ココナッツクリームパイ こんにちは。空前の一人アメリカンパイブームに沸いているいとこです。

アメリカンパイの本を見てるだけで幸せ、アメリカンパイを思い浮かべるだけで幸せ、アメリカンパイを作るのも食べるのも幸せ、そこにアメリカンパイがあるだけで幸せ!と、もはや中毒状態になってますが(笑)、好きなものは仕方ナイ。

1つ前の記事でレポしたダークチェリーパイと同時進行で作っていたのが、ココナッツクリームパイ。大好きなホールフーズマーケットのココナッツクリームパイをお手本に、少しでも近いお味になれたらいいなと、初めて挑戦してみることにしました。その結果・・・激ウマ〜!

ランキングを応援して頂けると嬉しいです

目指すのは、このホールフーズマーケットのココナッツクリームパイ。
目指すのは〜〜!

ベガスを訪れる度に食べている、大好きなホールフーズのココナッツクリームパイ。

一緒に食べる人も皆その美味しさに酔いしれ、甘い物はそんなに好きではない人でもこれは美味しいという激ウマパイ。さすがはホールフーズという感じで、たぶん上質な材料で丁寧に作られているのが美味しさの秘訣なのでしょうね。甘さも日本人には程よくて、激甘スイーツ(←それもまた好き)を食べ慣れているアメリカ人が食べたら物足りないのではないかと余計な心配をしたくなるようなお味なのですが、コクのあるリッチな生クリームが最高に美味しくて♪

これまで何度か作って来たマンゴークリームパイもこちらのパイのデコレーションを目標に頑張ってきましたが、ついにココナッツ味で挑戦することになりました。(←安くて美味しいナムドクマイ産マンゴーが手に入らなくなったこともあり・笑)


ココナッツ味は、カルディで買ってきたココナッツミルクで出してみようかなと。
ココナッツミルク

ただただ美味しいということしか覚えてなくて、ホールフーズのカスタードがココナッツ風味だったかどうかは定かではないのですが(おい)、たぶんココナッツ風味だったような。この超曖昧な記憶が頼りです(笑)。


ココナッツミルクを入れて作ったカスタードクリームの出来上がり。
ココナッツカスタード

ちなみに、今回も、「 ニューヨークスタイルのパイとタルト、ケーキの本 」に載ってるバナナクリームパイのレシピを参考にさせていただきました。お砂糖を増やしたり、ラム酒を少なくしたりといった加減はしましたが、基本的には平野顕子さんのカスタードレシピを応用。生クリームをたっぷり使うこのカスタードは超濃厚で本当に美味しくて、ここにココナッツミルクを入れたらどんなお味になるのかドキドキ。

カスタードを冷ましている間に、


冷蔵庫で冷やしておいたパイ生地をのばして、パイ皿に敷き込み。
シングルクラスト


そして空焼き。
焼き縮みは防げたが膨らんだ

焼き縮みは防げたけれどちょっと膨らんだ・・。


空焼きしたパイも冷めたら、デコレーションタイム!
デコデコタイム!

パイの底にもココナッツロングを散らしてみました。その上にココナッツカスタードを流し込み、上を生クリームで覆ったら、


最後は生クリームをた〜っぷりデコレーション。
ウネウネココナッツクリームパイ

ホールフーズのような大きな星型の口金がなかったので、生クリームの渦はちょっと小さ目ですが、お手本を思い描きながらウネウネしてみました。もうちょっと美しく絞れるようになりたい!


真上から見ると、生クリームの海・海・海!
生クリームの海

タカナシの生クリームをたっぷり400ccウネウネしました。


仕上げにローストしたココナッツロングをちょちょっと飾って出来上がり。
お飾り

初めてのココナッツクリームパイの完成です〜〜!


アメリカンパイがあるのが嬉しくて、ダークチェリーパイと一緒に撮影してみた。
ダークチェリーパイと一緒に

もっと作ってアメリカンパイでいっぱいにしたい!!(←重症)

しばらく冷やさないとカットが難しいので、冷蔵庫に入れること約半日。


ドキドキしながらカットしてみると、いい感じに冷えていました♪
ドキドキ

アーチを描く生クリーム山と、その下に見えるココナッツカスタード。アメリカンパイらしい雰囲気が出ている〜!


そびえ立つ生クリーム。
チョモランマ

使ったのは、いつものタカナシの特選北海道純生クリーム47。

楽天のタカナシの生クリームのページに説明がありますが、この生クリームは純白ではなく、少し黄色がかったクリーム色をしているんですね。これは牛たちが牧草をたっぷりと食べて育っているからだそうで、北海道クリームの旨みのもとであり、クオリティの高さの表われでもあるのだそうな。


それでは早速いただきます。
ココナッツクリームパイの試食

ぐおおおお!!おいしいいいいいい!!

一口食べると、曖昧な記憶ながらもホールフーズのココナッツクリームパイを思い出すお味で、これはかなり近付けたハズ!濃厚な生クリームと、これまた濃厚なココナッツカスタード、上も下も超濃厚で、とことんコクと濃厚のパラダイス。いとこ夫に試食してもらったところ、こちらも悶絶。でしょー!美味しくデキタデショー!と、自画自賛(笑)。

冷ましたカスタードは若干油が分離気味でなめらかではなかったので、ちょっとココナッツミルクを入れ過ぎたかなと思いましたが、冷やしたら気にならなくなっていました。でも、分離しなかったらもうちょっとなめらかな舌触りだったと思うので、こちらは改善策を考えようと思います。

やっぱりそう簡単には行きませんでしたが、かなりホールフーズのお味!ここまで近いものが出来るとは、平野顕子さんのバナナクリームパイのレシピは偉大です。もっと練習して、もっと美味しいココナッツクリームパイを作れるようになりたいなぁ。

ブログランキングに1クリックお願いします ←いつもご協力ありがとうございます。とても励みになってます!