イリーでランチ 7月のNY&ラスベガス旅行記から、ラスベガス編の続きをお送りします。

パラッツォで滞在七日目を迎えたいとこ夫婦。この日は9時間以上たっぷり眠ってお昼すぎに目が覚めて、シャワーを浴びて、現地レポを書いたら、15時近くなってしまったので、書きかけの現地レポもそのままに、急いでランチを食べに出かけました。向かった先は、パラッツォ内のお手軽カフェ「エスプレッサメンテ イリー」。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです

【2008年7月11日】


日本にもたくさん店舗はありますが、ベガスのイリーは、きっとスイーツとかフード類のラインナップが全然違うような気がして♪


場所は、ベネチアンへと繋がる通路付近。
イリー

すっきりモダンで落ち着いた雰囲気のお店で、お持ち帰りも可能。イートインする場合は、カウンターで買ってきたものを好きなところに座って食べるようなカジュアルなスタイル。


まずは粉モノからチェック。
パウンドケーキ

ずっしりパウンドケーキや、チョコクロワッサンに、


巨大渦巻きのシナモンロールや、どっしりマフィン、ベーグルなどなど。
シナモンロール

今ならこのシナモンロールに飛びつきたい〜


デニッシュやクッキーも、アメリカンな大きさで食べ応えありそう。
滴るチェリー

下段にある、チェリーソースが中から滴ってきているパイがすんごくおいしそうでたまりません!朝ごはんならペストリー系で軽く済ませたいところなのですが、既に夕方近くになっていたので、お腹にたまるようなしょっぱいものが食べたくて・・。


ということで、サンドイッチ類をチェック。
サンド

↑中段と下段に並んでいるサンドは全てサンプルなのですが、文字だけ見てもたぶんさっぱりイメージが沸かなくて苦労したと思うので、これはすごくありがたかったです。


しかも、名前と一緒に番号も書かれているので、オーダーも簡単便利。
番号付き

でも、結構お肉系のサンドイッチが多くて、お肉の入ってないものを探すのに一苦労。


この野菜たっぷりのラップサンドなら食べられるかも!
ラップがよかったー

すごく好みだったのでじーーっと観察していたところ、どうやらターキーかハムか何かお肉らしきものが入っていたので、肉抜きで作ってもらえるかどうか聞いたところ、返事はノー。お肉を抜くだけでいいのに、なぜぇ〜〜。もしかして、既に巻き巻きしちゃってあったのかしら。


食後のデザートをチェックしてみると、こじんまりとした美しいケーキがズラリ。
ケーキケーキ

どれも繊細な作りをしてますが、こういうのは日本でいくらでも食べられるので、アメリカンなデザートをこよなく愛するいとこの心はあんまりなびかず。個人的には、コーヒービーン&ティーリーフのデザートラインナップの方が超好みだなあ♪


でも、このクリームがウネウネしてるモカっぽいケーキは食べてみたいかも。
うにゅーー


スライスされたこのケーキは、割とアメリカンな感じかな?
ずっしり

ケーキのショーケースの前で、夫が呆れるまで悩んでしまいました(笑)。


そして、イリーと言えばエスプレッソやコーヒー等のドリンクが看板商品ですが、パラッツォ店で一番人気だったのは、やっぱりジェラート。いつお店の前を通っても、ジェラート売り場の前は大人気でした。


色とりどりのカラフルジェラート〜。
ジェラート

いとこはジェラートよりもケーキを食べたいので、なかなか食べる機会がないのですが・・


ジェラートのお隣には、クレープ売り場もありました。
チョコとベリーのクレープ

ベリーとチョコのクレープも美味しそうですが、


リンゴとシナモンたっぷりの、アップルパイのようなクレープにウットリー。
シナモンクレープ

これにバニラのジェラートをドンと添えてもらって、あつあつのクレープとひんやりジェラートをダブルで味わえたらたまらないかも!!次回は絶対これを食べたーーい!


その他、チョコレート売り場も充実の品揃えでした。
チョコ

苺やオレンジのチョコがけ。バレンタインの自宅チョコフォンデュで、今更ながら苺とチョコの素晴らしき相性に感動した今は、これを見ると思わず悶絶。フガフガ。

こんな感じで、甘いケーキからパンからサンドイッチに、ジェラートにチョコレートにクレープにと、なかなか楽しい品揃えのイリー。いとこ夫はどれもピンと来るものがなかったらしく、既にどんより火の玉を背負っているようでしたが(笑)、今更他のお店に移動するのも面倒だし、一度ここで食べておきたかったので、サササとオーダー。


いとこ夫のコーヒーは、まあフツウにおいしかったみたい。
コーヒー


いとこのカプチーノも、まあフツウに美味。
カプ

せっかくなら陶器のカップでフワフワのカプチーノをいただきたいところでしたが、結局全然飲みきれなかったので、カジノに持ち込める紙カップでよかったのかも。スロットまわしながらずっと飲んでました♪


いとこ夫が消去法で選んだチョコクロワッサン。
チョコクロ

現地レポにも書いたとおり、特別おいしいわけでも不味いわけでもなく、見たまんまのお味。もうちょっと歩いてベネチアンまで行けば、BOUCHONベーカリーの美味しいパンが食べれたのかと思うと、ちょっとガッカリかな〜。


いとこがオーダーしたサンドイッチは、No.3のCaprese。
サンド

モッツァレラチーズとトマトとバジルのサンドイッチで、確か唯一の肉無しサンドだった記憶。フォカッチャを使ったサンドもありましたが、これはパリパリのバゲット。(でも一番おいしかったのはサイドのポテチ・笑)


モッツァレラチーズの上に、香ばしいバジルが。
モッツァレラ

バゲットはパリっとしていて、悪くはなかったと思うのですが、モッツァレラチーズがちょっと多くてくどかったんですよね。モッツァレラが苦手ないとこ夫はゲッソリしてました(笑)。


迷った末に選んだデザートは、リンゴのタルトです〜。
タルトオポンム

ウネウネのモカケーキのようなケーキにも惹かれたのですが、この香ばしそうなこんがりした焼き色を見ていたら食べたくなってしまって♪期待通りのバターの風味いっぱいのタルトで、これであつあつだったらもっと美味しかっただろうな〜。

いとこ夫は好みのフードがなかったこともあり、いとこ夫婦の満足度は、残念ながらちょっと低めだったイリー。これでお手頃価格ならよいのですが、全部で30ドルを超えて40ドル近かったような記憶なので、セルフサービスということを考えると、結構高いな〜という印象でした。それだけ払うなら、グランドラックスカフェでゆっくり落ち着いてゴハンを食べたい!ま、お部屋に持ち帰って食べるスイーツやドリンクをテイクアウトするには便利なお店なのかも。

次は、ニーマン・マーカスにお買い物に行きます。

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪