シーザースパレスのBacchanal Buffetでランチ こんにちは、いとこです。2回に分けてのレポになる予定ですが、やっとこシーザースのバフェの画像をまとめられたので、【2013年1月ニューヨーク&ラスベガス旅行記】の続きをお送りします。

ラスベガス滞在4日目。レンタカーを返却した後、タクシーでシーザースパレスに移動してきたももさん&いとこ組。軽く迷子になりながら、シーザースのビュッフェレストラン「Bacchanal Buffet」にやって来ました。時間は13時過ぎ。スーツ姿のCES組も多く、長蛇の列が出来ていていて、20分ぐらい待ってから店内へ。

ブログランキングに1クリックお願いします

去年の9月にオープンしたばかりのシーザースパレスのバッカナルバフェ。

現地レポには、シーザースのホームページに料理の鉄人ちっくなPVがあると書いたのですが、今見たらもうなくなってしまっていてちょっと残念。営業時間や料金は公式サイトに書いてありますが、このときは、ランチタイムで1人$31.99(税別)でした。

案内されたテーブルは、デザートセクションのすぐ近く。お料理にはちょっと遠いけれど、個人的にはウホ(笑)。早速デザートを見に行ってしまったのは言うまでもありませんが(笑)、まずはお料理からご紹介したいと思います〜。

店内はとにかく広く、お料理が並ぶBUFFET台が奥までズラーーっと並び、アメ食はもちろん、イタリアン、メキシカン、中華、和食、シーフード、サラダ、デザートなどなど、どのコーナーも盛りだくさん。目に入ったものから取ってしまうと、後で食べたいものがいっぱい出てきて後悔しそうなので、まずは端から端までチェックして行ったわけなのですが、こんなに広大なバフェはなかなかないのでは!?というぐらい広い!


色の濃い新鮮な野菜が並ぶサラダバー。
2


コールスローやクスクスなど、和え物系サラダも魅力的。
3


私は食べられませんが、ハムのラインナップもスゴイ!
4


イタリアンのセクションでは、見るからにクリスピーそうな生地のピザが♪
5


ペンネやミートボールなど、いとこ姉がいたら喜びそうなお料理も。
6


ラザニアやリガトーニは、お洒落なグラタン皿に盛り付けられ。
7

このお洒落な盛り付けがバッカナルバフェの大きな魅力の一つで、私のようなお肉が食べられない人でも、見ただけでテンションが上がるような素敵なお料理やディスプレイがいっぱい。楽しい!


見るからに具だくさんのクラムチャウダーに、
8


濃いめの色とトロみにウットリのパンプキンスープ、トマトバジルのスープも。
9

ストウブのお鍋に入ったスープは、更に美味しそうに見えてきます。ここ以外にも店内にはストウブ製品が使われていた記憶で、こちらもこのバフェが素敵に見える要素の一つかなと♪

↓チェリーのように真っ赤なストウブのお鍋に憧れる・・



これはコーンブレッドだったかな!?
10

画像から溢れ出るホクホク感!


そして、こちらがこの日の私にとってのハイライト(笑)。
11

現地レポにもUPした、メキシカンコーナーのトッピングなのですが、すごい種類が揃えられていてビックリ。しかも、これまたお洒落な瓶に入れてディスプレイされているんですよね。


タバスコ的なボトルもこんなにいっぱい。
12

きっと死ぬほど辛いのが混ざってたりするんだろうなと思いつつ(笑)、メキシカンコーナーで肉抜きオリジナルタコライスを作るのが大好きな私にとっては、ひたすら夢のようなコーナーでした。


タマリ(Tamales)は、メキシコ風のチマキと以前どこかで見たような。
13

ライス、トルティーヤ、ファフィータなど、トッピングと共に充実のメキシカンセクションでしたが、ももさんが楽しみにしていたチリがないとのことでガッカリしていました。これだけ揃っていてなぜチリがない!?


アメリカンなセクション(たぶん)には、可愛らしいミニバーガーが。
14

スライダー!

真ん中にサンドされているパテが分厚くて、買ったら高そうな高級バーガーの雰囲気です。↑はサーブ前のものだったのか、


こんな感じでブッフェ台に並んでいる画像もありました。
15

カラフルなプレートと共にポップな雰囲気に♪


そして、これまたお洒落だった揚げ物セクション。
16

フライドチキンやフィッシュ&チップスがこんな感じで並べられ、たった今油から引き揚げてきました的な、揚げたて感のある演出がイイ!


ロブスターコーンのチャウダーもあり、本当に豊富な食材で溢れている!
17


思わず目を奪われた、こののディスプレイ。
18

上からドロドロと流れてきたハチミツが下の器に貯まって行く様子は、なかなか見る機会のない光景だなあと。どこまでもゴージャスなバッカナルバフェ!

まだまだブッフェ台は続き、


アジアンなセクションには、スシロールが。
19

天むすみたいなスシロールがある!


枝豆、わさび、ガリはお好きなだけ〜〜
20

この大量のワサビを見ると、また付け過ぎてしまうアメリカ人が続出するのではと、つい心配になってしまう余計なお世話隊(笑)。


点心も種類豊富に並び。
21


あの壺に入ったチキンスープも気になる存在。
22


好きなヌードルを作ってくれるコーナーもありました。
23


そして、いとこ夫が喜びそうな春巻き&揚げ餃子がゴロンゴロン!!
24


更に骨付きカルビもあり、いつかいとこ夫とゆかいな仲間たちを連れてきたい〜!
25

いとこ夫の愛する麻婆豆腐もあり、ここに連れてくれば、しばらく吉野家やパンダエクスプレスに行きたいと念仏のように唱えられることもなくなるのでは・・・(笑)。

ちなみに、アジア料理セクションは奥まったところにあったのですが、この近くのテーブルが見事に中国人と思しき方々で埋め尽くされていたのも圧巻でした。彼らが中華料理の近くを希望したのだろうか!?

歩き疲れたからなのか、それとも個人的な好みのせいなのか、ハイライトとなるはずのお肉料理&シーフードセクションの写真を一枚も撮っていなかったようです(笑)。ただ、お肉料理の充実度に比べると、お魚料理が少なく、シュリンプやオイスターといった生のシーフード以外には、サーモンのグリルぐらいしか見当たらなかったのでした。


テーブルに戻ると、アイスティーが運ばれていました。
アイスティー

ギムネマみたいな味のするアリアのアイスティーみたいなものだったら嬉しいなと思いましたが、ここのは普通のアイスティー。


そして、こちらがいとこセレクション。
26

あれだけ充実しているお料理の中から選んできた割には貧相な感じがしますが(笑)、食べたいものを食べるのです!キリッ


肉ナシオリジナルタコライスが美味しくて幸せ!!
サワークリーム

スパイシーなライスに、たっぷりのワカモレ&サワークリーム&サルサ!これだけでこんなに美味しいなんて、メキシカンミラクル!日本では高級なサワークリームを好きなだけ食べられるというのも嬉しいところ。


具だくさんのクラムチャウダーは、ちょっと味が濃かったような記憶。
クラムチャウダー


揚げたて感溢れるフィッシュ&チップス。
フィッシュ&チップス

お疲れ気味の身体には、オイリーさがキツかったような・・。


こちらはお代わりプレート。
27

アジア料理セクションにあった焼きそばがおいしくて、これは日本人も心休まるお味!しかし、エビ餃子はツナギに豚肉が入ってるようなお味がして撃沈。。


スペシャル美味しかった、マカロニ&チーズ!
マックチーズーーーー!!

超こってりクリーミーなマカロニ&チーズがバフェで食べられるなんて嬉しい!しかもさすがは本場アメリカ、このクドさと単調なお味(←褒めてます)が素晴らしい!おいしかったあああ〜!

私の場合、高級食材は食べられない物が多く、時間をかければ食べられても一度に入る量はあまり多くないので、バフェは全然モトが取れない=バフェ不向き人間なのですが、美味しいものを適量食べれて結構満足。でも、こうして見ると、やっぱりモトは取れてないかなと(笑)。

自分で選んだお料理だけでは寂しいレポになるところでしたが、


ももさんセレクションの画像を提供していただけました!(ありがとう〜)
1

牛乳瓶みたいな瓶に入ったオレンジジュースが美味しそう♪


先程のロブスターチャウダーや、お肉などなど。
2


シーフードはこんなラインナップがあったのね。
3

あのエビは私も食べましたが、プリプリで食べごたえあり!美味しかった!


そして、やっぱりももさんも撮っていたハチミツ写真。
4

やっぱりこれは気になりますよね♪

ちなみにももさんのバフェのご感想は、お味は良いけどお値段もそれなりよね・・あと混雑も・・とのことで、私も右に同じな感じです^^;

こんな感じで、とてもゴージャスだったシーザースのバッカナルバフェ。LIVE感覚のオープンキッチンも活気のある雰囲気を演出していて、いるだけでワクワクしてくるような楽しい雰囲気が魅力かなと思いました。個人的な好みでは、やっぱり一番好きなアリアのバフェに行ってしまう気もしますが、お料理の充実度は素晴らしかった!

お次は、デザート編をお送りします。

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪