シュガーファクトリー@パリスで深夜のスイーツタイム こんにちは、いとこです。【2013年1月ニューヨーク&ラスベガス旅行記】の続きをお送りします。

ラスベガス初日。クリス・エンジェルの「Believe」観賞後、プラハリに戻ってももさんと合流したら、お隣パリスにある24時間営業の「シュガーファクトリー」へ。名前のとおり、甘〜いスイーツが超充実のお店です。(普通のお料理もアリ)

私はこれが初シュガファク!事前の下調べのときに見た魅惑のメニューにすっかりメロメロで、今回の滞在中に絶対行きたいと思っていました。ももさん、ナイスなお店を紹介してくれてありがとう〜!

人気ブログランキングで順位をチェック


シュガーファクトリーのホームページ

シュガーファクトリーの外観写真を撮っていなかったので、


ももさんが以前撮影された写真をお借りしました。
シュガーファクトリー@パリス
(今回訪れたのは深夜ですが、撮影されたのは日中です)

ストリップに面しているので、


夜のテラス席からは、ベラージオやストリップの風景が♪
シュガーファクトリー@パリスのテラス席
(こちらも以前ももさんが撮影された画像です)

・・・しかし、このときは真冬。寒くてとてもテラス席どころではなく(笑)、


店内のテーブル席に案内されました〜。
シュガーファクトリー店内

薄暗い照明の落ち着ける雰囲気。深夜なので空いていました。


早速シュガファク魅惑のメニューとご対面。
シュガファクのフォンデューーー

甘い香りが漂ってきそうなフォンデュ〜〜!


チョコレートフォンデュは3種類も!
チョコフォンデュのラインナップ

ヘーゼルナッツフォンデュ、スモアフォンデュ、メキチカンホットチョコレートフォンデュ。いとこ夫喜び系のラインナップです。


スモアがクレープになっていてビックリ。
スモアクレープ!

スモアについてはウィキペディアに詳しく載っているとおり、基本マシュマロなんですね。美味しそうに見えるけど、マシュマロはあまり得意ではナイ・・。


ワッフル&クレープも充実。
ワッフル&スイートクレープ


ニューヨークチーズケーキやキャロットケーキなど、ケーキもある! ケーキも

一番上のミルク&クッキーは素朴な響きがたまらないし、オレオクッキーチーズケーキはNYで食べたのと同じようなものなのか!?気になるものがいっぱい!小麦粉無しのチョコレートケーキもとろけそう!


超アメリカンな爆発系スイーツも!
キングコングサンデー!

その名もキングコングサンデー(笑)。キャンディー刺さっているし、お値段50ドル近いし、色々ビックリなサンデーですが(笑)、大人数でワイワイ食べたら楽しそう。バースデーとかお祝いにも良さそうです。誰か、今度これを一緒につつきませんかー(笑)!


気になったのは、レッドベルベットシェイク。
きたこれ

レッドベルベットケーキがシェイクに!一体どこまで進化するのか、レッドベルベット!クレープも美味しそうで迷いましたが、いとこはこれをオーダーすることにしました。(まだこのときはその大きさを分かっていなかった・・笑)

このとき深夜0時ぐらいだったと思いますが、ボリューミーだったとはいえ、ランチを食べたきり何も食べていなかったハラペコいとこは、


軽食メニューからも何かオーダーすることにしました。
深夜トメニュー

深夜メニューは種類が少なく、お肉が食べられないとなると選択肢は僅か。


クラムチャウダーをオーダーしてみました。
シュガファクのクラムチャウダー

クラッカー添えのクラムチャウダー。適量なのは良かったのですが、かなり味が濃くてしょっぱい。ドロっとしているのは好きですが、もうちょっと塩分控えめだと嬉しい・・・。

そして、このときはももさんが行きの飛行機で知り合った新たなお友達、おいこさんも合流してくださいました。もちろんいとこは初対面でしたが、ブログを読んでいてくださったこともあって(ありがとうございます)、話は早い(笑)!初対面でも話が尽きないのがベガス好きのすごいところですね♪

それにしても、ももさんのLAX-LAS間の国内線がキャンセルになってしまい、振り替えられたフライトで席が隣だったことが出会うきっかけとなったお二方。ももさんのフライトがキャンセルにならなかったら出会わなかったとは、なんとも運命的!

ちなみに、いとこが仮眠してルクソールでクリス様〜!となっている間、お二人はどこかいいレストラン(ノブヒルでしたっけ?)のディナーに行かれていたので、ハラペコなのは私だけ(笑)。


そしてやってきた、レッドベルベットシェイク!
レッドベルベットシェイクーーー

長い!そして(背が)高い!

こんな細長くも巨大なジョッキで出てくるとは露知らず、一人でオーダーしてしまってあわわわわ。とても飲みきれる量ではありませんでしたが、飲んでみたらこれが美味しくて!!現地レポにも書いたとおり、甘いだけじゃなく、ちゃんと美味しく味わえるのがさすが!手伝ってくれたももさんも大絶賛!


ホイップも美味しければ、小さなレッドベルベットケーキも激ウマ!
レッドベルベットケーキも

レッドベルベットケーキはそのまま単品でいただきたいぐらい超しっとり。もし売ってるのなら買いたいぐらい!ホイップもちゃんとした生クリームで、スプレーじゃないのがポイント。コクのある甘くないリッチな生クリームが最高に美味しい!

もちろんシェイクも甘いのにちゃんと美味しくて、これは大ヒットでした!


こちらは、おいこさんオーダーのクラシッククレープ。
クラシッククレープ

甘い物が得意ではないおいこさんは、一番シンプルなクレープをオーダー。お味は普通に美味しかったそうですが、疲れていたから美味しく感じたのかもとも(笑)。おいこさん的には、ジーン・フィリップや、Blizzのクレープの方が美味しかったそうです。( いとこのジーン・フィリップレポはコチラに少々あり


ももさんのオーダーは、バニラクレームブリュレ&ラズベリークレープ。
バニラクレームブリュレ&ラズベリークレープ

なんでもレッドベルベットシェイクが美味しすぎて、普通に美味しかったけど、衝撃はなかったとか。ももさんは、その後もベガスに行った際にレッドベルベットシェイクをオーダーされたそうで、やっぱりあのシェイクの美味しさはハンパないらしい・・!私もまた飲みたい!!

たまたまテーブル担当が気が利かない人だったせいか、サービス面ではいい思い出がありませんが、レッドベルベットシェイクが美味しくて大満足。24時間営業というのは便利で、深夜にこんな美味しいスイーツにありつけるのも貴重かなと。これからは巡回ルート入り決定です♪

こうして3人でわいわいと過ごしたら、いとこ&ももさんは歩いてプラハリに戻り、おいこさんはタクシーでマンダに戻られたわけですが、こんな深夜も深夜、真夜中に女子(え?)だけで楽しく遊べるのもベガスの魅力ですよね。全く注意しなくていいわけではありませんが、ストリップに限れば、治安面では他の都市よりも安心感あり。NYでは深夜に出歩こうとは思いませんからね^^;

ももさん&おいこさんとは翌日も一緒に買い物に行くことにして、この日は解散。一人旅を終えた直後だったので、お喋りしながらお茶できるのが嬉しくて楽しくて。お二人とも、楽しいひとときをどうもありがとうございました〜!

次回ベガス滞在2日目のレポは、IN-N-OUTバーガーでのランチレポからお送りする予定です。

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪