エッサベーグル ニューヨーク旅行記の続きをお送りします。

滞在三日目の朝を迎えたいとこ夫婦。この日はホテル移動日ということで、12時までに荷物をまとめてチェックアウトせねばならず、午前中は大忙し!現地レポを書いて、シャワーを浴びて、身支度して、パッキングして・・と、やることてんこ盛りでてんてこ舞いしていたら、いとこ夫が「お腹空いた」と。それならば、是非行って来て欲しいお店があるわ〜!

ランキングを応援して頂けると嬉しいです
【2008年7月2日】

いとこ夫も忙しかったのですが、腹の虫には勝てなかった模様。朝からフットワーク軽く朝ごはんを調達してきてくれるなんて、普段は滅多にないことです(笑)。

で、いとこ夫にお願いしたお店は、超有名なベーグル屋さん「エッサベーグル」。ウォルドルフ・アストリアからは結構近いようなので、2泊の滞在中に行けたらいいな〜と思っていたもののチャンスがなく、ほとんど諦めていたところにチャンス到来。しかも朝ごはんにはピッタリ。一度も行ったことのないお店ですが、それだけ有名なベーグルなら是非食べてみたいし、愛読のニューヨークベストフードショップを見て憧れていたのでした♪

いとこも一緒に行きたい気持ちは山々もいいところでしたが、ただでさえチェックアウト時刻に間に合うかどうか・・というギリギリのところだったので、グっとガマン。オーダーもいとこ夫にお任せすることに。

ということで、ここからはいとこ夫に聞いた話に基づくレポになります^^;

ウォルドルフ・アストリアからは徒歩2〜3分ほどの距離で、お店は迷わずすぐに分かったとのこと。店内には、カリカリモチモチのベーグルと、舌をやけどしそうに熱いコーヒーと共に一日をスタートさせたいと思っているNYのビジネスマン達が集い、活気があったそうな。ちなみに、ニューヨークベストフードショップによると、「Ess-a-Bagle」という店名はドイツ語で、英語にすると「Eat a Bagle」という意味なんだそうです。


これがエッサのベーグルか!
これが本場のベーグル!

ANA LatteのCAさん情報によると、日本語メニューもあったそうですが、いとこ夫は気付かなかった模様。「おーいお茶」もある・・!


チキンなどの具やチーズもズラリと並び、
チーズやお肉系など


サラダも種類豊富に並んでいます。いいな・・。
サラダ系

手前に並ぶパスタサラダはサイドメニュー、その後ろに並ぶツナサラダやサーモンサラダはベーグルのフィリングだとニューヨークベストフードショップに記載あり。いとこ夫はどれがベーグルにサンドできるもので、どれがお惣菜なのかよく分からなかったらしいので、本を持参させたらよかったかも!


いとこ夫が撮って来た画像を見てビックリ、ケーキもあったの!?!?
むきーーーーー

ケーキがあるなんて聞いてかったわーーーーと、キーキーしたのは言うまでもなく。キーライムパイとかキャロットケーキとか、すごくおいしそうなんですけど・・。あと1時間早起きすれば、いとこも一緒に行けたのになあ。ブツブツ。


あのニューヨークチーズケーキのおいしそうなことと言ったら・・。
むっきーーーーーーーー

ブツブツ・・。


パウンドケーキやクッキーも並び、うらやましいことこの上ナシ。
うーうーうー

いとこ夫は、プレーンのベーグルにクリームチーズをサンドしたものと、いとこ用にプレーンのベーグルにストロベリークリームチーズをサンドしたもの合計2個をオーダーしたつもりだったそうですが、微妙に伝わってなくて1個しか出てこなかったりと、少々苦労した模様^^;でも、あつあつの紙袋を抱えて無事に帰還。ありがと!


こちらが、いとこ夫による戦利品。
おつかいパンダの戦利品

いとこはお風呂上りであつあつだったのですが、あつあつのコーヒーも買ってきてくれました(笑)。でも、エッサのロゴ入りカップが妙に嬉しい〜♪


まずは、プレーンのベーグルにプレーンのクリームチーズをサンドしたもの。
旨味ーーー

いとこ夫はベーグルはトーストしない方がおいしいに決まっていると思い込んでいたらしく、勝手にトーストされたものが出てきたときはムムム・・と思ったようですが、初めてトーストされたベーグルを食べて大感激。いとこも同じくトーストなんてしなくてもと思ってましたが、やっぱり大感激。あつあつのベーグルって、こんなにもおいしいものだったのかああああ〜!

トーストすると、周りのパリパリ食感が強調され、中のモッチリ具合とのギャップが更に増す感じで、とろけてゆくクリームチーズも超絶品になるんですよね。こりゃあウマイ!


ストロベリークリームチーズサンドのプレーンベーグルも、これまた激ウマ。
こっちも旨味ーーー

ベーグルが熱々なので溶けてきちゃってますが、そこがまた魅力的。まるでイチゴミルクのように甘くフルーティーなクリームチーズは、外はパリっ、中はモチっとしたベーグルと相性バツグン。ベーグルそのもののおいしさも、かなりのものでした!

いとこはプレーン、いとこ夫はストロベリーがそれぞれ超気に入り、二人してウホウホ完食。ことにいとこ夫はベーグルのおいしさに目覚めてしまったらしく、エッサのベーグルを食べるためだけにニューヨークに行きたいと、いとこ夫らしからぬ発言まで飛び出すほど!これぞウマ死に!


おいしいベーグルを頬張りながら、慌しくパッキングをして、なんとかお昼頃にチェックアウト。

1泊目はヒルトンのポイントで無料宿泊、2泊目も$299と、NYにしたらまだお手軽な料金でしたが、さすがの風格と静かなお部屋で、とても快適だったウォルドルフ・アストリア。これから移動するホテルは、ホテル代の安いベガス専門のいとこ夫婦にしたら清水の舞台からまっ逆様のお値段だけに、安いウォルドルフ・アストリアの方が快適だったらどうしよう・・なんて不安を感じながら、タクシーで新しいホテルへ。(そんな心配は全く無用でしたが♪)


やって来たのは、トランプタワー。
トランプタワー

トランプインターナショナル ホテル&タワー ニューヨーク

コロンバスサークルとセントラルパークの間の角?みたいなところに位置する、ドナルド・トランプ氏所有の大変便利なロケーションのホテルです。なにせお向かいのタイムワーナーセンターには、ホールフーズとウィリアムズ・ソノマがダブルで入っているので、両方大好きないとこにとっては最高で(笑)。本当は、その上のマンダリン・オリエンタルが第一希望でしたが、激しく予算オーバーだったのは言うまでもなく・・・。


あの照明のあるところが、こじんまりとしたエントランス。
金ピカエントランス

レジデンスと入り口が分かれているみたいなのですが、なにせそっくりなエントランスが2つ並んでいるので、滞在中一度は間違えてレジデンスの方に入ってしまったりも(笑)。


通りを渡れば、そこはもうセントラルパーク。
セントラルパーク

早速フロントでチェックインをお願いすると、まだお部屋の準備が出来てないとのことなので、荷物を預けて、お散歩&ランチに繰り出すいとこ夫婦。

それにしても、ドアマンもフロントのスタッフも皆にこやかで、感じの良いホテルだったな〜という第一印象でしたが、後にいとこ夫婦にとって過去最高のホテルになったのだから、それも当たり前!詳しくはまた後日レポしますが、ハード面においてもソフト面においても素晴らしく、こんなにもホスピタリティ溢れるホテルは初めてでした!

とりあえず、初めてのセントラルパークを通ってアッパーウエストのお店にランチを食べに行くプランを立てたので、なぜか暑いなかお散歩をすることに・・(笑)。


セントラルパークの緑の豊かさには、思わず感動。
緑豊かな


こんな大都会の中にあるのに、緑の色が濃いなんて!
緑!

NYに来てからの二日間、街の喧騒に早くもお疲れ気味だったいとこ夫婦は、この緑にはホっと出来る感じ。


でも、とにかく暑いから、なるべく日陰を選んで歩いてます(笑)。
日陰〜

気温は30度越えだったハズなので、途中何度か休憩しながらゆっくり前進です。


こんなに暑いのに元気に遊ぶお子様もいっぱい。
暑いのにみんな元気

都会の真ん中とは思えないほど、空が高くて緑が濃いのがいいですね〜♪

早速汗だくになってしまいましたが、一度はセントラルパークをお散歩なんてこともしてみたかったいとこ夫婦は満足気。


ダコタハウス付近でセントラルパークから出てきました。
ダコタアパート


この建物でジョン・レノンが銃弾に倒れたのかと思うと・・・。
祈


照りつけるような日差しの下のダコタアパート。
ダコタハウスと空

その後は、ユーガットメールに出てきそうなアッパーウエストの街並みを眺めながら、お目当てのレストランまでお散歩。


何気ない風景が絵になるから素敵♪
メグライアンがいそうだわ〜

暑さも限界になりかけた頃、ようやく目的地が見えてきて一気に脱力。そんなに空腹というわけではなかったのですが、とにかく涼しいところで一休みしたくて、いそいそとレストランに入っていくいとこ夫婦なのでした。

次は、お洒落なベジタリアンレストランでのランチ編をお送りします。

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪