てんこ盛り! 既に帰宅してしまったので、現地レポと言えるのかどうか分からなくなってきましたが(汗)、ラスベガス滞在十二日目の現地レポをお送りします。

この日は夕方からみーさんと合流させていただく予定だったので、13時頃からいとこ夫と2人で行動開始。前日は、なんだかんだでモナミガビ一食だったこともあり、いい具合にお腹が空いていたいとこ夫婦は、まずはランチを食べることにしました。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです
向かった先は、パラッツォ3階にある「キャニオンランチグリル」。

ここはスパに併設されているヘルシー系のレストランなのですが、ホームページでメニューをチェックしてみたところ、醤油や玄米などを用いたアジアンテイストらしきお料理がいくつかあるようなので、もしかしたらすごく好みかも!と思い、初めて行ってみることにしてみました。


ORGANIC FRESH ARUGULA SALADは、嬉しいことにひたすらルッコラの山。
ルッコラサラダ

ルッコラ命のいとこにはたまらぬサラダです!さっぱりとしたレモンビネグレットがルッコラとマッチしていて、体が喜ぶ感じ。さっぱり食べたかったのでチーズは抜きにしましたが、たぶんないほうが美味しかったに違いありません♪


SPACLUB VEGETABLE STIR-FRYは、日本人にとても合う醤油ベースの味付け。
SPACLUB VEGETABLE STIR-FRY

トーフ・チキン・シュリンプをトッピングすることができたので、いとこ夫婦はお豆腐をチョイス。これが日本に帰ってきた気分になれるほど美味しくて、土台のプチプチ玄米も最高!焼き鳥のタレで野菜とお豆腐を炒めたようなお味なので、いとこ夫も大喜び。美味しかった〜!

お値段は、ルッコラサラダが9ドル、野菜炒めが14ドルと、決して安くはないのですが、さすがはヘルシー系のお店とあって、量がすごく少ないんですよね。もっともっと食べたくなるぐらい美味しかったので、いっそ下のグランドラックスカフェの量と足して2で割ってくれたらちょうど良いのに・・とか思ったり(笑)。

ヘルシーランチに満たされた後は、パラッツォ2階に移動して、The Shoppes at The Palazzoをブラブラ。


2階の客室エレベーター近くに新しくオープンしたカフェ「Cafe Presse」。
カフェプレッセ

ラバッツァのコーヒーが飲めるお手軽なスタンドで、ショーケースに並ぶケーキがとっても美味しそう!


ということで、カフェモカとカップケーキを買ってしまいました。
プラマイプラス〜

これでヘルシーレストランでのランチも全く意味がなくなり・・(笑)。

超ウネウネクリームのケーキは、レモンカップケーキとのことで、土台がほんのりレモン風味。とっても爽やかなのですが、アメリカンなホロホロ食感ではなく、日本のマドレーヌに近いような食感なので、いとこ好みのカップケーキとはちょっと違ったみたい。でも、いとこ夫はすごく気に入っていました。ちなみに、上のクリームはホイップかと思いきや、結構硬めだったので、もしかしたらバタークリームだったのかも。

店内にテーブル等はないのですが、外の通路にいくつかテーブルが並んでいて、WIFIもあるため、パソコン持参でお茶するお客さんが多かったです。客室エレベーターの近くなので、1階のコーヒービーンの他に、お部屋で飲むコーヒーの選択肢が増えたのは嬉しい限り♪

お茶の後は、引続きパラッツォ内のショッピングモール「ザ・ショップス・アット・ザ・パラッツォ」を散策。


赤が眩しい、ルブタンのショップ!
ルブタン

憧れのルブタンがこんなにたくさん並んでいるなんて夢みたい〜〜。滞在中ずっといとこ夫に「クラップスで勝ったら是非ともルブタンを・・!」とお願いしていたのですが(笑)、いざとなると「履いていくところもないよなぁ」と弱気になるいとこなのでした(笑)。


ルブタンのお向かいには、これまた魅惑のダイアンフォンのショップ。
ダイアンフォンファステンバーグ

ルブタンとダイアンがお向かいで並んでいるなんて、もはやバーニーズの存在感がなくなってしまいそうですが、それぞれ品揃えは違っていたので、どちらを見てもアドレナリン大放出!更に近くにはクロエの大きめのショップもあって、もうパラッツォの2階は何時間でも見ていられそうなほど魅力的でした。誘惑三昧〜。

17時過ぎにみーさんと待ち合わせをしたら、いとこ夫の運転でまたまた郊外のMリゾートへ。とても美味しかったMリゾートのディナーバフェ(BUFFET=食べ放題)を再び食べに来たのですが、あいにく金曜日ということで大行列!少し並んでみたものの、あまり進み具合がよろしくなく、この日が最終日のみーさんの貴重なお時間を無駄にするわけにはいかず、そそくさと退散。


でも、Mリゾートの駐車場から見えた空と山がキレイだったのは収穫でした♪
大空!

再びパラッツォにとんぼ返りすることになりましたが、高速も空いていてあっという間だったので、ちょっとしたドライブと思えば、これも素敵な時間です♪

そして、みーさんのベガス最終日の大切なディナーは、みーさんのご希望でパラッツォのイタリアン「Dal Toro Ristorante」に決定。いとこ夫婦は数日前にランチを食べたばかりですが、ディナーは断然メニューが豊富な上に、本当に美味しいお店なので、何度でも大歓迎!

程よく日が暮れつつある時間帯だったので、パティオ席を選んでみたところ、日中とは打って変わって涼しくなっていて、とっても気持ちがいい!


しかも、真正面にTIがバーンと見える素晴らしいロケーション!
ダルトロディナー

ちょうど「SIRENS OF TI」が始まる絶妙なタイミングだったので、


ディナーを食べながらこの眺め!
ドーーン

「SIRENS OF TI」の鑑賞エリアはギュウギュウに混んでいて、あまり快適な環境とは言えないので、優雅にディナーを食べながら、音楽や花火をゆっくり眺めることが出来るなんて素晴らしい!ショーの内容まで分かるほど細部までハッキリ見えるわけではありませんが、ダンスや動く船の様子を見ることができて、大砲や花火の爆音もビンビン響いてくるロケーションです。

景色だけでなく、オーダーしたお料理も全部美味しいから幸せ!


プロシュートハムのピザも、カラマリも、どちらも美味。
ピザ&カラマリ

カラマリは周りはカラっと揚がっているのに中のイカは驚くほどの柔らかさ。カラマリの美味しさに目覚めてしまった瞬間です。

プロシュートハムのピザは、フレッシュなルッコラが山盛りなのが嬉しく、お肉がダメないとこでもハムは簡単に除けることが出来るので、何の問題もありません。チーズ少なめのあっさりテイストで、生地の上にはキノコもゴロゴロ。すごく好みのピザでした。


いとこ夫&みーさんのメインディッシュ、エビ&ペペロンチーノも超絶品! エビペペロン

これはいとこ夫もみーさんも以前食べたことがあり、そのときの美味しさが忘れられない一品だったのですが、ディナータイムのみのメニューです。ぷりぷりの大きめのエビはパプリカ等の入ったマリナラソースで仕上げられ、シンプルなペペロンチーノはもちろんアルデンテ。これは、モナミガビのフィレミニョン並みのヒット作です!

いとこはこの日のスペシャルメニューからリゾットをオーダーしたのですが、これもウットリするような美味しさでした。元々はソーセージ入りだったところを、お肉がダメだと相談したら快くアスパラに変更してくれて、アスパラとキノコたっぷりのクリーミーなリゾットになってパーフェクト!

あまりにも美味しかったので、3人のオススメメニューをピンポイントで紹介させていただきますね!


赤がカラマリ、ピンクがサラダ、青がピザ。
前菜&ピザメニュー

今回サラダの写真はUPしてませんが、ビネグレットのさっぱり感、新鮮野菜のシャキシャキ感を楽しめる美味しいサラダでした。


そして、黄色く塗ったのがエビのペペロンチーノ添えです。
メインメニュー

それから、DAL TOROはデザートも絶品!


みーさんのティラミスは、みーさんの素敵なネイルにも注目です♪
ティラミス

ティラミスはメニューには載っていませんが、口頭で「ティラミスもあるよ」と教えてくれます。どんなティラミスよりも美味しくて、いとこ夫婦も大好きなデザートです♪


いとこは、Frutti Di Boscoというベリーのタルトをオーダーしました。
Frutti Di Bosco

ここのデザートは生クリームが添えられているのですが、この生クリームがベガスイチの美味しさ!!

今回は生クリーム大好きだから大盛りでお願いしたところ、こんなにたっぷり添えてくれて幸せいっぱい夢いっぱい。甘くないコクのあるとろける生クリームは、タカナシの生クリームを彷彿させる感じの濃厚さです♪

ちなみに、パラッツォのフロントから客室エレベーターに向かう途中、カジノの通路にナイトショーのチケットを取り扱う小さなボックスオフィスがあるのですが、ここにこのDAL TOROのデザート無料クーポン(要メインディッシュオーダー)が置いてありました。デザートは1品$6.50するものなので、無料になったら結構お得感がありますよ〜!


食べ終わる頃には日が暮れて、この眺めがまた美しく。
夜景も満喫

眺めも良く、サービスも心地よく、お料理も最高とくれば、こんなに幸せなディナーはありません。一生の思い出になりました。

こんな最高のレストランなのに、パラッツォ内では地下に位置するせいか、いつも心配になるほど空いていて、予約なしでもこの眺めの良いパティオ席に座れたりします。滞在中何度でも行きたくなる、超オススメのレストランです!(ラスベガス大全でも詳しく紹介されています)

気付けばDAL TOROの詳細レポのようになってしまいましたが(笑)、師匠のみーさん&いとこ夫婦のイチオシのレストランなのは間違いありません!

ディナーのあとは、車でタウンスクエアに移動して、いとこ夫がフライズで電化製品を見ている間、いとこ&みーさんは、バナリパやH&Mでショッピング。もちろん最後は「ヨーグルトランド」で締めくくり!

TOPの画像は、みーさんが盛り付けされたカップなのですが、山盛りのフローズンヨーグルトの上に山盛りのフルーツというボリューム満点で、とっても美味しそうな作品です。


いとこ夫婦のカップと並べてみても、ひときわボリューミー。
ヨーグルトランド

重さで料金が決まる仕組みなのですが、いとこ夫婦が2人で7ドルちょっとだったところ、確かみーさんはお1人で約6ドルぐらいだった記憶。さすがは師匠!!

外のベンチに3人仲良く並んで座って食べましたが、どうしてヨーグルトランドのフローズンヨーグルトはこんなにも美味しいんでしょうね。食後で満腹でもスルスル食べられてしまうこの美味しさは一体何なのでしょう!?

ヨーグルトランドでトドメを打ったら、パラッツォに帰還し、滞在十二日目が終了。翌朝はみーさんを空港でお見送りさせていただいたのですが、いとこ姉&いとこ甥コンビに続き、師匠のみーさんまで帰国してしまい、残されたいとこ夫婦はちょっぴり寂しさを感じるのでした。ひゅるり〜

滞在十三日目の現地レポへと続きます。

続きを楽しみにして下さる方は・・ランキングに1クリックお願いします♪