JALでグアムから帰国 こんばんは、いとこ姉です。グアム旅行記の最終回をお送りします。

グアム滞在も、いよいよ終わりの時がやって来ました。朝4時過ぎのフライトなので、日付が変わった深夜2時にチェックアウト。予約しておいたウェスティンの送迎車で空港へ向かいます。送迎車はショッピングエクスプレスと同じレクサスでした。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです

ウェスティンの送迎サービスの詳細はこんな感じ↓

ホテル空港間片道

【6階から18階のお部屋そしてヴィラをご利用のお客様】
片道お1人様$25

【ロイヤルビーチクラブをご利用のお客様】
パーシャルオーシャンビュールーム 片道お1人様$15
オーシャンビュールーム 片道お1人様$15
オーシャンフロントスイートルーム 無料
21階RBCスイートルーム 無料

いとこ姉はロイヤルビーチクラブだったので、$15。息子は無料でした。
※変更が時々あるのでホテルへの確認をオススメします。

フレンドリーなベルの方とお話しているうちに、あっという間に空港へ到着。ラスベガスと張る位、グアムも空港が近いです。空港へ着いたら、チェックインもさくさく終了。後は睡魔と戦いながら搭乗を待つのみです。

定刻通り搭乗が開始されると、急にゲート付近が騒がしくなりました。どうやら有名人がいるようです。周りの会話を聞いていると、有名なスポーツ選手らしい。私の前を通過していったので、よく判らないまま周りの方が写真を撮っていたので私もとりあえず撮影(←ミーハー)。帰宅後ダンナにこの話をして写真を見せると、「桜庭じゃないか!」と大騒ぎ。K1の有名選手だったらしく、格闘技ファンのダンナには何で息子と一緒に写真を撮ってもらわなかったんだと残念がられました。成田到着後にもお会いしましたが、気軽に記念撮影に応じられていて、とても紳士的でした。

そんなこんなであっという間にグアムを離陸〜。


水平飛行になるとスグに、ドリンクサービス。
ドリンク

冷たい緑茶が身体にしみる〜。半分寝ぼけてたので、おつまみがひっくり返ったまま撮影してます。


息子は離陸前からお休み〜と寝てしまいました。
すぴー

お疲れ様〜。楽しい旅行だったね〜。


息子は寝てしまったけれど、とりあえずチャイルドミールがやって来ました。
JALキッズミール


袋の中はデニッシュとジュース。お約束の組み合わせです。
デニッシュ

そして直ぐに通常のミールサービスタイム。

前回のグアムの帰国便で飲んだお味噌汁が、グアムの空港の異常な寒さで冷え切った体にとっても美味しく感じられたので密かに楽しみにしていたのですが。。


行きと同様、空弁シリーズに変わってました(涙)。
空弁
(行きの機内食はコチラ

グッドデザイン賞を受賞したという、JALグアム線の空弁。これが泣きたくなる位、冷え切っていて不味いです(笑)。どの辺が賞を受賞する理由なのか教えて欲しい・・と思っていたら、デザイン賞なのですね。それなら納得。味は無視すれば、デザインは確かにデパ地下風で可愛いもの(爆)。


この時のメニューはバーガーサンド。
解体


上段がサラダとフルーツ。
ひんやり

この段は本来冷やして食べるものだから、まだ良いのです。普通に食べられます。


問題は下の段。
こっちもひんやり

メンチサンドとポテトフライだったのですが、冷え切っているのでメンチはカチカチ。パンもパサパサ。フライドポテトはモソモソ。機内食に過大な期待は決して抱いていませんが、冷えた状態でしか出せないのならこういったメニューは避けた方が良いと思う。以前のおにぎりとお味噌汁のほうが絶対美味しかったーー。戻してーー。赤組いとこ姉の密かな願いでした(笑)。

機内食の後は、私もZZZZ。気付けば成田到着目前。
これにて3月に行った6泊7日の息子とのグアム旅行レポはオシマイです。

いとこが行けなくなった時は正直どうしようかと思いましたが、息子と二人でも思い切って行って良かった!息子が日本にいる時より、ずっとしっかりしていて色んな面で私を助けてくれました。グアムの海も相変わらず美しく、2時間ちょっとでアメリカンなお食事やお買い物を楽しめるのは魅力的です。お魚いっぱいの海はとっても楽しい!また再訪したいな!

6泊のレポは想像以上に大変で完結までに時間が掛かってしまいましたが、無事終えることが出来ほっとしています。つたないレポをお読み下さった皆様、どうも有り難うございました。

お楽しみいただけましたら、 ランキングに1クリックお願いします♪