NYNYのIl Fornaioでイタリアンディナー こんばんは、いとこです。またもや間があいてしまいましたが、【2013年1月ニューヨーク&ラスベガス旅行記】の続きをお送りしようと思います。あと2回ぐらいで終了する予定です。

ラスベガス滞在四日目。シーザースのバフェで遅めのランチを食べて、ベラージオをブラブラ歩いてプラハリに帰還したももさん&いとこ組。夜は「KA」のチケットを取ってありますが、満腹になったら眠くて眠くて。。とりあえず2時間の休憩タイムを取ることにして、一旦解散。

ブログランキングに1クリックお願いします

しかし、現地レポに書いたとおり、私は荷物が全部収納できるかどうか気がかりで、結局全く眠れず。翌朝のチェックアウトに備えてパッキングをしていたら、あっという間に集合時間を迎え、ネムネムのまま夜の街へ〜。


ももさんとタクシーでMGMに移動したら、まっすぐKAシアターへ。
2

以下、現地レポに書いた感想そのままですが、やっぱり観賞直後の生の感想が一番よいと思うので、そのままコピペいたします↓

はああああ!やっぱり「KA」は素晴らしい!劇場に一歩足を踏み入れた瞬間にKAワールドに誘われ、あの舞台装置は常設劇場ならでは!とにかくスゴイ!!印象に残る音楽の数々、人間技とは思えぬアクロバットな演技、心が震えるラストシーンの演出!途中全く落ちていなかったと言えば嘘になりますが(おい)、大好きなシーンはしかと胸に焼き付けてきました。何度観てもKAは素晴らしい。極上のエンターテイメントがここに!!

コピペここまで↑

ちなみに、今回は一番安い席(最後列から2列目)で観たのですが、やっぱりもうちょっと前で観た方がより感動が大きいなあと思いました。遠すぎると臨場感が乏しくなってしまうのと、マナー違反の観客がカメラ撮影→フラッシュピカ〜→係員が注意に来るという光景が割とあちこちで繰り広げられ、これが視界によく入ってしまい、その度に現実世界に引き戻されてしまうんですよね(汗)。

かと言って、昔かなり前方(1ケタ列)で観たときは首が痛くなってしまったので、やっぱり個人的には真ん中あたりの列が理想的かなあと思いました。

終演後はMGMから歩いて歩道橋を渡り、お向かいのニューヨークニューヨークへ。


やって来たのは、またもやイタリアンのIl Fornaio!
7

この日、朝食も食べたレストランですが、とっても気に入ってしまったのと、MGMから近いということで、本当に1日2回訪れてしまいました(笑)。

しかし、ゆったり優雅な雰囲気だった朝食タイムとは打って変わって、スーツを着たCES組で大混雑。良く言えば活気溢れる雰囲気で賑やかなのですが、10分ぐらい待って案内されたテーブルがとても狭くて窮屈で・・。


とりあえずはパンが運ばれてきました。
3

朝食時のカリっとフワっとしたあのパンがまた食べられるかな?と思っていましたが、ディナーはまた別のパンでちょっとガッカリ。でも、こちらのパンも温められてはいないものの、ちゃんとオリーブオイルとマッチするパンで、これはこれで美味なのでした♪


ちなみにテーブルはこんな感じで、あとお料理が2つも来たら乗らなくなってしまいそう。
4

二人掛けの小さなテーブルということもあるのですが、お隣のテーブルとの間隔も狭く、反対側は壁で、とっても窮屈で騒々しくて・・。ベガス最終日の晩餐がこの環境とはちょっと残念だなあと思っていましたが、結局お料理がテーブルに乗り切らなくなってしまい、ももさんが空いた別のテーブルに移らせてとお願いしてくれたおかげで、


広々とした丸テーブルに移動することができました〜。
5

圧迫感から解放された〜、嬉しい〜!ももさんありがとう!これでようやく落ち着いて食事ができるようになりました♪

お料理は全てシェア前提でオーダー。


バルサミコドレッシングのサラダは、さっぱり感がGOOD!
6

濃い緑色のフレッシュな野菜が乾いた身体に染み込みます〜。


前菜からもう一品選んだのはカルパッチョ。
7

メニューのカルパッチョの文字を見て、カルパッチョ=魚と勝手に勘違いをしたドジっ子2人(笑)。出てきたのはお肉でノォォォォ!帰国後、あちこちで「普通カルパッチョと言ったらビーフ」だよと言われ愕然としました(笑)。確かにメニューを良く見たら思いっきりBEEFと書いてありましたね(笑)。

ということで、肉嫌いの私は食べられないので、ももさんにお願いしてしまいました。ごめんよ・・(涙)。


現地レポにもUPした、トマトソース&シーフードのリングイネ。
8

これが絶品で、ロブスター、サーモン、メカジキ、それぞれ違った食感のシーフードがとても美味しいスパイシーなトマトソースと絡まって、悶絶級の美味しさ!

現地レポにも書いたとおり、これは絶対また食べたい!と、NYNYのホームページを見てみたのですが、ディナーメニューにもランチメニューにもそのようなパスタは見当たらず・・。そもそも、こんなにパスタメニューが豊富ではなく、2種類しか選択肢がなかった記憶なので、もしかしたらこのときはCES対応のスペシャル簡易版メニューだった可能性あり。

ついでにレシートを見てみたら、<LING.SPECIAL $23.99>と表記されていたので、日替わりパスタ的なスペシャルメニューだった可能性も。も、もしかしてもう食べられない・・?(号泣)

どうかまたこの美味しいパスタに出会えますように!!


食後、いとこはコーヒーを飲んでホっ。
9


そして、別腹デザートタイムです〜♪
15

想像よりも巨大なデザートが運ばれてきてしまいましたが、ベガス最後の晩餐だし、目いっぱい楽しみます!


涼しげなグラス入りのドルチェは、ザバイオーネ。
10

ザバイオーネとはなんぞや?と思いつつも、ドルチェメニューのフレッシュホイップクリームの文字に惹かれてオーダーした記憶(笑)。(※ウィキペディアには洋酒を加えて煮詰めたカスタードクリームと書かれていた・笑)


確かにホイップクリームもちょこんと乗ってます。
11

フワフワクリーミーでなかなか美味しかったと思いますが、確か洋酒が結構キツく、下戸2人にはちょっと厳しかったような記憶。


ティラミスは素晴らしいお味でした〜♪
12


上だけでなく、中からもパリパリチョコが出てくるのがポイント。
13

洋酒がキツくないのも嬉しく、こちらは下戸に優しいデザートでした。


お会計は、チップ別でこんな感じ。
14

広めのテーブルに移動させてもらってからはゆっくり食事&お喋りを楽しめて、お料理やデザートも美味しくて、大満足だったイル・フォルナイオでの最終日ディナー。他のパスタも食べてみたいし、朝食のワッフル&憧れのベジオムレツも食べたいしで、絶対また行きたいお店です!

ディナーの後はタクシーでプラハリに戻り、これにて楽しかったベガス滞在もおしまいに。最後の勝負にカジノに繰り出すももさんとお別れしたら、早朝チェックアウトに備えて早めに就寝。ももさーん、4日間楽しかったです!ありがとう〜!

お次は、バンクーバーを経由してエアカナダで帰国編をお送りします。

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪


【関連記事】
●NYNYのIl Fornaioで絶品朝食