胡桃まんじゅう屋台 ソウル旅行記の続きです。

滞在二日目、いとこ姉&いとこ甥は夜のフライトで帰国予定だったので、楽しい明洞散策も残りあと僅か。そろそろ買い物も終わりにして、タクシー拾ってホテルに戻ろうかねというときに、甘〜い香りを漂わせている屋台に遭遇。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです
それがこの赤い屋台です。
おいしそうなにおい〜

場所は、さっきランチを食べたプルコギブラザーズのすぐ隣。遠巻きに様子を見ていると、どうやらほかほかの胡桃まんじゅう(ホドゥグァジャ)を売っているらしく、お値段は10個2000ウォン(約132円)の激安プライス。

いとこ姉が買おうとしたところ、作り置きがちょうど売り切れたところだったので、イチから焼いてくれるみたいで、製造過程を見学できることになりました♪


まずは生地をブチュ〜っと流し込み、
ブチュ


餡とクルミを入れて、
ササっ


再び上から生地をブチュ〜っと流し込んで、しばし焼き焼き。
再びブチュ

↓ということで、ここからは購入したいとこ姉にレポを書いてもらいました↓


屋台のおばちゃんも感じがよく(言葉は全く通じない)、周辺のショップの店員さんもおやつに入れ替わり買いに来ている様子。焼きたてを渡されてすぐ食べたかったけど、まだ今食べたばかりのプルコギと冷麺が胃に居座ってそれは無理無理。あとで食べることにして、大事にかばんへ〜。

そして金浦空港で搭乗前、ゲートで小腹がすいたのだけど、ゲート前には小さなカフェが一軒のみ。ちょっと軽くおやつ系が見当たらなかったので、息子とこのくるみ饅頭を食べてみる事に。


袋から取り出した胡桃まんじゅう。
コロ〜


胡桃を食べてるリスの真似。
リスだワン

これが悶絶の美味しさ!

中は白い胡桃あん(多分)に細かく砕いた胡桃入り。あんにほくほくと柔らかい胡桃、それに生地の香ばしさが最高のハーモニーを奏でています♪数時間前に買ったのに、袋を開けるとあたりに漂う良い香りも食欲をそそりまくり。

これは次回は買ったら、絶対その場で食べてみたい!きっと胡桃ももっとほくほく、生地もあんもあつあつで美味しいんだろうなぁ。次回リピ決定です。

買った当初は何のお饅頭なのか全く判らず、「可愛い形のベビーカステラ」だなぁ位の認識でしたが、帰国後ネットで調べてみるとホドゥグァジャ(胡桃饅頭)だと判明。 韓国で昔からあるお菓子のようです。こんなお店もあるらしいので、お土産にするなら屋台よりも良さそう。

韓国土産はどうしても海苔やキムチが多くなってしまうけど、たまにはこんなの物も良いなぁ。それにつけても、次回は絶対焼きたてほかほかを食べようと心に誓ういとこ姉なのでした。(いとこも次回は絶対買って食べる!!)


以上、いとこ姉による胡桃まんじゅう屋台のレポでした。

次は、韓国のセブンイレブンにちょっくら寄り道します。

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪