ブログネタ
◆ラスベガス◆ に参加中!
ANAビジネスクラス機内食 12月のラスベガス旅行記も、これにて最終回となりました!

少々遅れてロサンゼルスを出発した全日空の成田行き。ビジネスクラスはほぼビッシリ満席でしたが、帰りも静かで快適なフライトでした。ほぼ徹夜でここまでやって来たいとこ夫は、離陸する前から爆睡モードに入り、珍しくウェルカムドリンクも飲まずにグースカ。この様子なら、成田までがあっという間に感じられるんだろうなあ。ウラヤマシイ。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです

今回のシートも大好きなニュースタイル。
よっこらしょ


肘掛けの下にパソコンをすっぽり収納できるのが便利なところ。 便利便利

小物入れも付いているし、座ったまま必要なものを取り出せるというのは、とってもラクチンです。


ゆとりのシートピッチで、前の座席もかなり離れ気味。
スリッパも

スリッパは用意されてますが、その他諸々のアメニティの配布はなく、歯ブラシやアイマスクは、トイレやバーに置いてあります。アメニティの種類は、以前の記事でどうぞ♪

水平飛行に入ると、一度ムクっと起きたいとこ夫が、早速シートを倒してベッドにして、本格的な睡眠に突入。よっぽどお疲れで眠いらしく、機内食もパスしてひたすら寝るそうな。


ということで、一人ウェルカムドリンクの冷緑茶を飲んでます。
スッキリ

お酒が飲めないので、毎回これ一筋。


機内食メニューは、こんなかんじ。
メニュー

洋食のメインは、牛フィレ肉のステーキorブイヤベースorポテトのピッツァ仕立ての3種類からのチョイス。和食の主菜は、ぶり大根。毎回洋食の野菜メニューが楽しみないとこは、もちろん今回も迷うことなくポテトのピッツァ仕立てを選びました。


まずはおつまみをリンゴジュースと共にポリポリ。
ポリポリ


そして、前菜。
覚悟したほどではなかった

前菜は鴨のローストとのことで、たぶんまたサイドのサラダしか食べられないんだろうなと思っていたら、クスクスみたいなものがたっぷり添えられていて、これがプチプチしてとっても美味!鴨が食べられなくても満足度高し。

ちなみに、行きはエシレバターに酔いしれましたが、帰りはイズニーバターだそうで、エシレほどのおいしさではなかった記憶。ま、ラウンジで食べまくった後だったので、どの道パンまでは食べ切れないんですけどね^^;


メインは、ポテトのピッツァ仕立て アンチョビ風味。
野菜料理


ポテトはシャキっとした歯ごたえが残っていて、なかなかのおいしさ。
シャキ

でも、ちょっとチーズがくどすぎてキツかったかも。例え大根一切れでも、往路の野菜料理の方が断然おいしかったです。


恒例のデザート、ANAオリジナルパフェは、アップルパイパフェでした。
ANAパフェ

悪くはないけれど、特別おいしいといわけでもなく、これも往路のチョコパフェの圧勝。


というか、ホイップの絞り方が謎ちっく(笑)。
蛇?

底には一応アップルパイの破片とアングレソースみたいなものが固まっていて、ここは結構好きなお味でした。


最後は、コーヒーで締めくくり。
ホっ


機内食を食べながらスターダストという映画を観ていたところ、すっかりハマってしまい、2回連続で観てスターダストの世界にどっぷり。ファンタジックなストーリーもステキだし、みんないい味出しているし、そもそもどうしてミシェル・ファイファーはあんなにキレイなのじゃ?往路にリピートしまくったヘアスプレーでもキレイだったし、行きも帰りもミシェル・ファイファーにひたすら夢中。ああ、ミシェル様。

その後、少々眠くなってきたので寝てみましたが、寝不足なのに1時間半ぐらいで目が覚めてしまい、ここからは直ちゃんをiPodで聴いたりボーっと。


このときのロサンゼルス線のスナックメニューは、こんなかんじ。
スナックメニュー

東海岸線だと、もっと種類豊富でアイスクリームもあるようで、毎度うらやましかったり。

いとこが寝てる間に入れ違いで起きたいとこ夫でしたが、どうもさっきの機内食はメニューを見ても気分ではなかったらしく、スナックメニューからポークカツサンドウィッチをオーダーしていた模様。


いとこが寝ててもしっかり写真は撮っておいてくれるとは、さすがダーリンよ!
いとこ夫ゴハン

お味は、既に忘却の彼方だそうです〜


成田到着前の軽食は、和食と洋食の2種類からのチョイス。
軽食

秋刀魚は気分じゃないし、ソーセージは食べられないいとこは、スナックメニューから生麺タイプうどんをお願いしました。


これがお出汁がきいてて結構おいしいんですよね♪
ウマウマ


いとこは意外にも和食をチョイス。
和食

多分ご飯が食べたかったんだろうなあ・・


魚嫌いでも、これは食べられる魚だったとか。
コメ命

でもって、結構おいしかった記憶とのこと。和食に飢えてるときに食べたから、余計においしく感じたのではないかしら。

長時間のフライト中、軽めの食事しか取ってなくて、ダーリンこれで足りるのかしら?と思っていたら、


最後はやっぱりおうどんで締めくくっていました(笑)。
ベツバラ〜

それでこそダーリン!

こうして成田に到着したら、楽しかったベガス旅行もおしまい。後は家に帰って、自分のベッドでぐっすり眠るのが楽しみ〜〜と思いきや、最後の最後で最大のトラブルが待ち構えていたとは・・。そう、帰国後のレポに書いたとおり、首都高でタイヤがバーストして立ち往生してしまったのです(涙)。あれは今思い出しても恐ろしくて、あんなに歯がガチガチ音を立てて震えたのは人生で初めてのことでした。無事に帰ってこれて本当によかった(涙)!

これにて約半年に渡ってお送りしてきたラスベガス旅行記もお終いです。近々また新たな旅行記を始められると思うので、今後ともお付き合いいただければ嬉しく思います。最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました。

新たな旅行記を楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪