うさぎ島の思い出 ご無沙汰してすみません、いとこです。この2週間ほど少々落ち込んでいてブログの更新ができなかったのですが、久しぶりにレポを書いてみることにしました。

まずは、尻切れトンボになっていた7月のうさぎ島こと大久野島の思い出を、大好きなうさぎさんの画像と共に綴ろうと思います。

ブログランキングに1クリックお願いします

その前に少し。。

2週間ほど前、いつも遊ばせてもらっていたうさぎのキュウちゃんが突然死してしまいました。このブログのTOPページにあるブログランキングのバナーに載っているのがキュウちゃんで、一緒に遊んでいるときの様子はよくツイッターにUPしていたので、見たことあるという方もいらっしゃるかなと思います。


初めて会ったときは、こんなに小さくて。
1

初対面から約1年半。週一ぐらいのペースで遊ばせてもらって、それなりに心を許してなついてくれていたキュウちゃんが心の底から可愛くて、本当に大好きでした。うさぎさんは性格も好みもそれぞれ個性があり、キュウちゃんはちょっと気が強いけれど賢くて、


そして、なぜかダンガリーが大好きで。
2

ダンガリーを持参すると齧ったりひっかいたり寄り添ったりと、キュートなパフォーマンスを繰り広げてくれるので、いつも率先してダンガリーを持参していました。ちなみに、私のことはどう考えてもヒエラルキー的に格下だと思っているようで、いとこ夫への態度と随分と違うところも個人的には魅力でした。(←ドM)


大きくなってからは、ハリー&デービッドのエコバッグがダンガリーよりお気に入りになり。
3


これを持参すると、必ず上に乗って完全リラックス。
12


帰りたくてもエコバッグの上からどいてくれなくて大変だったことも・・
13

クリっとした大きなお目目、女王様的な振る舞い、ナデナデが大好きなところ、甘えてくるときも本気で噛んでくるときも、全部がキュウちゃんの魅力で、ずっとキュウちゃんに夢中でした。飼い主さんから突然死してしまったと連絡があったときはすごくショックで、後で亡骸と対面させてもらったらとても苦しそうな顔をしていて、何もできなかった、助けてあげられなかったと、ひたすら後悔と悲しみに暮れる日々でした。自分が飼っていたわけではないのにこんなにも悲しいだなんて・・。今でも完全に立ち直ったとは言い切れませんが、ここまで浮上するのに結構な時間がかかってしまいました。

キュウちゃんが大好きだったハリデビのエコバッグは飼い主さんに託して来たので、きっと天国でもあの上に乗ってリラックスしてくれていることと思います。私にうさぎさんの魅力を教えてくれたキュウちゃん、どうもありがとう。どうか安らかに。そして、もし輪廻転生があるのなら、来世でもまた会いたい!


さて、話は7月のうさぎ島に戻ります。うさぎ島でうさぎまみれ・1日目前半うさぎ島でうさぎまみれ・1日目後半の続きになりますが、よく考えたら食事は似たような画像ばかりなので省略することにして、ひたすらうさぎさんのことをレポしようと思います。

日中は暑くてうさぎさんも元気がなくなってしまうので、早起きして朝の涼しいうちにグラウンドに行くと、


朝ごはんを求めてうさぎさんがたくさん集まってきてくれました。
6


手からも食べてくれる!
7

持参したエサはあっという間に駆逐され、エサがなくなったと分かると、さっさと退散してしまううさぎさん。エサの切れ目が縁の切れ目さ・・・。


こちら、空になったエサ袋の中の残りかすを漁るうさぎさん。
8


あのー、ひっくり返しますよ・・
9

と思ったら案の定ひっくり返し、


ペレット粉まみれに・・(笑)。
10


キュートな子兎さんには、隠し玉のチモシースティックをプレゼント。
11

ガリガリ美味しそうに食べてくれました。


ちなみに今回はパワーアップした豪華なランチボックスを用意!
12

ネットでうさぎさんに良い野菜やフルーツを調べ、えっさおっさ家から担いで行ってお部屋で刻み、


新鮮なランチボックスを毎回たくさん用意したのに!!
13

うさぎ島のみんなは、野菜やフルーツよりもペレットに夢中という衝撃の事実!お宿のフロントでまんぷくチモシーというペレットを売っているのですが、こっちの方が圧倒的に食いつきが良い!キャベツやリンゴはまだしも、小松菜なんて食べてくれない子もいました(涙)。



まんぷくチモシーを見た途端、くわえていたキャベツをポイっと捨ててまっしぐらだったのはショックでした。もう苦労して野菜など持って行くまい・・!

山の中に行くと、


この日もあの小さい子に会えました。
14

最初にうさぎ島に行ったとき、島で一番小さかった子兎さん。前日にも会えてホワホワでしたが、このスポットに行けば毎日会えることが判明。勝手にミニちゃん(←大きくなったときのことを考えていないネーミング)と名付けて見守ってます(笑)。


いとこ夫からキャベツをもらうミニちゃん。
15


はぐはぐ。
16

キラキラのお目目がたまらなくキュート♪


展望台は前日同様、暑くてうさぎさんの姿はナシ・・・。
17

それでもエサの気配を感じると出てきてくれますが、ここまで自転車をこいできた人間もバテバテにつき、


バイキング形式でお楽しみいただきましたー。
18

なるべく日陰の涼しいところであげましたが、どうにもこうにも暑かった・・。


ちなみに、日中のグラウンドはこんな感じでガラーン。
1

暑すぎて人も兎も出てきません(笑)。


しかし、海は透き通っていて美しい〜!
2

ただ、このときまだ7月前半。海開き前なのでした。。。


木陰で寛ぐうさぎさん。丸くてモフモフのヒップラインに釘付け!!
4

朝と夕方の少し涼しい時間帯は貴重なひととき。夕暮れ前のグラウンドに出ると、


日中はぐったりしていたうさ達が大集合!
6

モフモフの塊!


タッパーに入るのは子兎さんの定番スタイル。
5

そのままフタしてお持ち帰りしたくなる衝動をこらえるのも定番に(笑)。


エサがなくなると、リラックスモードに入るうさぎさん達。
7

掘った穴に身体を沈めている姿が妖艶です。




夕食の後は、うさんちゅカフェでアイスコーヒーを飲んでこちらもリラックス。
8

アーモンド入りしかなくなってしまってガッカリだったアイスウィンナーですが、アーモンド入りの金額さえ支払えば、アーモンド抜きでも作ってもらえてありがたや〜。ちなみに、最近スタバの新作のアーモンドフラペチーノを夫に一口もらったら、途端にクシャミ&鼻水が出てきて、やっぱりアーモンドもアレルギーなのかなと思う今日この頃なのでした^^;

天国のようなうさぎ島のレポはもうちょっと続きます。

よろしければ、 ランキングに1クリックお願いします♪


【関連記事】
●うさぎ島でうさぎまみれ・1日目前半
●うさぎ島でうさぎまみれ・1日目後半
●うさぎ島の思い出2
●うさぎ島の思い出3