赤

いとこ夫婦が行ったときはガラガラだったのですが、あれよあれよとお客さんがやって来て、お店を出る頃には満席状態になっていました。客層は、白人やアジア人の観光客とジモティーらしき人々が入り乱れた状態。やっぱりマカオでも人気なのね^^


店内の様子はこんなかんじ↓
店内


JCBの優待は、200パタカ以上の利用で豚モモ肉四川ソース和えがサービス。
JCB優待

割引とかだったら嬉しいけど、豚肉は食べれないしなぁ・・なんて思っていましたが、お値段が安いので、全然200パタカには到達せず。悩む必要なんて全くナシ子なのでした(笑)。


メニューはこんなかんじ。
メニュー1
メニュー2
メニュー3

点心など、坦々麺以外のメニューも充実。でも、既に食べたいものが決まっていたいとこ家はあまり悩むこともなくサクっとオーダー。ちなみに、オーダーを取ってくれた店員さんは英語が多少分かるようでしたが、中には全く通じない店員さんもいるので、何か頼むときはちょっと苦労アリ。


まずは、お通しみたいなものと、箱がひとつ。
お通し

箱は一体何なんだろうと思ったら、ティッシュでした(笑)。ついでに、お茶もお通しもティッシュも有料らしく、チェックにそれらしきものがしっかり含まれているのを発見。まあ、安いので全然いいんですけどね^^;


いとこ夫は、コカコーラライトを飲んでリフレッシュ。
定番


そして、二人でシェアした春巻きが運ばれてきました。
パリパリ!

見るからにパリパリしてそうですが、これが本当にパリパリのパリパリで、ジューシーな具も最高で、とってもおいしかった!!


いとこ夫は、坦々麺よりも辛そうな酸辣麺にしました。
赤い〜

これは酸味と辛味のきいたスープが特徴なのですが、やっぱりどう考えても坦々麺の方がおいしいんですよねぇ。いとこ夫もちょっと後悔してるようでした。


で、いとこの念願の坦々麺はというと、これが激ウマ!!
おいしいいいいい

辛いのと辛くないのとがあったので、辛い方を選んだのですが、たっぷり香ばしいピーナッツと、ピリ辛具合が絶妙で、世の中にこんなおいしい坦々麺があったとは!!もう心底感動、これは本当においしい〜〜!


この麺がまたおいしいんですよねぇ。
夢中

おいしすぎて無我夢中で完食!

そして、酸辣麺がイマイチだった&足りなかったいとこ夫も、同じ坦々麺を追加オーダーしたのですが、これが通じてると思いきや通じてなかったり忘れられたりして、三回催促してやっとこ出てきました。でも、出てきた頃にはすっかりお腹も落ち着いてしまってたんですよね(涙)。ついでに、いとこ夫は春巻きを白いご飯で食べたくて最初からご飯をオーダーしていたのですが、これも三回催促してやっとこ出てきました。。


追加坦々麺抜きのお会計はこんなかんじ。
お値段

日本円にして二人で1500円程と、このおいしさでこのお値段なら大満足です。なかなかスムーズに意思疎通できてないことが唯一のマイナスポイントでしたが、この味は忘れられそうにないので、今度またマカオに行く機会があったら、絶対また行きたいと思ういとこなのでした。

次は、あの有名店で牛乳プリンに舌鼓です♪

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪