ウェスティン東京でアフタヌーンティー パークハイアットでみーさんとアフタヌーンティーを楽しんだ翌日、今度はいとこファミリーで恵比寿のウェスティンホテル東京のアフタヌーンティーに行ってきました。

当初はそんな予定は全くナシだったのですが、いとこの誕生日当日ということで、優しいいとこ夫が急遽連れて行ってくれたのでした。(自分はアフタヌーンティー嫌いなのにねぇ・・涙)

ランキングを応援して頂けると嬉しいです
ウェスティンホテル東京


メンバーは、いとこ&いとこ夫&いとこ姉&いとこ甥のデコボコ4人組。急遽行くことになったので、もちろん予約は入れてません。日曜日で混んでいたので、30分ぐらいロビーで待つことになりましたが、窓側の明るい席に案内してもらえてハッピー。


「ザ・ラウンジ」の今のアフタヌーンティーは、こんなかんじ。
メニュー

そう、7/1〜9/30までの間は、季節限定のサマーアフタヌーンティーなのです。何がサマーなのかと言うと、夏らしい爽やかなスイーツが提供されるらしく、中でも大きく異なるのは、三段重ねの中段がフルーツ&シャーベットになってること。それがあまり好みではないいとこは、通常のアフタヌーンティーはないのか聞いてみましたが、今の時期はサマーアフタヌーンティーのみとのことで、ちょっとザンネン。

でも、アフタヌーンティー目当てでやって来たので、大人3人全員がサマーアフタヌーンティーをオーダーしました。


ドリンクは、豊富なメニューから自由に選べるスタイル。
ドリンクメニュー

お代わり自由&種類変更可、ものによってはアイスで作ることも可能ということで、これはかなりの充実度。コーヒーやエスプレッソドリンクも種類豊富に揃っているので、紅茶はあまり好まないいとこ夫にも選択肢が色々あります♪


アフタヌーンティーには不向きないとこ甥には、クラブハウスサンドを単品で。
クラブハウスサンド


小食男には多すぎるので、ハラペコのいとこ夫とシェアしました。
ボリューム満点

その後アフタヌーンティー組はすぐに甘い物でいっぱいいっぱいになり、このサイドのポテトがやたらとおいしく感じることに・・(笑)。


いとこ甥のドリンクは、ジンジャーエール。
しゅわわ〜


いとこは、やっぱりアッサムをミルクティーでスタート。
アッサム

ミルクは冷たいままでよかったのですが、さし湯はナシ。言わないといただけないようですが、スタッフを捕まえるのが大変なんですよね^^;


いとこ姉は、アールグレイのアイスティーだったかな?
アイスティー


いとこ夫は、ミントに惹かれてミントストロベリーアールグレイをアイスで。
なんてかわいらしい♪

ミントとストロベリーがあしらわれたアイスティーは、いとこ姉がうらやむほどの可愛らしさで、いとこ夫は苦笑い。ついでに、ミント味も想像したほどしなかったようで、あんまりお気に召さなかった模様^^;


そして、いよいよ三段重ねのお菓子がやって来ました♪
デーン

下段にフィンガーサンド&キッシュ&スコーン、中断にフルーツ&シャーベット、上段にプチフールが並び、かなりボリューム感のあるアフタヌーンティーです。

でもでも、なぜか一人に一台サーブされるので、三人でオーダーしたいとこ家のテーブルには、同じ三段重ねが三つも並ぶことになり・・・


何と言う圧迫感(笑)。
デーンデーンデーン

三段重ねトレイの他に、クロテッド&ジャムのセットも一人一つずつサーブされるので、もうテーブルはキツキツのキツキツ。紅茶のポットを置く場所にも困るほどで、はっきり言ってせせこましいの一言に尽きます。テーブルのサイズを全く考慮されていないと言うか、一つ運ばれてくる度にこちらであれこれ詰めたりせねばならず、お茶を注ぐのも狭いスペースしかなく、優雅なアフタヌーンティーとはちょっと違うような気が・・・・。

ちなみに、これでもいとこ甥のクラブサンドのお皿は下げてもらった後だったので、もしもこのテーブルで4人全員がアフタヌーンティーをオーダーしたら一体どうなるんだろう!?と思ってしまいました。絶対にスペースが足りな〜い!


下段のサンドイッチとスコーン。
スコーン&サンド&キッシュ

キッシュはお肉入りなのでいとこ夫にプレゼントしましたが、サンドイッチはキュウリがパリっとおいしくて、シンプルイズベストな感じ♪キッシュもいとこ姉がおいしいと言っていたし、しょっぱい系はなかなかの満足度でした。


中段のフルーツ&シャーベットは、爽やかで夏にピッタリ。
ウーン

でも、個人的にアフタヌーンティーでこれをこんなにたくさん食べたいとは思わないと言うか、小さなグラスで十分かなあというのが正直な感想かも。。


上段のデザートは、かなりボリューム感のあるラインナップです。
スイーツ

ナッツのタルトは苦手系でしたが、ホイップがちょこんと乗った黒ゴマのパウンドは好みのお味で、ココナッツ味のムースも結構美味♪


この他、クロテッド&ジャムのプレートにゼリーも添えられていました。
ゼリー&クロテッドクリーム


ぷるるんとフルーティーな美しいゼリー。
さっぱりゼリー

底に天敵のナタデココさえいなければ・・(笑)。


一番嬉しかったのは、このたっぷりのクロテッドクリーム!
お代わりの必要ナシ

↑これで一人前なので、足りないということはまず無いというか、逆に余ってしまうほどにたっぷりです♪クロテッドの残量を気にせずに、たっぷり塗り塗りしてスコーンを食べられるとは、何と言う幸せなのでしょう♪


一方、ジャムはビックリするほどに少量。
微量

でも、スコーンがプレーンとチョコレートの二種類で、チョコレートにはジャムはあまりマッチしなかったので、プレーンだけなら十分に足りる量だったので、特に問題ナシ。


最初はジャムも塗ってしまったけど、なくてもおいしいチョコスコーン。
塗り〜

チョコスコーンは生地がチョコ風味なだけではなく、粒々チョコチップもたっぷり入っていて、とっても甘く食べやすいお味。クロテッドクリームとの相性も素晴らしく、プレーンよりも断然チョコ派のいとこ家なのでした。

ただ、どちらのスコーンもそうだったのですが、パカっと半分に割ろうとすると、バリバリっと割れて粉々になってしまい、ボロ崩壊して食べ難いのが難点。中のしっとり感も失われ気味で、これはちょっと焼き過ぎかなあという印象でした。


その後、いとこ夫はアイスカフェオレをお代わりしたり、
アイスカフェオレ


いとこはマンゴーティーをお代わりしたり。
マンゴーティー

立ち込めるマンゴーの香りは、クラクラモノ♪


お絵かきに没頭していたいとこ甥も、比較的モリモリと食べてたかな?
モフモフ

お値段はパークハイアットと同じ3200円。前日パークハイアットのアフタヌーンティーに行ったばかりだったので、どうしても比較してしまったのですが、質もサービスも圧倒的にパークハイアットの方が上で、同じお値段でも満足度は全然違っていました。

お代わり自由のフィンガーフードがあるのもポイント大でしたが、スコーンのお味もあちらの方が好みだったし、何と言ってもサービスのレベルが決定的に違うというか・・。パークハイアットのサービスは感動を覚えるほどのキメ細かさでしたが、ウェスティンのラウンジは、全然テーブルの様子を見てくれていなくて、ドリンクのお代わりは一度も勧めてもらえず、声をかけるにもなかなか呼び止めることも出来ず、アフタヌーンティーセットをサーブしたら、後は完全放任主義みたいな印象を受けました^^;いとこ家で点数をつけるとしたら、70点というところですねぇ。

2月に利用したザ・テラスのデザートビュッフェはすごく良かったので、次回平日に来るチャンスがあったら、またデザートビュッフェを利用したほうがいいかなと思いつつも、みんなにバースデーのお祝いをしてもらえて幸せないとこなのでした。

今後もスイーツレポを 楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪


【関連記事】
●パークハイアットでアフタヌーンティー
●ザ・リッツ・カールトン東京 アフタヌーンティー@クラブラウンジ
●リッツカールトン東京のアフタヌーンティー
●アフタヌーンティー@マンダリンオリエンタル東京
●帝国ホテルでアフタヌーンティー
●桜アフタヌーンティー
●ハイピリオンラウンジにて
●コンラッド東京のアフタヌーンティー
●ベノア・ティールーム