ブラウニーサンデー 既に帰国してしまい、現地レポと言えるのかどうか分からなくなってきたラスベガス現地レポの続きをお送りいたします(笑)。

遂に最終日となる滞在十四日目を迎えたいとこ夫婦。ホテル移動は疲れる上に半日無駄にしてしまうので、今回はシグネチャーからパラッツォへの移動1回のみに押さえたところ、やっぱり体がすごくラク。一ヶ所に一週間落ち着けるのは違います・・・のハズだったのですが、最終日にいとこがぐっすり爆睡してしまって、大寝坊!貴重な最終日がぁ〜〜。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです
まだ行きたいところが色々あったのに、日曜日でどこも閉店時間が早いもんだから、全部周るのは無理。それでもハウスキーピングがガンガンドアをノックしてくれなかったら、まだまだ眠り続けるところだったんですけどね(笑)。

ちなみに、パラッツォのハウスキーピングは、起こさないで札をかけていても平気でノックしまくるのですが、あれは一体どうしてなのでしょう!?たまたまいとこ部屋の担当者がテキトウだったのだと思いますが、バスタブも掃除してくれない、洗面台も掃除してくれないなど、一週間の滞在中不満に思うことが色々。ただタオル交換してゴミ捨てるだけ〜みたいな。

急いで準備をしても夕方になってしまいましたが、車に乗って最終日の活動開始!まずは、すぐ近くのファッションショーモールへGO!

滞在前半にここで買ったクロックスのRIOというサンダルがとても履き心地が良かったので、色違いも買っておこうと思って行ってみたら、赤しかないとのこと。同じの2足じゃ意味ないので、すごすご退散。


遅めのランチは、「ジョニー・ロケッツ/JOHNNY ROCKETS」というダイナーで。
ジョニーロケッツ

いとこ姉&いとこ甥と来たときに横を通りがかったら、突然店員さん達が踊り始めてビックリしたダイナー。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でビフが絡んでくるダイナーに似た雰囲気で、古き良きアメリカという感じ。チェーン店で日本にもあったとか?


ストロベリーシェイクも、いかにもアメリカのダイナーっぽくていいですよね♪
シェイク!

ちゃんと苺の果肉も入っているので、甘いだけではなくフルーティーさもあり、とても美味しいシェイクでした。ちなみに、グラスに入りきらなかった分も別容器でサーブされ、たっぷり2杯も飲めるとは・・(笑)。


いとこ夫のランチは、ロケットダブルというダブルバーガー。
ダブル

ハンバーガーが美味しいお店らしいので、お店のシグネチャーメニュー的なハンバーガーのダブルをオーダーしてみたところ、想像以上に凄いボリュームだったそうで、一般的な食欲の日本人ならシングルで十分とのこと。

お味も絶品だったそうで、日本ではなかなか食べられないような、アメリカならではの美味しいハンバーガーとのことでした。いとこ夫、すっかりジョニーロケッツが気に入ったようです。もちろん、いとこのツナサラダサンドイッチもクセがなくてジューシーで美味しかった〜!

デザートもアメリカンなものがズラリと揃っていて、アップルパイやら何やら色々悩んでしまいましたが、TOPの画像のブラウニーサンデーをオーダー。これはマジ甘っ!!土台のブラウニーとチョコソースの甘さが強烈で、上のバニラアイスやホイップが甘くなく感じてくるほどです(笑)。さすがに2人で食べても半分も攻略できませんでした。恐るべし、ジョニーロケッツ。

ファッションショーモールの中にこんなアメリカンなお店があったんだね♪と、幸せ気分で楽しいジョニーロケッツを後にしたら、「ビクトリアズシークレット」や「フォーエバー21」をウロウロ。


ビクトリアズシークレットで買った小瓶は、抗菌ハンドジェル。
ビクトリアズシークレット

小さめサイズなので、お土産にもピッタリ。3つで5ドルとお買い得だったので、6つ買ってみました。香りは3種類ありましたが、いとこはこの紫ボトルが一番好み。手ピカジェルのように持ち歩けば、いつでも手を清潔に保てる便利アイテムです♪

ファッションショーモールの後は、プラネットハリウッドのミラクルマイルショップスに移動し、いとこ夫はカジノへまっしぐら。

実は、滞在前半にここのカジノで遊んだときに、カジノチップの換金をしていなかったので、帰国前に換金しに来たいとこ夫なのですが、それがきっかけとなってクラップスで大勝利をおさめたというからビックリ。あのとき面倒になって換金しなかったのは何かを予知したからなのでしょうか(笑)。

いとこ夫がチップの換金というより、そのチップを元手にクラップスで遊んでいる間、いとこはミラクルマイルショップスでお買い物。

いとこ姉&いとこ甥コンビがベガスに滞在していた頃、この中の時計を売ってるワゴン(ロクシタン近く)で、いとこ甥がアヒルの目覚まし時計を買ったのですが、帰国してからも、同じ目覚まし時計のペンギンバージョンがどうしても欲しかったと念仏のように唱えているらしく・・(笑)。いとこ姉から買ってきてくれとのメールを受信し、ペンギンハントにやってきたというわけです(笑)。

無事にペンギン目覚まし時計をGETしたら、大好きなキッチン雑貨店「スーラテーブル」で最後のお買い物。品揃えは一週間前に来たときと変っていませんでしたが、次々欲しいものが出てくるのはなぜなんだ〜。


なぜかブルーに吸い寄せられ、戦利品はブルー中心になりました。
スーラテーブル

たぶん、ベガスの暑さと乾燥で体が干からびていて、オアシスを求めるかのように、自然と青に惹かれてしまったのだと思われます(笑)。欲しかったアボカドスライサーも遂に手に入れたし、ブルーの水切りやまな板を活用して、これからお料理頑張るぞー!


スーラの次は「アーバンアウトフィッターズ」へ!
アーバンアウトフィッターズ

一番ストリップ寄りの目立つ場所にあり、2フロアの広い店内には魅惑の商品がズラリ。小物類もカワイイけど、ワンピがとっても可愛くて、ざっと見ただけで欲しいワンピが15着はありました(笑)。

夏物は半額以下のセールになっているものも多く、いとこは迷いに迷った末に、すごくカワイイ花柄のKIMCHI&BLUEのワンピを$19.99で購入。元値は$58ですからねぇ、超お買い得でした!


レジ前で思わず衝動買いしてしまったのは、アイスクリーム型のリップバーム。
リップバーム

ポップなアイスクリームのパッケージが可愛くて、中身はたぶん甘ったるい香りなんだろうなぁ〜と思いつつも、あまりのキュートさに胸キュン。カップケーキ型のリップバームもありましたが、これは妙にアイスクリームに惹かれたんですよね♪

カジノでいとこ夫と合流したら、メリーランドパークウェイの「ターゲット」でササっと買い物。閉店まで10分を切っているターゲットでのお買い物は、本当にお目当てのものをレジに運ぶだけという世話しないものでした。

ゼィゼィしながら車に戻ったら、そろそろ夜もいい時間。翌朝は4時半チェックアウトを予定していたので、早めにホテルに戻って荷造りせねばならず、最後のディナーをどこかのレストランで食べる余裕はなく・・。

訪れたのは、メリーランドパークウェイにある「吉野家」(笑)。

既にお米が恋しくて仕方ないいとこ夫の強い希望で最後の晩餐は吉野家になったのですが、閉店まで1時間を切っていても、前回のように肉が売り切れたからと追い返されることはなく(笑)、無事に牛丼をゲット。


いとこのベジタブルボウルも、なかなかイケるのですよ。
吉野家

肉嫌いでも食べるものがあって、アメリカの吉野家はいいなあ。


吉野家の次は、タコベルにも立ち寄って、シャリシャリを購入。
シャリシャリ

前回のピナコラーダ味も美味でしたが、このストロベリーコラーダ味も美味。あああ、タコベルも日本にあったら嬉しいのに〜〜。

こうして吉野家でテイクアウトしてきた丼物と、タコベルのタコサラダ(←食べ納め)をパラッツォのお部屋で食べたら、二週間のラスベガス滞在が終了。お風呂に入ってパッキングをしていたら、結局寝る時間はなく、徹夜のままパラッツォをチェックアウトし、空港に向かういとこ夫婦なのでした。

二週間滞在しても行けなかったところがたくさんあり、一体ベガスはどれだけ魅惑だらけの街なのでしょう!夜遅くまで開いているお店も多く、マイペースに好きなように伸び伸び遊べるところが大好きです〜。

現地レポシリーズは、最終回の帰国編でおしまいです。

続きを楽しみにして下さる方は・・ランキングに1クリックお願いします♪