カフェ・ラロ こんばんは。いとこです。去年7月のニューヨーク&ラスベガス旅行記の【ニューヨーク編】の続きをお送りします。

ニューヨーク滞在四日目の夕方、アッパーウエストで「ユーガットメール」のロケ地巡りを満喫中のいとこ夫婦。91丁目のリバーサイドパークの花壇でトム&メグ気分を味わったら、今度は83丁目の有名な「CAFE LALO」にやって来ました。もちろん、ここも映画のロケ地!

ランキングを応援して頂けると嬉しいです

【2008年7月3日】

もう1年も前のことなのに、未だにこのときの暑さを思い出せるほど、本当に暑かったニューヨーク。カフェラロに着く頃には汗だく&喉がカラカラで、一刻も早く休憩ご希望~!!


こちらがお目当てのカフェ・ラロ。
着いたー


通りの反対側から見るとこんな感じで、とてもお洒落なカフェです♪
素敵な外環

ユーガットメールでは、メグ・ライアンとトム・ハンクスが初めて会う約束をするカフェとして登場したのですが、初めて見たときから、素敵なカフェだなぁ~と憧れていたんですよね♪


お店の前のベンチ、ここにトム・ハンクスが座ったの?
このベンチ?!


映画にもバッチリ出てきたドアを開けて、いよいよお店の中へ~。
ワーイ

初日のディナーの後に来たときは、見るからに満席&外のベンチにも沢山の人ということで諦めましたが、この日の夕方は程よく空いていて快適そう。


中に入ると、まず目に飛び込んでくるのは、魅惑のケーキのショーケース!!
おおおおおお

そんなに広くはないのに、ケーキの種類は一体いくつあるんだろう!?というぐらい、大きなケーキから小さなケーキ、焼き菓子にカップケーキまでズラリ勢ぞろい。ロケ地というだけでも魅力的だというのに、このケーキの数々。もう、甘党にはたまらないお店です!


店内はこんな感じで、空いてる好きな席へどうぞ~と。
店内

残念ながら、映画のときとはテーブルの配置が変わっていて、メグが座っていたところに同じ向きで座ることは不可能だったのですが、一番近いと思われるテーブルがちょうど開いていたので、そこに座って早速幸せ気分炸裂。


大きな窓と、その向こうに見える風景が、まさにニューヨーク!という感じ♪
素敵ー

何もかもが素敵~~!


メニューの表紙までお洒落です。
メニュ-


こちらはコーヒー系のメニュー。
コーヒー系

ディカフェ(カフェインレス)ドリンクが充実しているあたりが、さすが最先端を行く街。ホイップクリームの追加がたったの$1.25というのも良心的。


いとこ夫婦が求めていた、冷たいドリンクのメニュー。
冷たい系

フローズンヨーグルトを使ったドリンクに、フレッシュスクィーズジュースなどなど、美味しそうなものがいっぱい。


色々迷った末にいとこが選んだのは、フレッシュストロベリーレモネード。
ストロベリーレモネード

ラズベリーレモネードと迷いましたが、ここはストロベリーで。これがキンキンに冷えていて、甘酸っぱくて美味しくて、汗だくの体の隅々にまで染み渡るよう!これで$3.75とは、かなり良心的価格なのではないかしら~。


いとこ夫は、ダイエットコークでシュワっと一息。
ダイエットコーク

炎天下を歩き回った後のひんやりドリンクは、やっぱり最高!出来ればエスプレッソ系のドリンクとケーキの組み合わせを楽しんでみたいところでしたが、このときばかりは冷たいものをキューーーっと飲みたい気分で無理でした(笑)。


こちらはタルト&チーズケーキなどのケーキメニュー。
タルト&チーズケーキ

それぞれものすごい種類のラインナップで、チーズケーキはチーズケーキファクトリーも真っ青かも!


カップケーキもあり、パイも何種類も並んでます。
パイ

文字だけ見ていてもイメージが沸いてこないものもあるので、ケーキは一度席を立って、ショーケースを見ながらじっくり選ぶことにしました。


色とりどりのカラフルなショーケースに、もうウットリもウットリ!
ブリュレもある!

チョコ系からホイップクリーム系まで、なんという豊富なラインナップなのでしょう。一番下にひっそりと佇む、ハート型のクレームブリュレらしきスイーツもカワイイ~。


チョコレートストロベリーバナナケーキって、一度で何度美味しいの!?
チョコレートストロベリーバナナケーキ

中にはバナナ&チョコレートのムース入り、外にはホイップクリームにストロベリー。食べてみたーーい!


ブラックフォレスト的なケーキも、ホイップクリームがふんだんに。
ブラックフォレスト?

この高さがより一層美味しそうに見せてますよねぇ。


生のブルーベリーがたっぷりあしらわれたブルーベリータルト。
ブルーベリータルト

土台は思いっきりサクサクしてそうだし、クリームもサンドされてるみたいで、これもかなり魅力的。


こちらはストロベリーバージョンのストロベリータルト。
ストロベリータルト

どうして揃いも揃ってこんなにも美味しそうなんでしょう!ただでさえ優柔不断なのに、この中から1つ選ぶなんて難しすぎるーー。


まだまだ並ぶケーキ達。
チラっとレッドベルベット

一番下にはレッドベルベットらしきケーキも写っていてじゅるるるる。


色々なフレーバーのチーズケーキ。
チーズケーキ

マーブル模様のチーズケーキにも惹かれますが、


このイタリアンチーズケーキには、喉から手が出そうになりました!
イタリアンチーズケーキ

一目でなめらかさが分かる切り口と、こんがり具合が絶妙の焼色。リコッタチーズで出来ているとのことで、見た目よりもさっぱりとしたお味なのかしら。気になるーー。


カプチーノケーキもホイップがウネウネしてて素晴らしい。
カプチーノケーキ


粉無しのチョコレートケーキは、どこまでもなめらかでとろけるんだろうなあ。
チョコドリーム


ラズベリーチョコレートトリュフは、ザッハトルテみたいにツヤツヤ。
ラズベリーチョコレート


変わった形で目立っていたのは、スピナッチのトルテ。
スピナッチ

ほうれん草のトルテなんて食べたことない~。キッシュのようにしょっぱい系なのか、もしくは甘いのか・・。周りの皮も美味しそうで、これまた気になる存在でしたが、一度きりの貴重なカフェラロで冒険するわけにはいかないからなぁ。


ショーケースの上には、こんがり焼きあがったパイも並んでいて。
パイ

ここはお菓子の国なのかぁ~!


カラフルでアメリカンなカップケーキもズラリ。
カップケーキ

オレオが突き刺さったカップケーキなど、どこかで見たことがあると思ったら、滞在前半に訪れたクラムズベイクショップのカップケーキにそっくりでした。カフェラロに卸しているのかな?

いつも憧れているアメリカンなケーキが、こんなにもたくさん目の前に並んでいたら、そりゃあもちろん迷います!迷い放題迷いまくり!端からぜーんぶ味見してみたい気持ちをぐっと堪え、最終的に選んだのは、


日本のとよく似たシンプルなストロベリーショートケーキ♪
ストロベリーショートケーキ

やっぱり生クリームの量に惹かれたのと(笑)、アメリカのショートケーキでこういうスタイルのものは珍しかったので、これを選んでみました。胃袋と体力的に一人で全部食べる余裕はなさそうだったので、いとこ夫が手伝ってくれそうなケーキという点も重要です(笑)。


側面にも生クリームたっぷり。ウホ。
ホイップー

全体的にいとこにとっては全然甘くなかったのですが、逆にそれが生クリームそのもののお味を強調しているかんじで、生クリーム好きにはたまらぬ系のお味。あまり甘くないので、既に甘い物には飽き飽きのいとこ夫もかなり手伝ってくれて、二人で無事完食。しっとりふんわりのスポンジも美味しくて、機会があれば是非また食べたいケーキでした~。

お店の雰囲気も素敵、ケーキも魅力的だったカフェラロですが、


他のテーブルに置き去りにされていた、お持ち帰り用のコーヒーカップもすごく可愛くて。
to go カップ

この柄のグッズも販売しているようでしたが、それはまた次の機会に。暑くなければ、このカップでコーヒーをお持ち帰りしたかった~。


最後のお会計は、アンティーク調のキャッシャーで♪
アンティーク調

すごく大きくて重厚な造りのキャッシャー。これもまたお店の雰囲気とマッチしていて、とても素敵でした。

ここまで来るのは暑くて大変でしたが、ユーガットメール気分を味わいつつ、美味しいドリンク&ケーキで休憩もできて大満足。いい思い出ができました♪

こうして再び炎天下に繰り出したら、引き続きロケ地巡りに出発するいとこ夫婦なのでした。
次は、H&Hベーグルズに行きます!

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪