東北旅行一日目・2 こんにちは、いとこ姉です。夏の東北旅行レポの続きをお送りします。

滞在初日、遠野を後にして、花巻へ車をひた走らせます。花巻でのお目当ては「宮沢賢治童話村」。以前花巻へ観光に行ったいとこに、お勧めスポットを聞くとここが息子も楽しめそうだと言う事なのでやって来ました。本当は花巻の前に、北上のトロイカへ寄り道するはずだったのに時間切れで断念したのが未だに無念でありますが(泣)。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです

道中は引き続き大雨で息子も寝てしまっていましたが、駐車場に着くと雨も小降りになり息子も起きたので急いで園内へ〜。
宮沢賢治童話村

大きい公園のような園内の中に、見学棟がいくつか建っています。
広い敷地を贅沢に使っていて、自然が溢れる園内。


こんな池もあって、息子はプチ探検気分〜!
池

お天気が良ければ、ゆっくりお散歩したかったー。


宇宙等にも造詣が深かった賢治にちなみ、星座がちりばめられた場所も。
オブジェと


見学棟の中は天空、風等の童話の世界が体験出来る空間。
最初の部屋

風?


こんな感じで全身を使って賢治ワールドを体験できるので、息子の目も生き生き。
巨大グモ

イェイ


その後は「注文の多い料理店」や「セロ弾きのゴーシュ」のストーリー通りに作られた人形コーナーを鑑賞。
セロ

すっかり賢治の世界にどっぷりな息子に、私も小学生時代に夢中で読んだ宮沢賢治の世界を思い出しました。息子は「注文の多い料理店」が気に入ったそうで。


見学棟を出ると、別の建物にある賢治の作品構成要素になっている鉱物や鳥、宇宙等のテーマが展示されているコーナーへ移動。


鉱物とか鳥だとか理科系が好きな息子はもう夢中です。
石灰について学ぶ・・


一つの展示を全部読んで行くので、滅茶苦茶時間がかかりますが・・。
じっくり

銀河について学ぶ


いとこが「絶対ここは彼のツボだよ〜」と言った通りです。
超真剣

閉館時間になったので、無理やり引き剥がしてきましたがまだまだお名残惜しそうな息子でした。

小学校中〜高学年のキッズには、学校で習うところとリンクしている箇所もあるので楽しい所なのではないでしょうか。息子はまた来たいそうです。大人も楽しい作品が多いので、私も久し振りに宮沢賢治の作品を手にとって見たくなりました。

童話村を後にしたら、本日のお宿雫石プリンスホテルへチェックインすべく東北道をびゅーんと北上。


盛岡インターで降りて、雫石へ。
緑〜

雫石プリンスのお部屋は別途レポするとして、チェックインしてお部屋で少し休憩したら、小岩井農場の「「ホタルとジンギスカンの夕べ」というイベントを事前に予約しておいたので急いで小岩井農場へお出掛け。

今回の旅行の目的の一つが小岩井農場の天文台を息子にみせてあげたいという事だった訳ですが、下調べ中に小岩井農場のHPで見付けた今回のイベント。ホタル観察会に加え、星空観察会もダブルで楽しめる上にジンギスカンの夕食も付いて、大人一人2,000円、小学生は1,500円というお得なお値段だったのでウホウホ予約して出掛けました。

このイベントのスケジュールは、
18:00〜18:30 受付
18:30〜19:30 お食事(ジンギスカン)
19:30〜20:00 ホタルのお話
20:00〜20:40 ホタル観察会
20:40〜21:00 星空観察会
こんな感じです。

小雨決行とありましたが、当日は大雨だったので開催を心配していましたが、ホテルを出て小岩井農場に着く頃には小雨になってきました。既に閉園していて駐車場もどっぷり真っ暗でしたが、このイベントに参加するお客さんがちらほらと。入園ゲートで代金を払ったら、ジンギスカンの食堂へ向かいます。食堂の入り口で名前を告げると、「遠い所良く来て下さいました〜」と言われ嬉しくなるいとこ姉一家。北海道もそうだけれど、東北も人が親切ですっごく感激しました!


ジンギスカンを食べる処はオープンなスペース。
会場


席に着くと、早速お肉やご飯、お味噌汁が並べられ焼き焼きタイム〜。
ジンギスカン

焼き始めると、猛烈な良い香りが漂ってきて刺激されまくりの食欲っ!あまりの良い香りに「早く食べたい」を全員で連発するいとこ姉家。


油の飛び跳ね防止用に紙のエプロンを身に付け、テンションも上がります。
エプロン

でもちょっと首に刺さるよ(笑)。

最初は三人前の量(ボリュームあり!)を前に、残したら申し訳ないし食べきれるだろうかと心配ないとこ姉家でしたが、そんな心配は全くの杞憂で。


息子は初ジンギスカンだったのですが、「美味しい!」を連発し夢中に食べまくり!
美味!

新鮮なお肉は全く臭みがないし、一緒に焼いているお野菜もフレッシュでウマ〜。

たれもにんにくと甘口の二種類がありましたが、特に甘口のたれが息子の口にあったようです。ジンギスカンてこんなに美味しかったっけーと全員で感激でした。

 
飲み物は別料金でオーダーできる仕組み。
ジュース

息子は小岩井農場のりんごジュース。


ダンナはビールで、私は帰りの運転があるのでノンアルコールのビールを。
ノンアルコール

美味しいラムと本物のビールを合わせたかったよぅ(涙)。


ジンギスカンも美味しいけれど、特筆すべきはご飯が美味しいこと!
ご飯

ご飯大好き坊やももりもり食べてました。つやつやふっくらのお米が最高!正直こういったイベントのお食事なので、余り期待していませんでしたがとっても美味しかったです。また食べたい!


代金に含まれているメニューの他に、追加オーダーも出来ます。
アラカルト

いとこ姉はカルビとヨーグルトのサラダが気になったけど、もう満腹で食べられませんー。

食べ終わる頃には雨もすっかり止んで、ヒグラシの合唱が始まっていました。


お食事タイムが終わったら、電気を消してホタルのお話タイム。
ユラユラ

森の中の静かなキャンドルタイムは、ムーディな時間でした。お話はオスとメスの見分け方とか、ホタルの種類などで理科の授業のようですが(笑)。

ホタルの知識を身につけたら、ガイドの方に付いて森の中や池の端で実際にホタルの観察会。外を歩く頃には雲の切れ間から落ちてきそうな星空が見えて感激!それに加え、深深とした森や池の端で舞うホタルが本当に幻想的で。同じ日本でこんなに美しい場所があるなんて、ちょっと信じられないような気分でした。小さい子でも捕まえられちゃうほどのホタルの数(勿論持って帰るのは厳禁)に、息子もすっかり魅了されていました。元気に自然の中を走り回る息子を見て、連れて来て良かったな〜と心から思ういとこ姉&ダンナ。

ちなみに、ホタルがビックリするので写真は控えた為、ホタル観察会の写真はありません。また、夜はヒンヤリするので、虫刺され予防も兼ねて上着持参をおすすめします。


ホタルの観察会の後は天文台へ行き、星空観察会。


想像以上の大きくて立派な望遠鏡にビックリ!
おお


聞けば世界最大の空気望遠鏡だそうで。
巨大

雲がなければ土星の観察が出来るそうなのですが、あいにく土星は雲の中。代わりにベガを観察。あれだけの大雨が止んでくれただけでも御の字ってもんです。


小岩井農場を幾度も訪れていたという宮沢賢治関連の展示もありました。
イェイ

星空の観察を終えたら、そろそろ終了の時間なので天文台はまた明日改めてゆっくり見学する事に。

真っ暗だけど、森林の香りを吸い込みながら小岩井農場を出てホテルへ帰還〜。
ホテルの露天風呂でまったりしたら、一日目終了です。

二日目の前に雫石プリンスホテル編に続きます。

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪