キラーン 白浜パンダ紀行の続きをお送りします。

2日目。この日は、アドベンチャーワールドの有料ツアー、パンダバックヤードツアーに参加するために早起き。何でもこのツアー、ものすごい争奪戦が繰り広げられるそうなので、開園1時間20分前ぐらいにはゲートに到着するように宿を出なくては!寒いっ!

ランキングを応援して頂けると嬉しいです
ただでさえたくさんのパンダさんをたっぷり堪能できるアドベンチャーワールドで、更にパンダさんに大接近できる、まさに夢のようなバックヤードツアー。日本でこれほどまでにパンダさんに近づけるチャンスは他に無いのではないでしょうか!?はるばる白浜まで来たからには絶対に参加したい!


3月下旬とは言え、とても寒かった開演前のエントランス。
虎視眈々

数メートル先に、数々の有料ツアーの受付ブースが見えており、


パンダバックヤードツアーは、向かってイチバン左!
目指せー

並んでいる人の大半はパンダがお目当てなので、一番左のゲートに並ぶのがベストらしいのですが、開園1時間20分前では既に左ゲートの1番手にはなれず、3番手ぐらいだったかな?それならばと、左から2番目のブースの2番手に並んだような記憶です。

開園と同時に猛ダッシュ大会が繰り広げられ、


なんとか12番と13番をGETしましたーー!
GET

1組5名までの30名限定なので、本当にドキドキでした。

前の人がどこのブースに並ぶかや、前の組の人数、バーコードを通すタイプの入場券か、見せるだけOKの年パスか等、足の速さも含め、並ぶポジションの他に色々な要素が加わるので、必ずしも一番左のゲートがベストではないような気がしました。運次第でしょうか。

バックヤードツアー参加権をGETしただけで、ものすごく疲れてしまったので(笑)、ツアー開始の時間まで、ゆっくりパンダさんを見学したり、のんびり朝ごはんを食べたりして、まったりと過ごすいとこ夫婦。

そして、いよいよバックヤードツアーの時間になり、集合場所で説明を聞いたら、いざパンダさんのいるバックヤードへ〜!!緊張する〜!


ちょこんと座って笹を食べていたのは、明浜でした♪
かわいいーー

昨日、偶然にも貸切状態でご対面したパンダさんです。


こんなに近くで食べてるなんてーー!!
モシャモシャ

隣にいる自分の夫にフォルムがよく似ている気もしましたが(笑)、飼育員さんの説明を聞きながら、モシャモシャ食べる明浜を間近で見れる至福のひととき。ほわ〜。


↓そのときの動画です


ひとしきりお話が終わり、いよいよ参加者1人1人が明浜におやつをあげる時間がやってきました!楽しみにしているのは参加者だけではないようで、


早くも飼育員さんが小脇に抱えたおやつボックスに熱い視線を送る明浜(笑)。
熱い視線

明浜はこのバックヤードツアーの常連さんで、既にこの流れをよく分かっているそうで(笑)、おやつボックスが登場した瞬間、それまで手にした笹をポイっと捨て、「笹なんて食ってる場合じゃねぇ〜」とばかりに目の色を変えておやつに突進するのが可笑しかった(笑)。


は・や・く!は・や・く!
は・や・く!

待ちきれない明浜が、ついに下をベロベロ出してアピールし始めました。


↓パンダのこんな姿は初めて見た・・・(笑)


こう見えてもパンダさんは猛獣ということで、直接手渡しではなく、長ーいフォークを使ってお口に直接おやつをあげるのですが、


がおーーーー。
がおー

豪快に大きなお口をあけておやつをもらう明浜、猛獣風味で怖いけどカワイイ(笑)!


ぱくっ。
あーん

一瞬の出来事だったのでよく覚えていませんが、憧れのパンダさんにエサをあげるという行為に、ドキドキが止まりませんでした。はうううううう!


↓こちらはYouTubeで見つけた面白動画。


飼育員さんの隙を突いて、床に置かれたおやつボックスに手を伸ばしてます(笑)。知恵が働くパンダさんです(笑)。


この日の朝採れたパンダのうん○も間近で見せてもらえました!
ウホ

一応ブレてる写真を採用してみましたが(笑)。無臭というか、お茶のような香りなので、全然嫌な感じはしませんでした。さすがベジタリアン!これも貴重な経験です。

2組に分かれて、1組が先にバックヤードに入り、もう1組はビデオ鑑賞という仕組みにつき、この後はビデオを鑑賞。パンダについて更なる理解を深めたのでした。並んで走った甲斐あって、素晴らしい思い出が出来ました〜!

通常のバックヤードツアーだと、なかなか壮絶な争奪戦を乗り越えねばならず、早起きして走って大変なのですが、JALパックのツアーで行くと、<JALパックオリジナル体験パンダツアー>というオリジナルのバックヤードツアーが付いているので、並ぶ必要ナシなのです!なんとうらやましい!

【JALパック 関西・南紀】 <パンダに大接近!南紀わくわく体験>2/3日間

今回は途中寄り道をしながら車での旅でしたが、羽田からJAL(ANAは就航していない)でびゅいーんと南紀白浜空港に飛んでしまえば、移動時間も短縮できるし、何と言ってもラクなので、次回はJALパックのツアーで行くのが憧れです〜♪



話はバックヤードツアーの前に戻り、ツアー参加権をGETした後は、ちょうどふたごパンダ「海浜」「陽浜」ミルクタイムになったので、ウキウキしながら会場へ。ちなみに、いとこ夫婦が行く前日に初めて海浜&陽浜はお外デビューを遂げていて、


お外の運動場でのミルクタイムとなりました〜♪
パンダミルクタイム〜!

飼育員さんに抱きかかえられてのご登場に胸キュンです!


ゴローンと寝転んで、準備はオーケー。
ゴローン


そこにミルクがあるのは分かっているんだよ。
はやくちょーだい


哺乳瓶をもらったら再びゴローンして、んごきゅんごきゅ。
んごきゅんごきゅ

あっという間に飲み終わったら、


すらこらさっさっさー。
すたこらさっさ

子パンダがミルクを飲んでいるのは、時間にして30秒か1分ぐらいというところでしょうか(笑)。ミルクタイム、短くてビックリ(笑)。それよりもなによりも、哺乳瓶んごきゅ姿を生で初めて見れた感動と言ったらありませんでした。キューーートっ!


お母さんパンダの良浜も出てきて、親子水入らずのひととき。
パンダファミリー


ハッスルしすぎて、危うく溝に落ちそうになってしまってハラハラ。
あぶないよー


↓YouTubeで見つけた面白動画


この溝に落ちてしまった、小さかった頃の梅浜を救出するシーンなのですが、可愛すぎて悶絶。私も救出のお手伝いをしたーーーい!


ねーえー、ママー、遊んで〜!
ねぇー

まるで人間の子供がママに甘えているかのようです♪


ひとしきり食べ終えた良浜も混ざって、3人で遊ぶほんわかタイム。
ママといっしょ


ママ、何見てるの?
ヒソヒソ

プチ乱闘も繰り広げられ、貴重なパンダ親子のたわむれをガラス越しではなく、すぐ近くで見ることができて、アドベンチャーワールドは本当に素晴らしいところです!

屋内運動場の様子も見に行ってみると、


双子(中)の永浜(たぶん・・)が、ガラスのすぐ近くでお食事中でした。
キラーン

この笹をキュっと握ってこっちをじっと見つめる瞳は、サンディエゴのチェンチェンの乙女ポーズを彷彿させるので、凛々しいハンサム永浜に惚れてしまった♪と思いつつ、もしや女の子の梅浜だったらどうしよう(笑)。


梅浜もやって来て、仲良く笹タイム。
双子(中)


再び外の運動場に行ってみると、子パンダはすやすや睡眠中。
パンダ親子


子供が寝てる間に食べちゃわないと!
おいしいわー


そして、良浜お母さんのザ・寝食い!
必殺!寝食い!

白浜でも寝食いを見ることが出来て、とても嬉しい!


この屋外運動場を上から眺められるスポットもあり、


木の上ですやすや眠る海浜か陽浜(ワカラン)も姿もよく見えました♪
すやすや


やぐらの上でもスヤスヤ。
やぐら

子パンダは高いところは外敵が来ないから安心して眠れると本能で分かっているんだそうな。そういえばサンディエゴのユンちゃんもいつもハンモックで寝てました♪


上から見学していると、良浜お母さんを上から眺めるなんて機会も♪
上からも

この日はみんなスヤスヤ眠り始めたので、朝から並んで疲れたいとこ夫婦もこれにて退園。お宿に戻って体を休め、


翌日、再びパンダさんのもとへ〜。
3日目

この日は午後からの入園だったので、既に活発な時間帯は過ぎ去り、前日と同じような光景となっておりました(笑)。


目を細めて笹の味をかみ締める良浜お母さん。
今日もおいしいわー

そのうちやぐらに登って、


我が子と同じポーズでお昼寝タイム。
すやすや

隣に行って一緒に同じポーズで寝れたならどんなに幸せか・・♪

他のパンダさんにもご挨拶をしたら、そろそろ白浜を後にする時間となり、楽しかったアドベンチャーワールドに別れを告げるいとこ夫婦。広々とした運動場でパンダさんがのびのび過ごしていて、あっちにもこっちにもパンダさんがいて、想像以上にパンダでいっぱいのステキな場所でした!

あれから三ヶ月。海浜&陽浜もすっかり大きくなっていることとでしょう。また白浜パンダファミリーに会える日を楽しみにしています。次はいつ行けるかな♪(年パスが切れる前には・・笑)

最後は、アドベンチャーワールドのパンダ系グルメ編をお送りします。

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪