ブログネタ
ハワイ に参加中!
レンタカー ハワイ旅行記の続きをお送りします。

UAでホノルルに到着したら、ガラガラで待ち時間ゼロのイミグレを通過し、サクサクと荷物を受け取ったら、いざホノルルの街へ〜!滞在中レンタカーを借りることにしていたいとこ家は、空港からシャトルに乗ってバジェットレンタカーに向かい、ドライバーのいとこ姉が手続きを開始。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです
今回はビジネスなのをいいことに、お土産をたくさん買って帰れるようにと、空のスーツケースを含め、3つの大きなスーツケース+ダンボール箱+布製大バッグ+キャリーバッグ2個と、大量の荷物を持参したいとこ家(笑)。ダンボールや布製バッグがスーツケースに収納されている行きはよいとしても、帰りに荷物を積み込めなくなったら大変なので、レンタカーはフルサイズを予約してきました。

ということで、滞在中お世話になることになったのは、TOPの画像の白い車。車に興味ナシなので、車種とかは全然チェックしてなくて分かってないのですが(笑)、帰りも無事に全ての荷物を積み込むことができて一安心。大きくて駐車場ではいつもよりちょっと大変だったようですが、乗り心地も良くて快適な車でした♪

レンタカーを借りたら、早速ホテル目指して出発!約一年ぶりのハワイの風を感じつつ、これから始まる甘い物にまみれた滞在にドキドキワクワク。


快調なドライブで到着したのは、ヒルトンハワイアンビレッジ。
到着〜


後日撮影したものですが、美しく咲き乱れるお花にスリスリする甥。
スリスリ


滞在するのは、カリアタワー。
カリアタワー

数年前にエグゼクティブフロアに泊まったことがあるカリアタワーですが、このタワーにはホテルとコンドミニアム(タイムシェア)が同居していて、12階〜18階がヒルトングランドバケーションクラブ(HGVC)のコンドミニアムになっているのです。今回泊まるのは、そのコンドミニアムの方。ヒルトンのホームページで検索していたら、空いてるお部屋がホテルとしてレンタルできたので、広いお部屋にそそられ予約したのでした。

しかし、ここに泊まることになったいきさつは色々あり・・・。当初予約を入れたときは、大本命のロイヤルハワイアンのタワーが、HGVCカリアの1泊$399よりも高くて諦めたのですが、その後レートが下がり、やっぱりホスピタリティを感じられるホテルがいいよねということで、ロイヤルハワイアンに予約を入れなおしたのです。

が!!HGVC予約担当のいとこがキャンセルするのを忘れていて、気付いたときにはキャンセルチャージが発生する30日前(早すぎる・・)を切っていて、もしキャンセルすると、泊まらなくても1泊分のキャンセル料がかかってしまうことに(涙)。$399というのは痛すぎるので、いとこ姉にブーブー文句を言われつつも、今回はそのままHGVCに泊まることになったのでした。(スンマセン)


カリアタワーのロビーには、以前はなかったスタバもあり。
スタバも

前回泊まったときの経験からして期待はしてませんでしたが、カリアタワーの車寄せに横付けにしても、こっちを凝視しながらもドアを開けにこようともしないスタッフ。にこやかなドアマンやレイでのお出迎えが待ってるロイヤルハワイアンとはやっぱり違うわ〜と落ち込みつつ、いとこだけが車を降りてチェックインできるかどうかをフロントに聞きに行きました。結果はもちろんまだ不可。

ま、まだ朝早いし、通常チェックインは16時〜とのことだったので、出来ないことを想定してスケジュールを組んできたいとこ家は全然オーケー。お部屋の準備が出来たら知らせてくれるポケベルを受け取ったら、荷物を預けて早速街に繰り出すことにしました。フロントのスタッフが想像してたよりも親切な方だったのも救いでした♪

でも、日本の予約センターに電話した際、音に敏感だからコネクティングドアのないお部屋をリクエストしたいと言ったら笑われたし(こっちにとっては死活問題なのに・・)、帰国後は心当たりのない$334の請求がJCBにチャージされ(取り消してもらったけど・・)、Hオーナーズのポイントは未だに加算されず、やっぱりヒルトンはヒルトン。ま、これも全ては予約をキャンセルし忘れた自分の責任だから仕方ないんですけどね(涙)。

カリアのお部屋は順を追ってご紹介することにして、次はドンキホーテにテッズパイ等、ビーチに繰り出すためのアイテムを買いに行きます!

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪


【関連記事】
●ヒルトンに到着
●カリアタワーお部屋編
●カリアタワーバスルーム編
●カリアタワー眺望編
●マウンテンビュールーム
●エグゼクティブラウンジ (今は閉鎖されてしまったようです)