シャングリラ・バンコク デラックスツイン・バスルーム編 いとこ姉による【2011年7月バンコク旅行記】をお送りします↓

シャングリラ ホテル バンコクのクルンテープウィングのデラックスバルコニールームのお部屋紹介。前回から続いてバスルーム編です。

お部屋の中央から入り口方面を見て、クローゼットの向かい側がバスルームになります。

ブログランキングに1クリックお願いします

お部屋編はこちら

バスルームの入り口を入ると、右手奥にトイレ。手前にシャワーブース。
2

左手にバスタブです。


トイレはドア無し。
3


ビデ付き。使わないけど。
4


シャワーは固定式でした。
5

水圧も問題無し子だった記憶。


バスタブはやや浅めだったような。。
6


バスタブ脇のポットの中には、
7


バスソルトが入っておりました。
8

バスソルトが置いてあるホテルってテンションが上がります♪


ベイシン周りもゆったりとした造り。ダブルシンクです。
9

お花も飾られて優雅な空間に仕上がっています。


クルンテープウィングのアメニティはロクシタン。
10

昼間のお掃除とターンダウンの時に、毎回たっぷり補充されます。


ファイブハーブスの香りが好きなので、とても嬉しいサービスでした。
11


シャワーブースにもロクシタン。
12

とてもとても使い切れず、お持ち帰りさせて頂きました。


ベイシンのポットの中身はコットン。
13


コンプのお水はバスルームにも。
14

こちらも勿論シンハのお水。


こちらのバスルーム、ドライヤーが無い無い!と思っていたら。。。
15

お部屋のデスクの引き出しに入ってました。これはちとビックリ。笑

広すぎず、狭すぎず。中々使い勝手の良いバスルームでした。やっぱりダブルシンクは便利ですね〜

チェックインも終わりお部屋の写真を撮ったり、荷物の整理をしたりしているとコンコンとノックの音が。何だろうと思ってドアを開けると、


ウェルカムドリンクとアペタイザーの盛られたプレートを持ったスタッフの方が。
16

クルンテープウィングではロビーフロアのリバーラウンジで、毎晩イブニングカクテル&カナッペタイムがありますが、渋滞に巻き込まれて到着が遅くなりこの日は間に合わなかった我が家。すっかりカクテルタイムの事は忘れていましたが、スタッフの方が気を利かせてお料理をお部屋に運んできてくれました。嬉しい〜!コップンカー!


ウェルカムドリンクもお絞りもキンキンに冷えていて。
17

アイスティーです。フルーツの香りが少々して美味しかった記憶。


アペタイザーの盛り合わせは、巻き寿司や春巻き等盛り沢山。
18

こちらも美味しい〜。どれを食べても外れが無いお味。結構お腹がいっぱいになります。ご馳走様でした!

ウマウマ皆で食べていると、またまたコンコンとドアをノックする音が。ドアを開けると別のスタッフの方が、、、


「ウェルカムトゥ シャングリラ!」と息子に、可愛いチョコレートを持ってきて下さいました。
19
(※明るい昼間に撮影)

なんてキュートな亀さん!生き物が大好きな息子はもう目が点に成る程ビックリして、


その後は満面の笑顔に♪
20
(これはカワイイ!超ウレシイ! byいとこ)

しかもシャングリラウィングにあるチョコレートブティックのもの。これは嬉しすぎ!可愛すぎて息子は勿論食べる事が出来ず、日本に手荷物で大事にお持ち帰り。賞味期限ぎりぎりに食べましたが、美味しかったです(←もちろん貰った・笑)。

心憎い演出で、息子も未だにあのチョコレートは嬉しかった〜と言っています。有難うございました。

まだ滞在小一時間程ですが、すっかりシャングリラの虜になりつつあるいとこ姉家。アペタイザーを頂いて少々まったりしたら、ホテルの周辺の探検に出掛ける事に。次回へ続きます。
----

以上、いとこ姉によるタイ旅行記をお送りしました。

姉のモチベーションUPのため、ブログランキングに1クリック いただけるとありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。(いつもご協力ありがとうございます!)

なお、姉の旅行記へのご感想等につきましても、ツイッター(@itokosan)に送っていただければ、本人にお伝えさせていただきますのでお気軽にどうぞ。