ブログネタ
♪スイーツ×スイーツ♪ に参加中!
オリエンタルラウンジ@マンダリンオリエンタル東京のアフタヌーンティー セレンディピティカフェ@コレド日本橋に続き、ベガスの師匠・みーさんと向かったのは、マンダリン オリエンタル 東京の最上階にある「オリエンタル ラウンジ」。

ここのアフタヌーンティーは初めてなのでワクワクするのと同時に、ベガス話に花を咲かせるには、ゆっくりできるホテルのアフタヌーンティーが最適ということで、とーっても楽しみにしていたのです♪

ランキングを応援して頂けると嬉しいです

マンダリンオリエンタル東京「オリエンタルラウンジ」のインターネット予約はコチラ
(お得な一休限定プランも有り)

アフタヌーンティータイムは12時−17時と長めに設定されている上、3段重ねではなく、1品ずつサービスしていただけるとのことで、たぶんどこのホテルよりも腰を落ち着けてくつろげることができそうなマンダリンのアフタヌーンティー。

行くことに決めたのが割りと直前だったので、今回は15時からの予約しか取れませんでしたが、予約でいっぱいのことも多々あるそうなので、予約を取ってくださったみーさんには感謝しきりです。ありがとうございました!


窓からは、まぶしいほどの夕焼けが。(撮影したのは17時頃かな)
絶景ざます

テーブルの感覚もゆとりがあるので、周りを気にすることなくお喋りに没頭できるのもポイント大!


アフタヌーンティーセットの飲み物は、豊富なラインナップからその都度選択OK。
ドリンクメニュー1

ドリンクメニュー2

紅茶はもちろんのこと、コーヒー系やハーブティー系にロイヤルミルクティーなども揃っていて、これがお代わり自由とは嬉しい限り。甘いドリンクに飽きたらさっぱり冷たいドリンクに変更したりして楽しめるのは、ポットサービスではなく、1杯ずつのカップサービスならではですよ♪


まず最初に、いとこはアイスマスカットティーをいただきました。
さっぱりアイスティー

アイスティーにしては驚くほどに薫り高く、マスカットの甘くフルーティーな媚薬のような香りに思わずウットリ。喉が渇いてたので、なおさらおいしく感じたような気がします^^


そして、ここからお楽しみのアフタヌーンティーが本格的にスタート!


まずサーブされたのは、3種類のフィンガーサンド。
みーさんの

こちらはみーさんお召し上がりの通常版で、サーモンとターキーのサンドイッチに加え、おこげで出来た珍しいサンドイッチもあり、色とりどりの華やかなプレートになっていました。


一方、肉嫌いのいとこは、サーモン1種類だけの単調プレートです(笑)。
いとこの

せっかくのフィンガーサンドも、3種類のうち2種類を食べられなかったら悲しかったので、スタッフに相談してみるように勧めてくださったみーさんに、またまた感謝せねばなりません。単調でしたが、肉厚のサーモンにうっすらタマゴが程よくマッチしておいしくて、かなり幸せ!!


お次はスコーンの登場予定だったので、ここでいとこはアッサムティーを。
アッサムアッサムー

こちらも運ばれてきたとたんに良い香りが立ち込めて、とっても丁寧に淹れられたのが分かるというか♪クリスタルのような素敵なお砂糖も優雅ムードを演出していて、ミルクティーにしたらほっぺた落っこちそうになりました。ホヤ〜


そして、念願のスコーンとご対面♪
これが食べたかったのよ!

プレーンと無花果の2種類で、どちらもあったかのホカホカ。


お供には、左からチョコレートソース・クロテッドクリーム・ジャムの3種類が。
三種の神器

↑これが一人に一つ用意されているので、たっぷりとつけてスコーンを楽しめるのが素晴らしい!


でも、クロテッドは結構少なめ?
少ないけど

たったこれだけのクロテッドでスコーンを2個も食べるなんて到底無理!と思いきや、こちらもお代わりできるとのことで、クロテッド好きには夢のよう♪クロテッドの残量を気にせずにスコーンが食べられるなんて、こんなに嬉しいことはありません〜(嗚咽)


プレーンのスコーンに、クロテッドとジャムを塗り塗りして、いざ試食。
くーーー

あうあうあうあ〜〜

温かさといい、適度な粉っぽさといい、ホロっとした食感を残した焼き加減といい、かなり理想的なスコーンで、もう言葉にならないほどに激ウマっ!こんなスコーンに出会いたかった、心底そう思えるようなスコーンで、クロテッドもたっぷりと楽しめるしで、極楽天国パラダイス!

通常はプレーン派のいとこですが、無花果スコーンも本当においしくて、どちらも大満足の太鼓判。お代わりも出来るので、いとこはプレーンを、みーさんは無花果を1個ずつお代わりをして、とことんスコーンを堪能しました♪

・・・と、ここまでは満点パーフェクトで進行中だったマンダリンのアフタヌーンティーなのですが、なぜかここらでサービスのペースが失速し始め、スコーンの後は小1時間ぐらい放置されたでしょうか(汗)。

お喋りに夢中だったので、それほど長くは感じませんでしたが、オーダーしたドリンクのお代わりも忘れられ、一体どうしてしまったのかと思っていたら、17時だか17時半を過ぎた頃から、ラウンジが薄暗い夜ムードになってきて、次第にどこからともなくタバコの臭いがプンプンと・・・・。周囲を見回すと、あちこちでお酒とタバコを楽しむ人の姿が!

アフタヌーンティーの時間は17時までなので、たぶんこの頃にバータイムに切り替わり喫煙もOKになったようなのですが、何も知らされてなかったアフタヌーンティー利用者は唖然呆然。せっかくの優雅なアフタヌーンティーが、途中でタバコ臭くなるなんて〜〜!!というか、事前に一言案内があってもよいのではないかと・・・。


タバコ臭くなる頃に運ばれてきたのは、お口直しのひんやりデザート。
鮮やか!

ライチのスッキリとした風味が絶妙の一品です。


で、ようやく出てきた最後のプチフールは、こんなオリエンタルなスタイルでご登場。
待ちくたびれて干からびた

このオリエンタルなケースに並んだプチフールも憧れの一つだったので、出会えた喜びといったらありません(涙)。一人に一つサーブされるというのも、なんともゴージャス感があり♪

一刻も早くタバコ臭から逃れたい気持ちが山々なのはもちろんでしたが、これを食べずにして帰るわけにはいかず・・。というか、15時からスタートしたアフタヌーンティーのプチフールの登場がその2時間以上後って、サービス遅すぎですよね(涙)


サクサクで香ばしいデニッシュは、トップにメレンゲがあしらわれ♪
サックッサク

これも驚くほどにおいしかった!


これはマロンのパウンドケーキだったかな?
超しっとり

極上のしっとり感に酔いしれます〜


いとこが一番気に入ったのは、クッキー生地で出来たシュークリーム。
激ウマ!

ちょっぴり歯ごたえのあるクッキータイプの生地が絶品で、中のカスタードも絶品で、全てにおいていとこ好みの一品。1階のブティックで売ってるシュークリームもこれなのかなあ。だとしたら是非とも買いに行きたいっ!


ジャスミンティー風味のプディングも、超芳醇。
芳醇


ベリーソースの添えられたレアチーズも、とっても好みのお味でした。
くーーーーー

どれもかなりハイレベルなお菓子ばかりで、ハズレ無しというお見事な内容だっただけに、スコーンの後で間隔が空き過ぎたおかげで、お腹が落ち着いてしまい、思うように食べられなかったのが残念無念。

一品ずつサーブしてくれるというスタイルは良いと思うのですが、途中で失速するなら、いっそ最初に3段重ねでサーブしてもらった方が、自分のペースで楽しめていいのかも^^;


最後は、ローズヒップティーでスッキリ。
タバコクサイ中で

タバコの臭いを嗅ぐと頭が痛くなってしまうことが多く、今回もその兆候が現れ始めたところだったので、ハーブティーをオーダーしておいたのは大正解でした。

ちなみにお値段は、3300円+サービス料330円で、一人あたり合計3630円でした。スコーンのお代わりや、1杯ずつオーダーできる豊富なドリンクメニュー、ハイレベルなお菓子等を考慮すると、このお値段は安いぐらい。タバコ以外は本当に満足できる内容だったので、機会があれば是非またリピートしたいと思ってます♪


マンダリンオリエンタル東京「オリエンタルラウンジ」のインターネット予約はコチラ
(お得な一休限定プランも有り)

お忙しい中、ベガス長話大会にお付き合いくださったみーさん、本当にどうもありがとうございました〜^^

今後もスイーツレポを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪


【関連記事】
●ザ・ペニンシュラ東京の桜アフターヌーンティーセット
●ザ・ペニンシュラ東京のクロテッドクリーム
●ペニンシュラ東京でクリスマスアフタヌーンティー
●シャングリ・ラ東京のアフタヌーンティ
●フォーシーズンズで桜アフタヌーンティー
●パークハイアットでアフタヌーンティー
●リッツカールトン東京のアフタヌーンティー
●ザ・リッツ・カールトン東京 アフタヌーンティー@クラブラウンジ
●ピークラウンジ@パークハイアット東京でアフタヌーンテイー
●帝国ホテルでアフタヌーンティー
●日航東京でアフタヌーンティー
●ウェスティン東京でアフタヌーンティー
●フォーシーズンズホテルで桜アフタヌーンティー
●ハイピリオンラウンジにて
●コンラッド東京のアフタヌーンティー
●ベノア・ティールーム
●フォートナム&メイソンでアフタヌーンティー
●ハロッズ・ティーサロンでアフタヌーンティー
●北浜レトロでアフタヌーンティー