●スワンナプーム空港での乗り継ぎ&バンコクエアウェイズ いとこ姉による【プーケット&バンコク旅行】をお送りします↓

JALでバンコクのスワンナプーム国際空港に到着したいとこ姉家。乗り継ぎのバンコクエアウェイズのプーケット便のちょうど良い時間のものが取れなかったので、バンコクで4時間ほど時間が出来てしまいました。

通常プーケットなどへスワンナプームで乗り継ぐ場合、乗り継ぎ専用イミグレで入国し国内線のゲートへ直に向かう訳ですが、調べてみると国内線のセキュリティエリア内にはフードコートしかないそうで。そこで4時間潰すのは暇すぎるので、通常のイミグレで入国し一度セキュリティエリアの外へ出る事にしました。

ランキングを応援して頂けると嬉しいです

預け入れ荷物は羽田からプーケットまでスルー、バンコクエアのボーディングパスも羽田のJALカウンターで発券済み。スワンナプームでは改めてバンコクエアのカウンターに並ぶ必要も無く、手荷物検査を受ければ良いだけで、ストレスナシでした。(預け入れ荷物の税関検査はプーケットで受けます)


手荷物のみで身軽にタイに入国したら、先ずはターミナル三階のマッサージへ。
スワンナプーム空港のマッサージ店

6時オープンのChang Massageが、ちょうど開店したところでした。


ダンナと私はここで早速フットマッサージを♪極楽です〜
骨抜き〜

市内の店舗よりは割高ですが、日本とは比べ物にならないくらい安いです。(確か45分?380バーツ=約1,250円でした)その間、創作に燃えていた息子はひたすら絵を描いて待っていてくれました。

丁寧なフットマッサージを受け、フライトでむくんだ足もスッキリ。マッサージの後は、コーヒーを求めて同じく三階のフードエリアをうろうろしていると・・・


美味しそうなマンゴー様を発見!
マンゴオオオオ

マンゴーが大好きないとこ姉家。全員でうっとり。これは食べなきゃ!


と言う訳で、ダンナが買ってきてくれたマンゴー。
マンゴオオオオGET

何故かもち米添えで登場したそうで。笑

カオニャオマムアン=マンゴーのもち米添え。ココナッツミルクを掛けて頂くタイの定番デザートですが、息子と私はマンゴーだけを食べました。(おはぎ系苦手なんです・・)ダンナはもち米とマンゴー合うよ!と言っておりました。マンゴーの旬の時期だけに、とろけるように美味しいマンゴーに満足。


マンゴーを食べた後は、お目当てのスタバへ。
スワンナプーム空港のスタバ

息子は抹茶フラペ。私は日本では見たことが無い、ドルチェラテ。甘すぎないで美味しい♪ 一緒に写っているドライマンゴーは、先程のマンゴーのお店で息子が買ったもの。このドライマンゴーがひたすら柔らかくて、息子一気食いでした。

ダンナはドリップコーヒーにドーナツを食べていたけど、写真が無い。。


スタバで満たされたら、そろそろ国内線のセキュリティを通過する時間。
スワンナプーム空港乗継

下調べでは混雑する時間もあるとのことでしたが、この時はガラガラ。

プーケットまで乗るバンコクエアウェイズは、LCCとは一線を画すフルサービスのブティックエアライン・・だそうで、


エコノミーでも全員使えるラウンジサービスがアリ。
バンコクエアウェイズのラウンジ

プーケット便のゲートはラウンジのすぐ目の前だったので、搭乗までこちらで過ごします。 ネットもフリーで使え、明るいキレイなラウンジでした。


軽食も用意されています。
バンコクエアウェイズのラウンジの軽食


ポップコーンも!
ポップコーン!

人種を問わず老若男女に大人気!!ラウンジ内ではみんなポップコーンをむしゃむしゃ。塩気が絶妙で美味しいのです♪


クッキーに、
クッキー


バナナの葉で包まれたタイのデザートも。
ローリングローリング


ドリンクも温かいものと冷たいものが一通りそろっています。
激甘

↑写真に写っているオレンジジュース。これがどうやらお砂糖入りのようで劇甘!ダンナと私はギブでしたが、息子はウマウマ飲んでおりました。あ、甘い・・・


マフィンを頂きました。
マフィン

フードも無くなってくると、じゃんじゃん補充されていました。エコのラウンジとは思えない充実ぶりです。 エコノミー全員にこのラウンジが開放されているので、プーケットやサムイ行きの出発が迫ってくるとラウンジ内は結構な混雑に。でも開放感のあるラウンジなので、出発まで快適に過ごせました。


そしてバンコクエアウェイズのプーケット行きに搭乗〜。
バンコクエアウェイズ機内

機内は満席でしたが、手入れの行き届いたシートで快適。


バンコク-プーケット間は一時間半程の短いフライトですが、機内食もサーブされ。
バンコクエアウェイズ機内食

ずっと食べているので満腹ですが、美味しく頂きました。特にカステラみたいなケーキがマル!食後はうとうとしていると、あっという間にプーケットに到着〜。

飛行機を降りると、


暑いプーケットの空と息子好みの可愛い飛行機が出迎えてくれました。
プーケット到着
(タイのLCCのようです)。

羽田で預け入れた荷物はインターナショナルと書いてあるターンテーブルから出てくるので、無事ピックアップ。(インターナショナルのターンテーブルは少し離れた場所にあるので、係員に聞くと良いです)

タクシーでホテルへ向かいます。つづく。
----

以上、いとこ姉によるタイ旅行レポをお送りしました。

姉のモチベーションUPのために、ブログランキングに1クリックいただけるとありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。