ザ・リッツ・カールトン東京 バスルーム&眺望編 前の記事に続き、リッツカールトン東京滞在記のバスルーム&眺望編をお送りします。

パーフェクトとまではいかなかったものの、お部屋同様に立派な造り&充実アメニティだったバスルーム。素晴らしい香りのバスアメニティに包まれて、ゆっくりとバスタイムを満喫すれば、非日常気分も盛り上がって参ります〜♪

ランキングを応援して頂けると嬉しいです
客室に入ってすぐ右手の観音開きの扉を開ければ、そこには広々したバスルームが。
鏡だらけで撮影が難しい・・笑

前も横もあちこち鏡だらけなので、どうやっても自分が写ってしまい、写真撮影には苦労しました(笑)。ダブルシンクの洗面台は、割と多くのホテルで目にしますが、リッツカールトン東京の場合は、洗面台が2つもある贅沢な造りになっています。


正面の洗面台その1。
洗面台1

持参品の多いいとこ家でも満足の十分なスペースがあり、アメニティの石鹸がすっごくいい香りなのがポイント。この石鹸で手を洗った後は、ふと漂ってくるいい香りに、思わずウットリしてしまうほどでした♪


シャワーブースを間に挟んだところにある洗面台その2。
洗面台2

その1と全く同じ造りなので、夫婦でそれぞれ専用洗面台を利用することが出来ましたが、出来ればどちらかは椅子付きのドレッサーだったらよかったのになぁ〜というのが正直な感想。これだけスペースがあるのに、椅子に座りながらスキンケアやドライヤーが出来ないのはちょっぴり寂しかったです。


アメニティは引き出しの中にピチっとはめこまれています。
アメニティ

さすがリッツという感じの高級感溢れる見た目。歯ブラシやくし、ブラシ、爪磨き、マウスウォッシュ、ボディローションなどなど、種類も豊富。


シェービングフォームもロゴ入り。
ロゴ入りシェーブフォーム


洗面台その2にも全く同じアメニティが用意されていました。
もう一セットあった!

ちゃんと一人につき一セット用意されているのが嬉しいところ。


バスタブは、足を伸ばしてゆったりくつろげるタイプ。
バスタブ

もうちょっと深さがあれば最高でしたが、すぐにお湯も貯まるのと、ボタンひとつで排水できるのが便利便利。


すごく嬉しかったのは、このブルガリ(ホワイトティー)の入浴剤!
お風呂茶!

Tea Bag for bathという名のとおり、中にはそのままお茶として淹れてしまいたくなるようなティーバッグが入っていて、お風呂のお湯がとても柔らかく、ほんのりいい香りになるんですよね。ああ幸せのバスタイム!


バスタイムをより優雅なものにしてくれるバスピローもあり♪
バスピロー

これに頭を乗っけて肩までお湯に浸かれば、リラックス度も倍増。


でも、トイレがこんな場所にあるのはどうしてなんだろう・・・(涙)。
スケスーケ

せっかく個室タイプのトイレだと言うのに、スケスケスケルトンの上、バスタブのすぐ隣にあるもんだから、夫婦でもどちらかがバスタブでリラックスしてるときは、トイレに入りにくいのですよ。。。

反対側の同じようなスペースにシャワーブースがあるので、そっちと配置を逆にしてくれれば、バスタブからシャワーへの移動も寒くなくて済んだのにと、全く謎な配置なのでした。


ま、トイレ自体はとてもキレイでスペースもゆったりでしたけどね・・
パワー脱臭がスゴイ


間に洗面台を1つ挟んだところにあるのがシャワーブース。
シャワー

バスタブに移動するには、広いバスルームを横切らなくてはならないという構造が不便ポイントですが、中に鏡のあるシャワーブースは初めてで、これはなかなか便利なアイテムでした♪


ハンドシャワーの他、天井から降り注ぐレインシャワーもあり。
レインシャワー大好き

水圧もお湯加減の調節も素晴らしく、特にレインシャワーの気持ちよさと言ったらもう!シャンプーを洗い流すのもラクラクで、ベガスにもこんな気持ちのよいシャワーがあったらいいのに〜


バスアメニティは、ブルガリ。
いい香りーー

持参派いとこは、普段ホテルのバスアメニティを使うことはないのですが、これは試しに開けてみたときの香りがあまりにも素晴らしかったもんだから、今回はシャンプー・コンディショナー・シャワージェルの三種類を全部使わせていただきました。

コンディショナーの潤い具合がちょっと不足してるような気がしましたが、乾かしても髪がきしむことはなく、それどころかサラサラになって、香りも最高。この香り効果はこの後二日間持続して、その間ずっと自分の髪の香りにウットリ三昧という怪しい人に・・(笑)。


シャワーブースには、ボディスポンジもありましたが、こちらは未使用。
未使用


バスタブから見える位置にテレビもありました。
見ないけど

バスルームのテレビとしてはかなり大きいサイズです。


クローゼットには、もちろんバスローブも。
くたびれローブ

タオル地の重たいローブは苦手なのですが、これはウィンラスベガスみたいな軽くて着心地のいいタイプで、肩こりいとこでも部屋着として着用できるのが嬉しいところ。ただ、ほつれやすい生地で出来ているのか、あちこちにほつれが目立ち、見るからに使用感たっぷりでくたびれていたのが残念。リッツクラスでもこんなことってあるんですね。。


そして、最上階53階からの景色は、こんなかんじ。
皇居ビュー

皇居方面のシティビューで、周囲のどの建物よりも高く、遠く埼玉まで見渡せるのでは?というぐらいのナイスビュー。真横を見れば一応東京タワーも見ることができました。


夕方、ふと気付くと周囲のビルが西側から激しく照らされているではありませんか。
ひいい

雷がピカピカ光る悪天候だったのに、突然東京の街が明るくなり、一体何事か!?と、驚いて窓辺に張り付くいとこ夫婦。


すると、西側からものすごい光が!
ギャー

いとこ部屋からはこれが精一杯の角度だったので、本気で東京で大きな爆発が起こったのかと思い、一瞬恐怖で身体が固まってしまいましたが、実は太陽が沈んでいくところだったんですよね。いや〜、本気でビックリしました!

でも、こんな幻想的というかSF映画みたいな光景は滅多に見られないと思うので、お天気が悪くても、貴重な経験だったのかも。

ちなみに、この後は1時間ぐらい物凄い雷が続き、埼玉方面の空がずーっとピカピカ光っていて、一生分の稲妻を見たかも・・というぐらい、ひたすらピカピカ。


↓画質がよくありませんが、その様子をチラっと動画で見ることができます。


これだけ光っていても外の音が一切聞こえてこないので、本当にSF映画でも観ているみたいな不思議な感覚。


夜景は、この画像の100倍美しかったです。
夜景

夜中には雲も途切れて月が出て、これまた幻想的な空模様にウットリ。何時間でも眺めていたくなるほど美しい空と街並みが目の前に広がり、こんなにも景色に酔いしれたのは、ベガスのストラトスフィアタワー以来かも。あああ、この眺望のためだけに、またリッツに泊まりたくなってしまう〜。

次は、クラブラウンジでのアフタヌーンティー編に続きます!

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪


↓リッツカールトン東京は、一休.comにお得なプランがたくさんあります