コージーコーナーのハロウィン こんばんは、いとこです。

ベガス旅行記の続きを書こうと準備しているところなのですが、次に書く予定のシーザースパレスのバフェの写真が多すぎて、選定・構成に時間がかかっております・・・。楽しみにしてくださっている方には大変申し訳ありませんが、今しばらくお時間いただければと思います。スミマセン!

今日は食べたてホヤホヤのコージーコーナーのレポをお送りいたします。毎年楽しみなあのケーキが今年もやって来た!

ブログランキングに1クリックお願いします

2005年の秋に初めて食べたときから、愛してやまないコージーコーナの「かぼちゃのタルト」。この時期にしかお目にかかれないスイーツで、毎年ちょっとしたアレンジが入ったりはしているものの、いつも美味しくて、本当に毎年楽しみにしています!


今年も出会えて嬉しいーー!
2

最初に見つけたときは、ショートケーキが2個買うと安くなるペア売りというのをやっていて、ついそちらに浮気をしてしまったのですが(笑)、今回のこそはお持ち帰りする!

他にも魅力溢れるケーキが並ぶ、コージーコーナーのハロウィン。


鳴門金時のタルトも美味しそうならば、
3

カラフルなモンブラン群にも目をひかれ。
4


熊本和栗と鳴門金時のロールもありました♪
5

どれも秋らしさいっぱいで、ハロウィンのトッピングもキュート!他のハロウィンケーキも気になりつつ、


この3点をお持ち帰りしてきました〜。
6


こちらが2013年バージョンのかぼちゃのタルト。
7

上にシューがドーンと飾られた今年のかぼちゃのタルト。生クリームの厚みはまあまあで、フィリングのかぼちゃは柔らか&なめらかな食感。ほっくりとした優しい甘さのかぼちゃと生クリームの組み合わせはやっぱり最高で、2013年バージョンも満足度高し!

この記事の最後に、2005年から2009年までのかぼちゃのタルト遍歴(笑)を載せておきますので、よろしければそちらもご覧いただければと思います。個人的な好みから言うとシューは要らないので、以前のような生クリームとタルトの厚みがベストかなああ。


2つ目は、鳴門金時のタルト。
8

てっぺんでちょっぴりウネウネしている生クリームに惹かれてみました(笑)。こちらはサクサクの香ばしいタルトが土台なのですが、このサクサク感とクリーミーな鳴門金時クリームの組み合わせもGOOD!


いとこ夫には、プチデコレーション「コージープリンセス」を。
9

あまりカボチャ等の秋スイーツは好まない夫には、シンプルな苺&生クリームのケーキを選んでみたところ、やっぱりこちらの方が好みだった模様。でも、間にサンドされているのが苺クリームだったのにはちょっとガッカリしていたようで、逆に苺クリームLOVEないとこは次回そっちを食べてみたくなったり(笑)。

コージーのハロウィンスイーツはこれからまだまだ登場するようで、10月11日発売のおばけのかぼちゃケーキは、カップケーキみたいで可愛らしく、パンプキンタルト(ディズニー)は、たっぷりのかぼちゃ生クリームに釘付け!食べてみたい!!

身近なところでお手軽に楽しめるコージーコーナー。今年もかぼちゃのケーキをありがとう!

今後もスイーツレポを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪


【関連記事】
●コージーコーナー  2005年10月
●コージーコーナー 2006年10月
●コージーコーナーのハロウィン 2007年10月
●コージーコーナーのハロウィン 2008年10月
●最近のスイーツ 2009年11月