ザ・リッツ・カールトン東京のプール 引き続き、リッツカールトン東京宿泊記をお送りします。

朝食後、お部屋でしばしくつろいだら、ホテル内のプールに繰り出すいとこ夫婦。たった一泊の滞在なので、出来る限りホテルライフを満喫しようということで、チェックアウトまでの時間をプールで過ごすことにしたのでした。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです
スパは利用料がかかりますが、プールなら宿泊者は無料で利用可能。ロッカールームを利用すると料金がかかってしまうのですが、お部屋から水着を着て、上からローブを羽織って行くことも可能です。これは、チェックインしてお部屋に案内してもらったときにベルの方が教えてくれました。

エレベーターや廊下で誰かに会ったら少々気まずいかもしれませんが、ホテルがOKしてくれているのだから、別にマナー違反ではないのです。いとこ夫婦の後にプールにやって来た方も、みんなローブ姿でした。


いとこ夫婦が行ったときは、誰もいなくて貸切状態!
貸切〜

地上46階のラグジュアリーなプールエリアが、たった15分程度とは言え、貸切状態とは、とても贅沢なひとときです。


プールサイドに並ぶチェアも、フカフカで心地よく♪
なかなか優雅なプールサイド♪


頭の後ろには、46階からの絶景が。
眼下にヒルズが

六本木ヒルズをバックにくつろげるなんて♪


冷たいミネラルウォーターもいただけて、なんともヘブンリーなプールです。
コンプリメンタリー

プールに入るときは、あのピッタリとした帽子(無料強制貸し出し・笑)をかぶらなくてはいけないのが難点ですがが、せっかくの誰もいないプールなので、最高に似合わない帽子をかぶってドボン。冷たくて気持ちいい〜〜

ほとんど泳げないので、いとこはひたすら水中ウォーキング&ジャブジャブ水浴び状態でしたが、少しは食後の運動になったのでは・・(笑)。


ひとしきり遊んだら、今度は温かいジャグジーコーナーへ移動。
ブクブクエリア

そんなに広くはありませんが、勢いよく吹き出すエリアと、小さな泡がブクブク下から出てくるエリアがあって、どちらも気持ちよくて癒されます♪


ジャグジーエリアからも大パノラマを見渡せて、本当に贅沢なプールです。
ナイスビュー

ブクブクエリアに入ってしまうと、窓からは空しか見えなくなるのですが、これまた天空のジャグジーに入ってるみたいで最高の気分なんですよね♪青空とぽっかり浮かぶ白い雲を眺めながらブクブクすれば、心も体もリフレッシュ!

ちなみに、この「ザ・リッツ・カールトン スパ&フィットネス by ESPA」には会員組織もあるらしく、プールにもメンバー専用レーンやチェアが確保されているので、宿泊者はそちらに侵入しないように気をつけなくてはいけません。前の晩に様子を見に来たときは、メンバー専用レーンでガンガンに泳いでる方が結構いたので、いとこ夫婦のような水遊び系は場違いかな・・と、翌朝に出直すことにしたわけなのですが、午前中は程よく空いていて大正解。この時間帯は、お子様連れを含め、同じような水遊び系のゲストが多くて、適当に遊んでリラックスするにはピッタリだったみたいです。

次は、クラブラウンジのミッドデイスナック(軽いランチ)編に続きます!

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪


↓リッツカールトン東京は、一休.comにお得なプランがたくさんあります