休暇村 大久野島(うさぎ島)のお部屋 ご覧いただきどうもありがとうございます。いとこです。

広島・宮島旅行記の続き、うさぎ島のレポのレポをお送りいたします。まずはお宿編から。

うさぎ島と呼ばれる小さな島にある宿泊施設は、休暇村 大久野島ただ一軒のみ。休暇村というところに泊まるのは初めてでしたが、親切なスタッフのみなさん、静かで快適な客室、美味しいお料理、何より数えきれないほどたくさんの兎さんに囲まれ、心から寛げる素晴らしい滞在となりました。ビバうさぎ島!ビバうさぎさん!

ランキングを応援して頂けると嬉しいです

1泊滞在したシェラトンをチェックアウトしたら、いよいよ大本命の目的地、うさぎ島に移動するいとこ夫婦。


うさぎ島のみんなが「早く会いに来てくださいね」って言ってる声が聞こえるわ!(←脳内で)
早くエサくれ

その前に、まずは広島駅前でうさぎ様へ貢ぐ品物を調達していかねばなりません。


ということで、駅前の百貨店 福屋にやって来ました〜。
調達場所

普通は広島土産などを買うところなのでしょうが、いとこ夫婦が調達したのはうさぎさんへの貢物(笑)。食品売り場で野菜などを買い、100円ショップで果物ナイフやタッパーを買い、ペットショップではチモシーを購入し、一気に大荷物に(笑)。どえらい重さになりましたが、うさぎさんのためならエンヤコラ〜。


広島駅からは、竹原経由の忠海駅行きのバスに乗ります。
バス待ち

空いてるバスにゴトゴト揺られれること約1時間半。終点の忠海駅で下車したら、うさぎ島へのフェリーが発着する忠海港までテクテク。時間にして約7分ぐらいの道のりですが、なにせ大荷物&道が狭く、ここが結構しんどかった!


やっとたどり着いた忠海港。
忠海港

ここで野菜を販売したらかなり売れるのではないかしら。。(←島ではペレットしか売っていない)


そして、大久野島行きのフェリーにいざ乗船〜!
フェリーで兎島へ


約10分ほどのクルーズで憧れのうさぎ島に到着!
憧れのうさぎ島


フェリー乗り場 - 休暇村間は、無料の送迎バスがあり。
休暇村送迎バス

小さな島なので歩いても大した距離ではありませんが、大荷物&初めてで道が分からないいとこ夫婦はバスに乗ります。


バスの窓から、早速うさぎさんの姿が見えて大コーフン!!
ほおおおお

休暇村に着くまで、島のあちこちにうさぎさんがいっぱいいて、これがうさぎ島というものかあああ!と、早くもテンションMAX!早くみんなと遊びたい!!

肝心な休暇村の写真を撮ってなかったのですが、


子兎さんの背後に写っている建物が宿泊施設です。
休暇村 大久野島


ロビーに入ると、いきなり超キュートな子兎さんのパネルがお出迎え!
きゃわわわ

ぎゃわいいいいいい!


こちらが休暇村の客室配置図。
休暇村 大久野島フロアマップ

2〜4階が客室になっています。今回予約してきた洋室は、ホテル内にたったの2部屋しかない様子。


チェックインを済ませお部屋に行くと、嬉しい角部屋!
休暇村 大久野島(うさぎ島)の洋室

眼下にはグランドのうさぎさんがたくさん見えるナイスビューなお部屋でしたが、どうにもこうにもタバコ臭く・・・。もちろん予約してきたのは禁煙室で(洋室は禁煙のみ)、お部屋のドアにも禁煙マークがしっかり貼られていたのにこの臭い。一体ナゼ!?

喫煙ルーム時代(があったのかどうかは分かりませんが)の臭いがこびりついているのか?と思いつつも、とりあえずフロントに電話してみると、確認に来てくれるとのこと。


待っている間に洋室の写真撮影。
くちゃい・・

昭和っぽい雰囲気です。


バスルームはユニットで、こちらも昭和のかほり。
昭和

ファブリーズがあったのでシュッシュしてみましたが、気休めにもなりません><

結局、確認に来られたフロントの方もタバコ臭いとのことで、どうやら禁煙ルームでタバコを吸ったフトドキモノがいたようです。お掃除のときに気付かないのも不思議なほどの臭いでしたが、あの臭い、なかなか消えないのではないだろうか・・・。

ということでお部屋移動を提案してくださり、


同じ角部屋の和室タイプを見せてもらいました。
休暇村 大久野島(うさぎ島)の和室

洋室より断然広くてキレイ!禁煙室なのでもちろん煙草の臭いもなく、お言葉に甘えてこちらの和室に移動させていただくことにしました。


和室の入口。
入口

何やら壁紙がファンシーな感じ?


と思ったら、壁も襖もピーターラビット柄!
ふぎゃあああ

すごーーい!かわいいーー!!和室なのにピーターラビットというのがすごくイイ!


他にも写真や置物など、お部屋の中はうさぎさんがあちこちに♪
うさぎがいっぱい

うさぎ好きが集まるお宿だけに、こういうお部屋があるのはもう本当に素晴らしい!テンションが更にMAXに!


明るくゆったりとした10畳の和室。
広々和室


窓辺には椅子とテーブルも。
窓辺


空の冷蔵庫があるのも嬉しく。
冷蔵庫

飲み物などは1階の売店で売ってます。


窓からの眺めは、海!!
海&うさぎビュー

グランドにはうさぎさんが星の数ほど住んでいて、好きなだけうさぎさんを眺めて過ごすことができるなんて夢のようであります。


あの点々としているのが全部うさぎさん。
てんてん

肉眼だともっとはっきりと見えて、うさぎさん達の行動を観察することも。人間が来たときの「エサーーー!!」とダッシュで集まってくる様子も、雨が降ってきたときに木陰に走っていく姿も見ることができてすごく楽しかった!


お布団を敷いてくれるサービスもあり。
お布団

2日間ともサイクリングをしたりして限界まで遊んでいたので爆睡快眠。周囲の音も全く気にならず、とても静かな滞在でした♪

こちらはバス&トイレ付きの和室で、


脱衣場も広々。
脱衣場

洋室のユニットバスとはかなりの差があるような。チラっと写っているバスマットもピーターラビット柄なのがツボ。


お風呂も広々。
お風呂

あの椅子もピーターラビット柄だったのか・・!


アメニティのシャンプー等は各2種類ずつ揃っていました。
シャンプー

でも、お宿内に2カ所大浴場があり、せっかくなのでラドン温泉を楽しもうということで、部屋風呂を使うことはありませんでした。くたくたになるまで遊んだ後の温泉、最高です!


お宿の廊下。
廊下

昭和な感じですが清潔です^^


1階には、喫茶室と売店が。
カフェ&お土産屋さん

あの売店は、うさぎグッズの宝庫!雑貨からお菓子からオモチャまで、見たこともないほどのうさぎグッズの品揃えにビックリしました。兎人(うさんちゅ)は悶絶間違いナシ!


喫茶室は、その名も「うさんちゅカフェ」
うさんちゅカフェ

某コーヒーチェーンっぽいロゴもうさぎさんできゃわわわわ。


このカフェで扱っているうさんちゅコーヒーというのがとっても美味しくて!
うさんちゅコーヒー

朝晩のバイキングでもこのコーヒーが飲めるのですが、あまりの美味しさにカフェに行ってテイクアウトもしてしまいました。


こちらがカフェのメニューで、ホイップクリームの乗ったアイスコーヒーも。
うさんちゅカフェメニュー


その兎人アイスコーヒーが超激ウマ!
うさんちゅアイスコーヒー

バニラフレイバーのアイスコーヒーの上には、ご覧のように惜しみなくたっぷりのホイップクリーム。これがコクがあるタイプで超好み!美味しすぎる!

すっかりハマり、


テイクアウトでも飲んでました。
夜も

このリッチなクリームとバニラフレーバーのコーヒーはクセになる美味しさ!キャラメルソースも素晴らしきアクセント。こんなに美味しいコーヒーがこの小さなうさぎ島にあるなんて〜!!

新鮮な海の幸盛りだくさんのバイキングも美味しくて、とにかく快適で楽しくて素晴らしい思い出しかない休暇村。うさぎ島唯一のお宿がこんなに素晴らしいなんて、本当にありがたいことです。感動。



チェックインを済ませ、お部屋移動をして、お部屋の写真を撮ったら、早く外に見えているうさぎさんに会いたくてそわそわウズウズ。


早くうさぎさんに会いたい・・!
いざ!


「そんなに長くは待てませんよ」って声が聞こえる!(←幻聴)
早くエサ持ってきてくださいよ


↓MAX時でこれだけ集まったうさぎさんに、いざ会いにレッツゴー!
うじゃうじゃ

ちなみに、これだけのうさぎさんがエサエサと飛び掛かってくるので(笑)、それなりに服も汚れますが、


お宿にコインランドリーがあるので安心です♪
ランドリー

毎日ここでジャブジャブ洗濯していました。便利!

それでは、次はうさぎさんに会いに行こうと思います!
念願のうさまみれタイムじゃ〜!ヒャッホー

ご参考になりましたら・・ ランキングに1クリックお願いします♪


【関連記事】
●うさぎ島から
●うさぎ島より
●休暇村 大久野島(うさぎ島)のお部屋
●うさぎ島に行ってみた・1日目
●うさぎ島に行ってみた・2日目前編
●うさぎ島に行ってみた・2日目中編
●うさぎ島に行ってみた・2日目後編
●うさぎ島に行ってみた・3日目最終回