ミラコスタスーペリアルーム すごく遅くなってしまいましたが、11月30日から1泊2日で訪れたディズニー旅行から、ホテルミラコスタ滞在レポをお送りいたします。

毎年恒例となった、いとこ甥のバースデー祝いディズニー旅行。去年はシェラトンにして大ハズレだったので、今年は奮発して初ミラコスタに泊まることになったいとこ家。ディズニーシー大好きないとこ家にはたまらぬ便利なロケーションで、すっかり虜化。これからも毎年ミラコスタがいい〜〜!

ランキングを応援して頂けると嬉しいです
言わずと知れた、ディズニーシーの一部となってるミラコスタ。
青空〜

専用エントランスでパークとホテルをサクサク移動できて、寒い冬には嬉しい限り。

とりあえず午前中に到着したので、ホテルの駐車場に車を停めて荷物を預けることにしましたが、怪我をして松葉杖だったいとこ母にとても親切にしてくれて、いとこ母は大感激の様子。車椅子も無料で貸してもらえて(重かった・・)、怪我人にも最大限配慮して下さいました。


初めてのミラコスタロビーで記念撮影。
初ミラコ

そういえば去年オチェーアノのブッフェに来たことがあるのですが、ロビーを通った記憶はなく・・。


お部屋の配置図はこんな感じ。
配置図

予約してきたのは、ポルトパラディーゾサイド・スーペリアルーム・ピアッツァビュー(禁煙)という舌を噛みそうな長い名前のお部屋で、お値段は4人で1泊68000円。リッツに泊まれるお値段です・・。

せっかくなら火山?の見えるお部屋が良かったのですが、手配するのが遅かったので既に空きはなく、4人で泊まれる禁煙のお部屋で唯一残っていたのがこのお部屋。アサインされたのは、4115号室でした。


お部屋のドアを開けると、こんな感じ。
ガチャ

ごくごく普通の標準的な間取りのお部屋ですが、気になるのは、やっぱり窓からの景色。


窓辺に行ってみると、ああここか〜!と大コーフン。
おお

エントランスを入ってすぐのところの広場?みたいなところに面したお部屋で、カフェ・ポルトフィーノの真上辺り。かなり賑やかなところですが、夜寝るときは静まり返ってたので、特に問題はなしというか、ディズニーシーにいるんだな〜気分に浸れる景色です♪


火山は見えないものの、メディテレーニアンハーバーはバッチリ。
おお〜


夜はキャンドルライトリフレクションズにウットリ。
キレーーイ

これを暖かいお部屋の中から見られるというのは、まさにミラコスタ滞在の醍醐味ですよね。感動的!


ライトアップされた夜の景色もロマンチックでした〜。
混んでます

※楽天トラベルでミラコスタを予約→東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ


では、お次は客室の中をご紹介。


ドアを入ってすぐのところにあるミニバー。
ミニバー

下には冷蔵庫があり、ストックもあったので、喉が渇いたときも安心。無料のお茶はスティックタイプの紅茶や緑茶がありました。


お部屋全体はこんな感じ。
お部屋全体

特別広くも狭くもなく、ごくごく普通のお部屋です。

予約したいとこ母によると、ベッド4台のお部屋とのことだったのですが、


シングルベッド2台に、
シングル2台


トランドルベッド、
トランドル


ソファベッドの合計4つでした(笑)。
ソファベッド

本当にベッドが4台もあるのかな〜とフシギに思っていたところ、実際にはベッド2台+エキストラベッド2台という感じだったので、やっぱりねという感じでしたが、ちゃんと事前にソファベッドもトランドルもベッドメイクしておいてくれたし、いとこ甥はトランドルで寝られることに喜びを感じているようだったので、何も問題はありません♪


窓辺にはテーブルとしても便利なデスクが。
デスク

カーテンを開けておけばディズニーシー気分に浸れますが、夜は外から丸見えよ♪


大人用の寝巻きも用意され、
寝巻き



子供用パジャマも電話で依頼するとすぐに持ってきてもらえました。
子供の


スリッパも人数分。
スリッパ

ちゃんと子供の数も考慮されているんだ〜


お次はバスルーム。


正面に洗面台がドーンとあり、両脇にトイレとお風呂があります。
バスルーム


右手には個室でウォシュレットなトイレが。
個室

4人で滞在するときは、やっぱりトイレとお風呂が分かれているのは便利です。そのうえ洗面台も分かれているとなると、最大3人で同時利用できることになり、ユニットバスとは大違い!


左手には、お風呂が。
お風呂


ドアを開けると、そこは洗い場付きの日本スタイルのお風呂で、これもすごく快適!
お

アンバサダーホテル同様、お湯が溢れる心配をせずに肩までゆっくり浸かれるというのは、パークで遊んで疲れた体にはたまりません♪


いとこ甥も人生初のブクブク泡風呂を楽しんでました。
うふふー

感想は「最高だった」そうな(笑)。


バスアメニティは、もちろんディズニー柄。
バスアメニティ

この中にいとこ甥がブクブクしたバスジェルも有り↑


その他のアメニティも、さすがディズニーホテルという感じ。
アメニティ


缶の中には、コットン・麺棒・シャワーキャップ等が。
缶の中

夜のパークは凍えるような寒さになり、全身カチコチで震えながらお部屋に戻ってきたいとこ家だったので、家のお風呂よりも快適なお風呂には本当に癒されました。日本式最高〜!


ちなみに、この日のいとこ甥のお供は、大きいのから小さいのまで計9匹・・。
旅のお供


チェックアウト前は、お供を詰めるのに大忙し。
大変ね・・

リュックには特大のペンギンが入っているというか、ペンギンを持ち歩くためのリュックなんだそうな(汗)。

初めてのミラコスタは、ディズニーシーに直結というロケーションと、快適お風呂が魅力的で、特にこの便利なロケーションのためなら1泊68000円払ってもいいかなと思えるほど!

ただ、お部屋の方はお値段の割りにごくごく普通だったのと、現地レポにも書いたとおり、周りのお部屋や廊下からの騒音がかなり酷く、隣か上か分からないけれど、どこかの部屋からドンドン響いてきたりすることが度々。ま、夜は皆さん早めに就寝されるようで静かだったのと、自分が疲れていて寝不足だったのとで、結局コテっと眠れたので問題はないのですが^^;

次は、ミラコスタのルームサービス編をお送りします
ranking
続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪