レオパレスリゾートグアム ホテルベルヴェデーレ こんばんは、いとこ姉です。息子と二人のグアム旅行記の続きをお送りします。

一泊目から三泊目までの前半は、レオパレスリゾートグアムに滞在した今回のグアム旅行。レオパレスグアムって、海からは遠いしゴルファー向けのイメージだったのですが、いとこ夫から無料宿泊できるレオパレスの株主優待券をもらったので、あっさりと宿泊決定。三泊無料に勝る物はありません(笑)。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです
【レオパレスリゾート ホテルベルヴェデーレ宿泊記】


と言う訳で、空港からはレオパレスリゾートの宿泊者用無料送迎バスで。
空港のカウンター

到着出口を右に進むと、レオパレスのカウンターがありそこで名前を告げる・・っていうか名前を言う前にフレンドリーなスタッフさんに「ミス○○?」と聞かれました。 このフライトで到着するのはウチともう一家族だけで、しかも母子旅行はウチだけなので見た瞬間に判った様子。

もう一家族の到着を待って、ホテルのバンでホテルへ向かいます。空港から遠いのかと心配してましたが、思ったよりも早く20分程で到着。途中から山の中の道をぎゅんぎゅん走りました。

株主優待券で無料宿泊できるのは、 ホテルベルヴェデーレ棟のスーペリアツインルーム

もう鍵の入った宿泊セットのような物が事前に用意されていて、あっという間にチェックイン完了。深夜の到着なのでこれは助かった。フロントも日本語がバリバリ通じて、まるで国内のホテルのよう。一刻も早く息子を寝かせたいので、ぴゅーっとお部屋へ向かいます。

*注* お部屋の中の写真には愉快な生き物が写っている場合がございます。また撮影が深夜の為、お部屋が暗いです。ゴメンナサイ。


ドアを開けてびっくり。かなり広いお部屋です。
ウッキー

ロッテホテルの新館と同じくらい広い!


大きいツインベッドが二台。
ゴローン


入り口方面からお部屋を撮影。
広

クローゼットの手前、入ってすぐ左手がこれまた広々なバスルームです。


窓辺のデスクとテーブル。
デスク&テーブル

お部屋でご飯の時はここで食べました。


デスク横はテレビ。テレビは古いタイプ。
テレビ

その下にはコップなど。サービスのお茶も。


デスクの下には冷蔵庫。
冷蔵庫

アイスティー2本、お水2本、ビール2本はホテルからのプレゼント。これを飲みきったら、あとは自分で補充してねのメッセージ付きで良心的。深夜の到着で買出しにも行けないので、これは有難いサービスでした!でもビールは飲まないので残してきちゃってモッタイナイ。


今度はベッドの前から、入り口方面を。
アプローチ

クローゼットからバスルームの前を通るスペースがかなりゆったりしてます。本当にこのお部屋は広い!ロッテの新館はいとこと三人でも充分だったので、息子と二人の今回は広すぎると感じるくらい。


クローゼットの中には金庫とバスローブ。
クローゼット


スリッパもあり。
スリッパ


これまた広いバスルームエリア。
バスルーム

トイレが別だともっと良かったなぁ。。でも無料だし、文句を言ってはばちが当たりまする。


アメニティも毎日これでもかって言うくらい補充されました。
あめにちー


嬉しい洗い場つきのお風呂!アメリカでこのタイプのお風呂に出会えるなんて!
バスタブ

シャワーもハンドシャワーで使いやすい〜。深夜の到着で疲れている体に、このお風呂は本当に嬉しかった。水捌けも水圧も問題なし子でした。


ちなみに昼間に撮ったお部屋はこんな感じ(逆光だ)。
優雅〜

天井の高さがお分かり頂けるかと。


可愛くベッドメイクしてくれて、息子も大喜び。
ちょこん


お部屋からの景色はこんな感じのお庭ビュー。
お庭VIEW

右手の高い建物がコンド棟の一つです。

お部屋はとっても静かで、隣室の声、物音などは滞在中一度もなく、廊下の声が少し入ってくる程度。お部屋は無料宿泊では勿体無いくらいの広さで、少々古さは感じられるもののきちんとお掃除されていたので特に問題は感じませんでした。息子もプールを大層気に入っていたのですが、やっぱりグアムに来て海から遠いのはちと寂しい。最寄のショッピングセンターまで15分位かかるのも、ちょっと不便だなと。(しかもバスは45分に一本)

スタッフの方も親切で良いホテルだったのですが、やっぱりグアムにきたらビーチサイドのホテルに泊まりたいなと思ういとこ姉。でも洗い場つきのお風呂は最高でした〜。

快適お風呂で移動の疲れを落としたら、もう明け方の4時過ぎ!息子もあっという間に夢の中。おやすみなさ〜い。

滞在二日目のブランチ編に続きます。

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪



↓ジョインベスト証券なら、手数料100円でレオパレスの株が買えてオススメ!