バンコクのマンゴツリー本店でディナー いとこ姉による【2013年7月タイ旅行記】をお送りします↓

タイ最後の夜は、スラウォン通りのマンゴツリーにディナーにやって来ました。前回のタイ旅行で初めて本店でディナーを頂き、すっかり気に入ってしまったいとこ姉家。今回もマンゴツリーで〆ますよ。

ブログランキングに1クリックお願いします

相変わらず周辺は怪しげな雰囲気ですが、この壁の内側は別世界〜
2

今回も事前に電話で予約していきました。


ウェイティングエリアから見たテラス席方面。
3

祠もあってタイ情緒満点です。


店内は品の良い仏像等の調度品が飾られて落ち着いた空間。
4

今回もお席は屋内の二階席。夜になっても気温の下がらないバンコクで、テラス席はちと厳しい。


テーブルセッティングが可愛い♪
5


メニューを眺めながら何をオーダーするか相談していると、お通しがやって来ました。
6

エビセンです。


息子が気に入ってヤムヤム。
7


メニューは日本語併記もされていますが、タイ語の発音をカタカナ表記にしただけなのであまり役に立たない。笑
8

あれこれ悩んでオーダー完了。


エビセンをポリポリつまんでいると、ドリンクが運ばれてきました〜
9

ダンナはシンハではなく、今日はチャンで。


息子はマンゴースムージー。
10


私はスイカジュースで乾杯〜
11

じんわり甘いスイカジュースに満足。日本でもタイのように気軽に飲めるようになったら良いのになぁ。

お料理もどんどこ運ばれてきます。


前菜系でエビの揚げ春巻き。
12

大きい海老一尾を丸ごと春巻きにしてあります。カリッパリッな皮の中にプリプリの海老が入っていて、悶絶の美味しさでした。


スイートチリソースに浸けて頂くと、もう最高!
13

尻尾までぺろっと頂けます。


サテラーの息子には、お約束のチキンサテーを。
14


ほのかにスパイスが効いた美味しいサテーだそうで。
15

焼加減も程よく、見るからにジューシーな歯応え感が伝わってきます。


満足気な息子でした。
16

前回頼んだレッドカレーが美味しかったので、今回も同じ物を頼もうと事前に自分のレポを確認して行ったのに。。


どれだったかすっかり忘れて、適当に頼んだらグリーンカレーが出てきました。
17

物忘れが酷いのは歳のせいなのか・・・涙 (歳のせいだな!byいとこ)

とはいえクリーミーな美味しいカレーでした。

ハーブやスパイスがふんだんに使われたタイカレーは、代謝をUPさせてくれるのでダンナも私も最近好んで食べています。若かりし頃はバターやオイルたっぷりのフレンチやイタリアンが大好物でしたが、アラフォーになって感じるのはアジア料理の身体への優しさ。食べ過ぎても胃にもたれないし、体重も不思議と増えないんですよね。やっぱりアジア人にはアジアのご飯が一番だ〜


白米は別にオーダーすると、恭しく金の器からサーヴしてくれます。
18


プチっとした五穀米風のお米に、スパイスの効いたカレーが最高にマッチ。
19

ゴロッと大きいエビとお野菜がたっぷりで満足感も充分。この味は日本では食べられないと、ダンナも大喜びで食べておりました。やっぱり本場で食べるタイカレーは、抜群に美味しい。東京のこじゃれたお店で出てくる物とは全くの別物です。


プーケットで食べたパイナップルチャーハンがイマイチで不完全燃焼だったので、マンゴツリーで食べ納め。
20

やっぱりパイナップルの器に入った豪華バージョンが食べたい!


チキンとパイナップルがたっぷり入っています。
21

ほのかにスパイスの効いたご飯にパイナップルの瑞々しさが絶妙なハーモニー♪とても美味しく頂きました!コレガタベタカッタ!

マンゴツリーの味付けは、外国人をターゲットにしている為か辛すぎずソフトでとても食べやすいです。タイ料理上級者が求めるようなパンチの強さはありませんが、私達のような子連れファミリーにはとても合っているように感じます。周りのテーブルは欧米の観光客や、日本企業の接待風のグループも多く見られました。雰囲気と言い、味付けと言いハズレの無さが重宝するのでしょうね。バンコクに行ったら必ず行きたい、我が家のお気に入りです。


ちなみにJCBで5%引きになりました。ホクホク
22

大満足な最後の夜のディナーを終えたら、ホテルへ帰還。チェックイン時に頂いたウェルカムドリンク券が未だ残っていたので、ホテルのラウンジで夜お茶を頂きます。


生演奏の流れるムーディなロビーラウンジ。
23


窓からはライトアップされた庭園が眺められました。
24


サービスのナッツ。
25


私とダンナはアイスティー。
26


アイスティーにはクッキーが付いてきました♪
27


アイスティーは氷もアイスティーで作られていて、氷が溶けても薄まりませぬ。
28

さすがのデュシタニクオリティでした。


息子はスイカジュースを飲み納め。
29

濃くて美味しかった様子。今回も沢山のスイカジュースを飲んだね。

明日の朝にはもう帰国。あっという間の6泊。まったりお茶を頂きながら、家族で旅を振り返るのは楽しいながらも帰国前の切なさを感じる一時でした。

この後はお部屋に戻りパッキングタイム。プーケットから移動してきたので、それ程大変ではありませんでした。やっぱり事前に済ませておくのって大切なのね。。

次回はタイ旅行記最終回。機内編に続きます。

よろしければ、 ランキングに1クリックお願いします♪