シャングリラ・バンコククルンテープウィングデラックスツインルーム いとこ姉による【2011年7月バンコク旅行記】をお送りします↓

バンコク名物の強烈な渋滞にハマり、日も暮れかけた頃ようやく後半の滞在先シャングリラ ホテル バンコクに到着しました。

シャングリラ・バンコクはシャングリラウィングとクルンテープウィングの二棟からなり、我が家が滞在したのはバトラーサービスや専用ラウンジでの朝食や専用プールでのサービスが付いたクルンテープウィング。

ブログランキングに1クリックお願いします

シャングリラ ホテル バンコク


翌日ボートから撮影したクルンテープウィング。
2

クルンテープウィングには専用のエントランスロビーがあり、到着すると銅鑼を鳴らしてゲストを歓迎してくれます。


どわわわ〜ん
3
※翌日明るくなってからの撮影


クルンテープウィングのロビーは緑が溢れ、とってもステキ♪
4


窓の向こうはすぐ傍にチャオプラヤー川が望めます。
5


フロントデスクもありますが、チェックインはお部屋で行われるのですぐさまお部屋へと案内されました。
6

名前を名乗らずとも、家族構成や風貌?から判断して、「ウェルカム!Mr.○○」と話しかけてくれるのは流石シャングリラ。


お部屋はクルンテープウィングのデラックスバルコニーのカテゴリ。
7
(ベッドの上でひっくり返ってる生き物がおる.. byいとこ)

特別華美という訳ではないのに、品の良さが溢れるステキなインテリア。


シャンデリアが宮殿チック(?)。
8

柔らかな明かりが心癒される空間を作り出しています。


お部屋は入って左手にベッド、右手にデスクとTVの配置でした。
9

左手奥にコネクティングドアらしきものがある事に今気付きましたが(笑)、お部屋はとっても静かだった記憶。


ベッドは大きくて寝心地良さそう♪
10

ベッドサイドのランプも壷モチーフで気品が感じられます。


TVはチェストの上に鎮座。
11

デスク周りもシンプル且つ温かみのあるインテリアで統一。


デスクの引き出しにはレターセットや、お裁縫道具。
12


チャオプラヤー川とバンコクの街並みが一望できる窓辺には、ソファとミニテーブルのスペースがとられています。
13


ソファの一つはオットマン付きで寝心地抜群。
14

ここで寝そべりながら、チャオプラヤー川を眺めるのは幸せな一時でした。


ミニテーブルの上にはウェルカムフルーツやウェルカムギフトがセットされていて嬉しい♪
15


蓮の花の一種なのかな?さりげなく飾られたお花がとってもタイらしい感じです。
16


花飾りはロビーで到着した時に頂いた、プアンマーライ(花数珠)。
17

ジャスミンを使ったプアンマーライは物凄く良い香りでした。生花が使われている為だんだん香りが抜けてしぼんできてしまったのが残念でしたが、日本に持ち帰りたい衝動に駆られました(生花の持ち込みは禁止ですよね)。


シャングリラの缶の中身はマカロン。
18

食べる余裕が無かったので、日本にお持ち帰りして頂きました。


ベッドサイドの壁には、ズボンハンガーとアクセサリー置き場が。
19

こちら几帳面なダンナのツボだったようで、大層気に入っておりました。


お部屋からエントランス方面を見た構図。
20

右手がバスルーム。左手奥がクローゼット。クローゼット手前にミニバーがあります。


ミニバー。
21


コンプのお水が置いてありました。
22

シンハブランドのボトルウォーターでした。瓶入りで高級感があります。


ティーセットのサービスもこちらに。
23

ティーバッグが入れられた象さんの入れ物が可愛い♪


クッキーはココナッツクッキー。
24
(なんてスバラシイサービス! byいとこ)

毎日日替わりでクッキーがサービスされるのが、甘いもの好きにはたまりませぬ。


ミニバーの下には冷蔵庫が。
25


クローゼットの中にはバスローブとスリッパ。
26


セーフティボックスもこちらに。
27

お部屋にはバルコニーが付いていて、外に出られます。


眺望はこんな感じ↓(夜景編)
28

対岸のペニンシュラがキレイです。チャオプラヤー川を行き交う船がキラキラ揺れて宝石みたい♪


眺望昼間編↓
29

チャオプラヤー川は汚いという意見もありますが、何ともいえない旅情が感じられて私はスキです。


クルンテープウィングは全室バルコニー付き。
30

お部屋とお部屋の間には壁で仕切りがありますが、手摺に身を乗り出すと少々隣室とコンニチハしてしまいます。でも川沿いのホテルでバルコニー付きの客室って限られているので、これはとっても貴重。手摺の外側が花壇になっていてお花が植えられているのもオシャレです。

お部屋の広さは44平米とフツウですが、あるべきものがきちんとある場所に収められていて、とても使い勝手の良いお部屋でした。インテリアもゴテゴテしたものではなく、東洋と西洋の良さを合わせたようなセンスの良さが感じられリラックス出来ます。二泊だけでしたが、大変居心地の良い滞在でした。また泊まりたいよ〜。

次回バスルーム編に続きます。
----

以上、いとこ姉によるタイ旅行記をお送りしました。

姉のモチベーションUPのため、ブログランキングに1クリック いただけるとありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。(応援を励みに頑張っております。ありがとうございます。)

なお、姉の旅行記へのご感想等につきましても、ツイッター(@itokosan)に送っていただければ、本人にお伝えさせていただきますのでお気軽にどうぞ。