サラベスキッチン 久しぶりに7月のニューヨーク&ラスベガス旅行記のニューヨーク編をお送りします。

トランプタワーで滞在四日目の朝を迎えたいとこ夫婦。現地レポにも書きましたが、さすがに四日目ともなると疲れがたまってくるくらしく、午前中は一度起きて現地レポを書いたら、再びベッドにもぐりこんで見事に二度寝(笑)。13時過ぎに再び起きて、ゆっくり行動を開始しました。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです

【2008年7月3日】

この日は、前日暑さに負けて途中で切り上げた「アッパーウエスト ユーガットメールロケ地巡り」に再び繰り出すことにして、まずは腹ごしらえ。80丁目のサラベスキッチンでゴハンを食べることにして地下鉄で出発〜。

大抵のガイドブックに載っている超有名なサラベスでの朝食に憧れていたのですが、すっかり遅くなってしまい、時間的にはランチも終わってしまうかも・・という感じ(笑)。日本でも購入できるジャムが有名みたいだし、滞在中に絶対行こうと思っていたお店のひとつなので、最悪デザートが食べられればいいかなとお店に向かったのでした。


Sarabeth'sに到着。
着いた〜


素敵なテラス席もありましたが、このときは30度越えの7月の猛暑。無理〜。
あづい


ということで、おとなしく涼しい店内のテーブルに落ち着きました。
カワイイ

窓から見える景色もニューヨークっぽくて、もうニューヨークにいる気分も最高潮!


ランチメニューは、ベジタブルブリトーやチキンポットパイ等が。
ランチメニュー

うーん、しょっぱい系も気になるし、


クリーミーチーズケーキやフルークラムパイ等のデザートメニューも気になるけれど、
デザートメニュー


やっぱり食べたいのはスウィートなブレックファスト!
スウィートブレックファスト!

時間的にもう無理かなと思ってましたが、15時半まで朝食メニューOKとのこと。よかった〜〜。

詳しいメニューは、ホームページに載ってますが、パンプキンワッフルやバターミルクパンケーキなど、憧れの甘いもの系は魅力的なものばかり。シンプルにバターミルクパンケーキもいいけれど、レモン&リコッタのパンケーキも爽やかそうでいいなぁ。

あれこれ迷いつつもなんとかオーダー完了。


まずは、二人でホットコーヒーを飲んでホっと一息。
ミルクたっぷり

カフェオレが出来ちゃうぐらい、たっぷりのミルクが添えられてきました。


お料理が出てくるまでの間、いとこ夫がiPod touchでひとあそび。
おぉ〜

ニューヨークは、街中あちこちにホットスポット(無線LANサービス)があるので、ここでも自分のブログをサクサクチェックできちゃたりして、iPod touchがあると便利。しかもここの無線LANは無料。カフェ等でもパソコン持参のお客さんがたくさんいて、日本よりも整っているネット環境がうらやましい限り!

こんな感じでネットを見たりしていたら、あっという間にお料理が運ばれてきました。


まずは、いとこのレモン&リコッタのパンケーキ($12)から。
ウキャーー

なんてお上品で可愛らしいパンケーキなの〜〜〜!!

ちょっと小さめサイズのパンケーキが5枚並び、フレッシュなストロベリーとブラックベリーがゴロンゴロンと添えられ、降りかけられた粉砂糖も美しく♪


とろけるようにソフトなバターと、あつあつのシロップがなみなみと。
とろけるバター&なみなみシロップ

これだけのバターとシロップがあれば、足りなくなるなんてことはまずないだろうな〜♪


別途お願いしたホイップクリームは、見るからにスプレータイプではなさそう。
ホイップも

すぐフニャっとしちゃう軽すぎるスプレーホイップは苦手なので、このこってりしつつもフワっとした見た目のホイップには思わずウットリ。ちなみに、特にホイップ代は加算されていませんでした♪


これをバターとシロップでひたひたになったパンケーキに一気にドーン。
えいっ

たまらぬ仕上がりになったところで、早速いただきます♪


とろけるバターとホイップと、滴るシロップに、フワフワのパンケーキ!!
ホカ〜

見るからに美味しそうなパンケーキですが、食べてみても悶絶モノ。

レモン&リコッタの爽やかな酸味が絶妙で、この甘くもさっぱりした独特の風味が、とにかく素晴らしいの一言!フワっとしているだけでなく、ちょっとしっとり感のあるところもまた魅力的。それに、あのバターとシロップのおいしさも相当なものでした!

熱々のフワフワのパンケーキにすっかり酔いしれ、これをオーダーしてよかった〜♪


いとこ夫は、フレンチトースト($12)をオーダー。
でーーん

Fat and Fluffyという名前のとおり、とっても分厚くてフワっとしてそうなフレンチトーストは、パンケーキよりもどすこい級のボリューム!


別角度から見ると、その厚みがよく分かる感じ?
厚っ

たっぷりのバナナとストロベリーが添えられ、パンケーキと同じ柔らかバターとあつあつのシロップもたっぷり。こちらもフワフワのジュワジュワでとても美味しかったらしく、いとこ夫もご満悦。


もちろん完食してました〜♪
グッジョーブ

こんな甘い物がいとこ夫の食事になるわけがなく、こういう系はあくまでもおやつという認識なので、来る前にホテルでしょっぱい系のレトルトを食べさせておいたのは大正解だったみたい(笑)。

パンケーキといい、フレンチトーストといい、このボリュームとおいしさで$12で食べられるお店が近所にあったら、毎日のように通ってしまうかも!


そして、いとこ夫婦の食事中、隣のテーブルに気になるものがセッティングされました。


何なの、この魅惑の三段重ねは〜!!
ん・・?


こんがり焼き色のスコーンも、サーモンのサンドイッチもすごくおいしそう!
くーーー

誰かアフタヌーンティーを予約した人が来るのかな・・と思ってましたが、その後も30分以上この状態が続いていたので、どうやらサンプルだった模様。どんどんサンドイッチが乾いちゃいそうだから、食べてさしあげてもよろしくてよ!!なんて心の中で吠えてみたり(笑)。

それにしても、こんないとこ好みのものをすぐ隣にディスプレイするとは殺生な・・・。食べたい気持ちはもちろん山々でしたが、既にパンケーキで満腹ゆえに、ただ眺めることしか出来ず、ひたすら無念。。

ちなみに、ホームページによると、アフタヌーンティーは$19(一人分かな)とのこと。次は一体いつまた来られるのか分からないけれど、次回ニューヨークに来たときは、絶対ここでアフタヌーンティーするっ!と、新たな野望を胸にお店をあとにしたのでした。

次は、ユーガットメールのロケ地巡りに行きます!

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪