ラスベガス8日目 こんばんは、いとこです。昨日は体調不良で現地レポをお休みしてしまいました。ごめんなさい!二日遅れになってしまいましたが、ラスベガス滞在八日目の現地レポをお送りします。

滞在八日目は、七泊お世話になったシグネチャー@MGMをチェックアウトする日ということで、午前中はその準備でバタバタ。快適すぎるシグネチャーとお別れするのは切なさいっぱいでしたが、シグネチャーに二週間滞在は予算オーバーなので別のホテルに移動します〜。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです
シグネチャーをチェックアウトしたら、次の滞在先に行く前にちょっくらコインランドリーに寄り道。七泊の滞在でたまった洗濯物を一気にお洗濯するのです!場所は、去年のレポに登場した、ブルバードモールのはす向かいにあるお店。


洗剤やコインをセットして、途中で柔軟材を入れて、あとは脱水を待つのみ。
コインランドリー

乾燥機に放り込んだら一旦ホテルにチェックインすることにして、パラッツォに移動。ここは車でのアクセスが本当に便利で、渋滞しがちなストリップを通らずに出入りできるのがレンタカー族には嬉しいところ。

チェックインの際は、とにかく音に敏感だから静かな部屋を・・とお願いしたところ、ベリーナイスルームがあるということで行ってみたら、ハウスキーピングが絶賛掃除中。。しかも、チラっと見えた室内には、魔のコネクティングドアがあったので、そのまま下に戻ってルームチェンジをお願い。

今度もベリーナイスルームということで行ってみたところ、リクエスト通りのコネクティングドア無し&エレベーターから離れた部屋でホっとしたのですが、真正面がTIなので、夜な夜な「SIRENS OF TI」のズンドコ音楽やら爆音やらがもろに響いてくるんですよね。。確かに花火も見えちゃうベガスらしい眺めの良いお部屋なのですが、景色なんてどうでもいいから静かな部屋が良い派のいとこ夫婦には全くの不向き。もう面倒なのでそのままその部屋に滞在してますが、ま、住めば都ということで(笑)。


手前がリビング、奥がベッドルームと、広さは十分。
パラッツォ


ベッドの寝心地もなかなかで、毎晩泥のように眠ってます。
ベッド


でも、アメニティの削減はちょっと寂しいかな。。
アメニティ

一年前に滞在したときに喜んだバスソルトはなくなり、スリッパもなくなり、タオルの数は減り、夜のターンダウンもなくなり(もちろんターンダウンチョコも)、削れるものはとことん削られているという印象。いとこ夫婦だけでなく、みーさんのお部屋も同じだそうなので、やっぱりこれも不景気の影響なのでしょうかね。。

ちょっと寂しくなったパラッツォのお部屋ですが、色々特典が付いて、インターネットも無料で、平日1泊$149、週末1泊$179という安値で予約してきたので、十分満足です。

お部屋に荷物を収納したら、すぐに外出。先ほどのコインランドリーで洗濯物をピックアップしたら、お気に入りの「Yoshidaya」で遅めのランチを食べることにしました。


いとこ夫の愛するYoshidayaの牛丼!
ヨシダヤ

相変わらずホっとできる美味しい牛丼だったそうで、これで$4.95とは本当にお手頃。いとこの天ぷらも美味しくて、やっぱりYoshidayaに来ると日本に帰ってきたかのような安心感があります♪

安くて美味しいランチに満たされたら、ファッションアウトレットまで初のプチ長距離ドライブ。ファッションアウトレットに行くのは4〜5年ぶりかなぁ、かなり久しぶりです。


何もない砂漠の中をひたすら走る〜。
ひたすらまっすぐ

以前バスで行ってた頃は遠いなぁ〜という印象だったのですが、レンタカーで自分達で走ってみると結構あっという間。40分とかからずにファッションアウトレットに到着です。


一番のお目当ては、ニーマンマーカス・ラストコール!
ファッションアウトレット

数日前にファッションショーモールのニーマンをチェックしてみたら、夏物のセールはとっくに終わったらしく、並んでいるのは定価の秋物ばかり。買ってすぐに着れるようなものは見当たらず、もしかしたらアウトレットに行けば夏物がわんさかあるのでは・・・とひらめき、アウトレットの中でも一番遠いファッションアウトレットにやって来たのでした。

で、夏物はというと、靴もお洋服もズラリと並んでいたのですが、どれも本当に残り物という感じがして、一つもいいものが見当たらず、何やら不作。


唯一の戦利品は、クロエのサングラスで、お値段120ドルでした。
クロエ

JCBカードのキャンペーンでもらったた割引カードで更に10%割引になったので、かなりお手頃なお値段で買うことができました。なにせベガスの日差しの強さが凄まじいので、サングラスが欲しかったんですよね。


コーチのハートのネックレスは、約48ドル也。
コーチ

ラスベガスアウトレットセンター(旧ベルツ)のコーチも数日前にチェックしましたが、アクセサリーもバッグも、ファッションアウトレットの方が品揃え豊富な気が。

ニーマンマーカスと並んで楽しみだったのが、ウィリアムズ・ソノマのアウトレット!ラスベガスでは郊外に2店舗ぐらいしかない貴重なお店ですが、そのアウトレットがあるなんて魅力的。ただ、以前行ったときはベーキング関連がほとんどなくて、かなり地味な品揃えという印象だったので、その後なかなか訪れる気になれなかったのですが・・


今回はカラフルなスパチュラがいっぱい!
ソノマ
キッチンタオル等も、既に市内のお店では見当たらない春色カラーが揃っていて、まさにお宝がザックザク!


春色スパチュラ、春色キッチンタオル、ピンクのエプロン&鍋敷きなどの戦利品。
ソノマ戦利品

数日前にグリーンバレーのソノマで買ったサンドイッチカッターが激安だったのはショックでしたが、欲しかったものが30%オフや40%オフになっていて、これだけでもわざわざ砂漠の中のアウトレットまで来た甲斐があったというものです!

いとこがショッピングに夢中になっている間、いとこ夫はアウトレットと繋がっているプリムバレーのカジノでクラップスに夢中。カジノがくっついてるアウトレットなんて素敵ですよねぇ。


外に出ると、なんとも美しい夕焼けが。
夕焼け

帰り道は星がキレイだったりと、買い物だけでなく、ドライブも楽しむことができて、とても新鮮な感じがしました。すごく楽しかった〜!!

アウトレット内をグルグル何周もしたいとこは、そろそろハラペコ化。お夕飯はどこで食べようか色々考えた結果、帰り道の途中に見えたサウスポイントに寄って、ここの24時間カフェでサクっと食べることにしました。


中華メニューが充実していたので、いとこ夫はポークのチャーハンをオーダー。
チャーハン

意外にもちゃんとした中華でビックリ。普通に美味しくて、いとこのオーダーしたベジタブルヌードルも美味しくて、既にしょっぱいものが恋しくなってきているいとこ夫婦は満たされまくりでした。デザートはTOPの画像のブラウニーサンデーを食べたのですが、これはスプレーホイップのフニャフニャ感が残念ポイント。ごくごく普通のブラウニーサンデーだったかな。。

食後は初めてのサウスポントのカジノで遊び、パラッツォに帰還して滞在八日目が終了。
滞在九日目の現地レポへと続きます!

明日も現地レポを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪