北海道スキー旅行・一日目その1 こんばんは、いとこ姉です。

毎年恒例の北海道スキー旅行。今シーズンはダンナの仕事が1月〜3月が忙しいそうなので、ちょっと早めのオープンシーズンに行ってきました。今回も毎度お馴染みJALのツアー。行き先はヒルトンニセコです。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです

旅の始まりはサクララウンジから。
サクララウンジ


喉が渇いたので、先ずジュース〜。
ドリンク


ビールもありますよ。(飲まないけど)
ビール


コーヒーにお茶。
お茶

紅茶もあり。


息子も大好きなJALのおつまみとキャンディ。
おつまみ


ジュースと持参したたべっ子どうぶつでおやつタイム。
リラックス


私はアイスコーヒーを牛乳で割ってカフェオレにしてみました。
カフェオレ

まったりと静かなラウンジで過ごしていると、あっという間に搭乗時間。定刻通り・・と言いたい所ですが、十分位遅れての出発となりました。この遅れが後で私の楽しみの一つを奪う事に・・(涙)。


水平飛行になると間も無くドリンクサービス。
機内にて

息子はりんごジュース。


私はスープ。
スープ

JALのスープ。大好きです。

定刻より少々遅れて新千歳空港に到着。昨シーズンのスキーは旭川空港利用だったので、お久しぶりの新千歳空港です。


到着の出口にある水槽は、北海道の珍しい魚がいっぱいで息子のお気に入り。
魚と

ツアーデスクでクーポン等を受け取ったら、スキーバス(北海道リゾートライナー)の出発時間までフリータイム。

スイーツハンティングに繰出したい私は、お昼ご飯は空弁を買ってバスの中で済ませれば良かったのですが、男二人がラーメンが絶対食べたいと。それなら二人で食べててくれれば良いのに、二人して甘いものなんて後々!と(涙)。

そんな訳でやって来たラーメン道場。


何店舗かお店がありますが、選んだのは以前食べて気に入った「開高」。
開高

味噌ラーメンのお店です。

周りの方々は辛味噌を食べている方も多くて気になりましたが、前回と同じ十勝コーンチーズ麺をチョイス。ダンナも同じものを。


息子はハーフサイズの塩ラーメン。
塩ラーメン

食欲をそそる香ばしい香り〜。


デカデカ海苔だーーっと大喜びの海苔男。
海苔男

あっという間に完食だったので一口ももらえませんでしたが(←ちょっと狙ってた・笑)、物凄く満足だったようです。


お待ち兼ねのコーンチーズ麺!
コーンチーズ麺

前回の時よりチーズが崩れ気味ですが(笑)、ふわ〜んと香るお味噌の香り。美味しそう!最初はちょっと硬めに感じる麺ですが、食べ進むうちにちょうどよくなっていくのです。敢えて計算された茹で加減なのかしら。


それにしてもトロけて麺とスープに絡むチーズの美味しさと言ったら!
チーズ!

相変わらずの満足のお味でした。


ところで気になったのはお隣の白樺山荘というお店。
気になる

人がひっきりなしにやって来て大行列でした。

ラーメンを食べ終えると、もうバスの集合時間。北菓楼のシュークリームを予約しに行く時間がなくなりました(号泣)。飛行機の遅れが痛かった〜。バスの中のおやつ用も調達しようと思っていたのに、残念無念です。断腸の思いでバスに乗り込みます(大袈裟)。

そしてルスツ経由のニセコ行きのバスで新千歳空港を出発。


一見晴れて温かそうな様子ですが、この時の新千歳の気温は氷点下1度!
寒っ

東京は15度弱だったので、むちゃくちゃ寒く感じます。


広大な支笏湖畔を通りながらバスはひた走ります。
車窓から

一時間半程走った所で、道の駅フォーレスト276でトイレ休憩。


売店で牧場アイスを購入。シュークリームの代わりです。うしし。
休憩

バニラアイスにほんのり温かいキャラメルソースとカリカリの胡桃がトッピング。 中々の美味しさです。バニラアイスは牧場と名の付くだけに、ちょっと南が丘風。少しざらざら感があるけれど、キャラメルと一緒に食べるとウマ〜い。さすが北海道だわ〜。

アイスに舌鼓を打っていると、ルスツに到着。
ここで一組降車した後、バスは真狩村を経由してニセコへ。


真狩村に差し掛かる頃には、雄大な羊締山が出迎えてくれました。
羊締山

学生の頃、村上春樹の小説を読んで一度見てみたかった羊締山。生まれて初めて目にする事が出来ました。蝦夷富士と呼ばれる通り、感動的に美しいです。ニセコ滞在中はいつもこの羊締山が見守っていてくれるようでした。

ひらふの駐車場で停車し、その後15分ほどでヒルトンへ到着。
お次はヒルトンニセコのお部屋をご紹介します。

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪