ナイハンビーチ@プーケットでビーチタイム いとこ姉による【2013年7月タイ旅行記】をお送りします↓

ヴィラゾリチュード滞在三日目、ホテルの無料シャトルバスでナイハンビーチへお出掛けするいとこ姉家。丘に位置するヴィラゾリチュードにはビーチが無い為、毎日一往復プーケット南部のナイハンビーチへの無料送迎があります。

ブログランキングに1クリックお願いします

ヴィラ ゾリテゥード リゾート&スパの予約はエクスペディアで


シャトルバスの集合場所はロビー。
2

息子がかぶっている麦藁帽はお部屋に備え付けの物。


ロビーからの眺めは抜群!望遠鏡も備え付けてあり、息子は大喜び。
3

↑別の日の写真ですが、チャロン湾の船まで見えました。


シャトルバスの準備も出来、出発〜。
4

シャトルバスはとてもキレイな小型のバンを利用。この日ビーチへ行くのは、外国人カップルと我が家の二組でした。プーケット島南部のナイハンビーチまでは、ホテルから約40分程。大きな貯水池の脇に屋台が出ている広場があり、そこでバスを降車。


三時間後に同じ場所に迎えに来てくれるそうで、放牧タイム開始!
5


広場から木立を抜け歩いていくと、とってもキレイな海が!
6

ナイハンビーチはサーフィンスポットのようで、この日も波が高め。ビーチは遊びに来ているタイ人のファミリーと、白人の観光客が圧倒的多数。


とりあえず日差しを避けるため、パラソル&デッキチェアをレンタル。
7

ずらりと浜辺に並んだパラソルは有料で、お値段一日300バーツ(約900円)。バンコクナビの数年前の記事によると一人100バーツとなっているので、我が家三名分の料金でした。


さらさらの砂が気持ちよいビーチです。
8


息子とダンナは波打ち際で波乗り(?)に夢中。
9

この日は本当に暑く、良いお天気でビーチ日和。日焼けをしたくない私はパラソルの下でお昼寝。ZZZ

しばらくすると息子とダンナが戻ってきて、パラソルの裏手の方にキレイな浅瀬があるから見に来いと。


渋々起きて(笑)、息子に付いて行くとスグ裏手にキレイな浅瀬が。
10

海は波が荒いので、キッズはこちらで遊んでいます。この浅瀬に面したパラソルを借りれば良かったなー。


潮溜まりなのでしょうか。透明度の高い浅瀬です。
11


息子がヤドカリがいるよ、と見せてくれました。
12

他にも小魚が沢山居て、ほのぼの。水も日差しで温められてて温泉みたい〜。気持ちよい〜♪


この後は海も楽しみつつ、ナイハンビーチを満喫。
13

迎えまで一時間位前にビーチを切り上げ、コバラが減ったのでお店を探すもコレといったレストランが無い。(レストランはあるけどガラガラでやっているのか判らない・笑)


仕方なしにピックアップポイントの広場の屋台を覗いて見ると、美味しそうなフルーツの屋台を発見!
14


まな板も清潔だし、お店の方も手袋をはめてカットして大丈夫そうなのでマンゴーをオーダー。
15


カットしてくれるのを待っている間ふと見ると、缶に香川選手を発見!
16

マンUは人気があるみたいで、タイでも香川選手を良く見かけます。頑張れ、日本男児!


200円程で袋いっぱいのマンゴーをGET〜
17

ナム様ではないけれど、美味しいマンゴーでした。でもやっぱりナム様が一番好き。


フルーツ屋台の裏手では、バイクのお姉さんが何とも暇そう・・・ってこれは、ずっと捜し求めていたココナッツアイスの屋台ではありませんかーーーー!
18

バイクのサイドカー(?)の部分を改造した移動式屋台のアイス屋さん。バンコクナビで見て、アイスの屋台なんて素敵〜とウットリしていたのです。

呼吸が荒くなりながら、お姉さんに値段を尋ねるとナンとお値段20バーツ!60円です。安い〜と言う事で一つオーダー。


アイスの缶の蓋を開けて、アイスを盛り付けてくれます。缶がレトロで可愛い〜♪
19


山盛りのココナッツアイス〜
20

これがめちゃくちゃ美味しい!優しい甘さに家族で夢中。奪い合いに(笑)!激ウマ!


走り出したお姉さんを追い駆けて(私がビーサンで猛ダッシュ・笑)、追加で購入。
21

本当に美味しい。今まで食べたココナッツアイスで一番かも。絶品でございます。


息子も「秋田のババヘラアイスを思い出す〜」と大喜び♪♪
22

この後バンコクでもを常にセンサーを発動させてココナッツアイスの屋台を探していたのですが、バンコクでは結局見付ける事が出来ず(涙)。激ウマだったので、また是非食べたいなぁ。ネットで検索したら、チャトゥチャックのウィークエンドマーケットに出ているようなので探してみたいです。

他にも肉、魚のグリル系の屋台がもうもうと煙を出して人を集めていてかなりそそられましたが、過去に南米で物凄い食あたりをした経験があるので止めておきました(涙)。
23

時間通りにお迎えのバンもやって来て、ホテルへ帰還。何だかナイハンビーチの思い出は、ココナッツアイス屋台が大半を占めているような気がしますが。それ位衝撃の美味しさだったと言う事で(笑)。シャワーを浴びてさっぱりしたら、夕食に出掛けます。

次回、セントラル・フェスティバルのフードコート編に続きます。
----

以上、いとこ姉によるタイ旅行レポをお送りしました。山盛りココナッツアイス・・・(遠い目)

姉のモチベーションUPのため、ブログランキングに1クリックいただけるとありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

なお、姉の旅行記へのご感想等につきましても、ツイッター(@itokosan)に送っていただければ、本人にお伝えさせていただきますのでお気軽にどうぞ♪