ANAビジネスクラス機内食(成田→ニューヨーク線) こんばんは、いとこです。【2013年1月ニューヨーク&ラスベガス旅行記】の続きをお送りします。

NY行きのNH1010便に乗って、いざ成田を出発。ビジネスクラスはほぼ満席だったものの、キャビンはとても静かで快適。ニューヨーク線は機内食も充実していて、羽田-ロサンゼルスの深夜便のような機内食は軽め&ひたすら眠るだけのフライトも身体はラクチンですが、機内食が豊富なのもこれまた楽しく。

ピエール・エルメやマンダリンオリエンタル東京とコラボした、空飛ぶレストランのようなANAビジ機内食のレポをお送りいたします〜。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです

とはいえ、お肉は苦手だしアレルギーにも気をつけなきゃだしで、魅惑の機内食をフルで楽しめたわけではないのですが・・。ちなみに、ANAには25種アレルギー対応ミールなる特別機内食があるのですが、それでも私のアレルギーはカバーできないので、通常食を気を付けながら食べることにしています。


ウェルカムドリンクは、冷たいお茶をチョイス。
ANAビジ

↑チラっと前のシートが映っているとおり、残念ながら旧型のシートでした(涙)。ニューヨーク線には新型が導入されていたのですが、この日の1010便は運悪く旧型での運行で。このフルフラットのシートに乗ってみたかった〜。


水平飛行に入ったら、アミューズとドリンクのサービスが。
おつまみ的な

ドリンクは、大好きなANAのかぼすドリンク。すっきり&程よい甘さがお気に入りです。


ナッツやおかきよりよりも嬉しいANAのおつまみ。
オリーブ好き


ワインや日本酒とも相性抜群、旬の味覚を楽しめるアミューズなのだそうな。
アミューズの案内

アルコールが飲めない私には未知の世界・・。

そして、夕食のチョイスのお時間がやって来ました。


こちらは洋食のメニュー。
洋食メニュー

もし前菜にお肉が入っていなければ、3品から選べるメインディッシュで魚を選べば洋食もOKなのですが、残念ながら今回の前菜には鶏肉が入っているので、和食をチョイス。


こちらは和食のメニュー。
和食メニュー

主菜はぶり大根!小鉢が鶏南蛮でも、洋食と違って和食は他にもおかずが色々あるので、メインでなければOK牧場。


デザートは、和食・洋食ともにピエール・エルメとのコラボデザート。
デザートメニュー

これは楽しみ!


ニューヨーク線は、いつでもオーダーできる軽食も超充実。
充実の軽食

葱味噌ラーメンや、豚生姜焼き丼、ハンバーガーなど、いとこ夫がいたら喜びそうな軽食がズラリ。この中の1つでもいいから、去年のロサンゼルス→羽田線にあったなら・・。

ちなみに、このあとの和食がボリューム満点につき、フライト中に軽食まで楽しむ余裕はナシでした。


まずは、前菜、お造り、小鉢から。
ANAビジ機内食の和食


美しい冬の前菜盛り合わせ。
色とりどり


小鉢は、鶏南蛮。
タルタルはスキ

タルタルソースの下に鶏肉が隠れておりますが、タルタルは大好きだし、付け合せの野菜はさっぱり感が好みで、お肉以外は私でも楽しめました♪


お造りは、鯛と鮭。
さっぱり

刺身醤油でさっぱりいただくお刺身は、乾いた機内ではとても美味しく感じる!


そして、主菜とご飯、お味噌汁が運ばれてきました。
主菜

意外と食べられるものがいっぱい&美味しかった前菜系のおかげで、既に満腹が近い頃にメインの登場です(笑)。ANAの和食がこんなにボリューミーだったとは!


主菜のぶり大根も結構なボリューム。
ぶり大根

ホロホロっと崩れるような柔らかいぶりは、味も濃すぎずホクホク美味。大根もよく味がしみていて、ご飯がすすむ系の幸せなお味です。


月替わりの御飯、1月は五目御飯でした。
ごはん

これはちょっとパサついていて、シンプルな白いご飯の方が嬉しかったかな・・。美味しいぶり大根をふっくら白いご飯で食べたかったかも。


お楽しみのデザートは、コーヒーと共に。
デザートタイム


月替わりのピエール・エルメのコラボデザート。
他の月

1月はMontebello。ピスタチオと苺がメインのようです。ピ、ピスタチオ・・!


真っ赤な苺と、緑のピスタチオのコントラストが美しく♪
ANA機内食×ピエールエルメ

タイバニのバディカラーだったということに今気付いた(笑)!

ここが飛行機の中だということを忘れそうな美しいグラスデザートですが、私はどうにもピスタチオが苦手だったんですね・・(涙)。少しぐらいなら避けられるかなと思っていましたが、


上にもピスタチオがパラパラ〜。
ピスタチオオオオオ

上のアイスクリームも、中のクリームもピスタチオ入りで、もはや逃げられないほどのピスタチオ攻撃(笑)。苺のソルベを食べてるときは幸せでしたが、ピスタチオ嫌いにはちょっと厳しいデザートでしたかね^^;

ちなみに、最近のエルメコラボデザートはANAのホームページで見られますが、ファーストクラス向けは更に素晴らしい・・・!


それにしても、コーヒークリームが無くなっていたのはショックでした(涙)。
コーヒーフレッシュ(涙)

現地レポにも書いたとおり、ピッチャーに入ったコーヒークリームを注ぐのがひそかに大好きだっただけに、ポーションになってしまったのが残念で。一応CAさんに聞いてみましたが、ないとのことでガーン。デザートが高級化したしわ寄せがここに・・?



機内ではほとんど眠れなかったものの、音楽を聴いたりしていたら、あっという間に到着前の朝食の時間になりました。


上が和食のメニュー、下が洋食のメニュー。
二食目のメニュー

和食の主菜はカレイの照り焼きです。


洋食は、マンダリンオリエンタル東京とのコラボメニュー!
マンダリンオリエンタル監修のANAビジ機内食

写真からして美味しそうだし、一食目が和食だったので、今度は洋食を選びます!


こちらがマンダリンオリエンタル東京の機内食。
機内食っぽさがない!

機内食っぽさがなく、まるでホテルの朝食のように美しくてビックリ!こんな機内食は初めて!


メインディッシュは、見ただけではどんなお料理なのか??な感じ。
なんぞ?

メニューを見ると、<シリアルとパルメザンチーズのガトー仕立て スモークサーモンとアンディーブ>とのことで、土台はシリアル&パルメザンで作られているらしい。


ナイフを入れると、中からチーズ?ソース?がとろ〜り溢れてきてまたビックリ!
おおお

言われなければシリアルだとは分からないような、今まで食べたことのない未知のテイストの土台。プリっとしたサーモンの塩気や食感と、クリーミーな土台との組み合わせが美味しくて、機会があればまた食べてみたいと思えるお料理でした♪


こちらは、<ビーフコンソメと人参のクリーム 赤ワインのエッセンス>
美しくおいしい

お肉が苦手でも、このビーフコンソメの味は大丈夫!ピューレのようにフレッシュな人参クリームとコンソメのハーモニーがGOOD!


ブレッド二種は、ハード系とソフト系を両方いただけるのが嬉しく。
ブレッド二種


お供には、蒜山ジャージーバターがたっぷりと。
パンのお供二種

ジャムもマンダリンスペシャルらしく、<黒こしょうを効かせたブラッドオレンジのマーマレード>だそうな。

おいしいおいしいと食べていたら、割とすぐにアレルギーが出てきて、喉が腫れて痛い(涙)。こういう症状はフルーツを食べたときによく出るので、たぶんジャムか・・もしくは人参か・・。よくわかりませんが、


美味しそうなデザートまでたどり着けなかったのが残念無念・・!
デザートォォ

マンダリンオレンジとざくろのムース。美味しそうだったなぁ。でも、ここで食べるのはキケンなのでガマンの子です。ああ、アレルギーが治ったらいいなぁ。


こうして喉が痛いまま、ニューヨークが近付いてきました。
もうすこし!

いよいよきたあああああ!と、一人軽くテンションMAX!

着陸したら、イミグレもスイスイ、荷物のピックアップも例の目立つタグ(笑)のおかげでラクラク、外に出たらタクシー乗り場に一目散!ちょっと前に行ったアニメのイベントで、空港から白タクに乗ってしまって、マンハッタンまでウン百ドルとられたという話をゲストの方がしていたので、脇目もふらずに正規のタクシー乗り場を目指しました。声をかけられる雰囲気はツクラナイ!

タクシーに乗ると、特に渋滞もなく、


マンハッタンが近付いてきました〜!
きたあああ


車窓からは、美しいマンハッタンの夕焼けが。
バニーちゃんどこかな


マンハッタンに入ると、ニューヨークらしい雰囲気の街並みが!
マンハッタン!

なんとか日が暮れる前にホテルに到着できてホっ。短い滞在ゆえに、初日の夜もなるべく観光に出かけたかっただけに、空港からスムーズにホテルにたどり着けて一安心。一月のニューヨークの寒さに早くもビビりながら、ホテルに入りチェックインをするのでした。

次は、とても素敵だったホテル、ロンドンNYCのお部屋のレポをお送りします。

よろしければ、 ランキングに1クリックお願いします♪