サンディエゴ3日目 こんばんは、いとこです。全く現地からではありませんが、【2013年12月サンフランシスコ・ラスベガス・サンディエゴ旅行】の現地レポシリーズの続きをお送りしたいと思います。

サンディエゴ3日目は最終日。この日は丸1日サンディエゴ動物園で楽しく過ごす予定でしたが、2日目の現地レポに書いたとおり、前日ディナーのエビにあたったいとこ姉の体調は絶不調。あのエビめ・・!もちろん一歩も外には出られそうにないので、いとこ姉にはホテルで休んでいてもらい、いとこ夫婦がいとこ甥を預かって動物園に行くことに。

ブログランキングに1クリックお願いします 

それにしても、旅先での体調不良は本当にしんどいですよね・・・。この日もいとこ姉はお部屋の窓から見える青い海やプールを眺め、自分は何をしに来たんだろう・・・と、すすり泣いていたそうです(涙)。


朝食はお部屋で済ませていきました。
2

いとこ夫が開けてしまったダブルデヴォンクリームを残り1日でどれだけ食べられるか!?勝負です(笑)。とりあえず、前日JIMBO'Sで買っておいたパンに塗り塗りして食べたところ、パンもクリームも美味しくて最高〜!

FAGEのハチミツヨーグルトもJIMBO'Sでゲット。最近ベガスではトレジョ・ホールフーズ・ボンズと巡ってもノーマルは無く、ヘルシーな2%とか0%しかみかけないので嬉しい&やっぱり美味しい!


そして、ホリデー仕様のサンディエゴ動物園に到着〜。
3

3年半ぶり3度目のサンディエゴ動物園。とはいえ、過去2回は一滞在中に3日間通ったりしていただけに、正確に何回目かは不明(笑)。とりあえず懐かしい。

張り切って開園と同時を目指してきたおかげで、駐車場はまだ良いポジションが空いていましたが、午後になるにつれどんどん混んで来て、パンダ舎に入るのに30分待ちになったりしていました。大賑わい!

久しぶりに朝の清々しいサンディエゴ動物園の空気を吸いながら、3人でパンダ舎目指してテクテク。

ここに来るなら、1歳の誕生日パーティーのために日本からかけつけたユンズ坊やに会えると楽しみにしていましたが、直前にユンジが中国に帰ることが決まってしまい、この日は既に体調チェック等の準備のため非公開となってしまっていて涙・涙。ユン児にもう一度会いたかった〜(涙)!

※ユンジ中国行き決定を知らせるサンディエゴ動物園のブログ記事、涙しながら読みました。

しばし並んでなつかしのパンダ舎に入ると、


バイユンお母さんがわっしゃわっしゃとごはんを食べているところでした。
4

近況報告に書いたとおり、相変わらずの豪快な食べっぷりに、後ろのアメリカ人が「Bamboo eating machine」と言っていたのがツボで(笑)。いや〜、久しぶりにお目にかかるバイユンお母さんはやっぱり美しいパンダさんで、本当に美人さんだなあとしみじみ。


今回は、初めてガオガオお父さんにも会えてハッピー!
ガオガオ

過去に訪れたときは、ガオガオお父さん、バイユンお母さん、スーリン姉さん、チェンチェン、ユン児と、5頭ものパンダさんがいて、ガオガオお父さんはいつも非公開でした。しかし、その後、スーリンとチェンチェンが中国に行ってしまい、更に今回ユン児まで・・ということで、お父さんも展示要員で忙しそう。

そして、サンディエゴ動物園のアイドルといえば、2012年に生まれた小礼物ことシャオリーウー、略してシャオちゃん!!ユン児の弟、まだ小さな子パンダさんということで、会えるのをすごく楽しみにしていましたが、このときはどこにもおらず・・・。どこ行った・・・。

また後で来ればいいねと思ったら、その後は長蛇の列になってなかなか入れなくなってしまったわけなのですが、いとこ甥があちこち見たいというのでとりあえずパンダ舎の外へ。

それにしても広大なサンディエゴ動物園。途中、この道であってるのか!?という迷路のようなトレイルがいくつもあり、あちこちまわるのがこんなにもしんどかったとは、パンダ舎通いしかしてなかったいとこ夫婦は知りませんでした(><)


↓クリックで拡大できます。1日かけても全部は周れなかった広さです。
san diego zoo map


最果てのホッキョクグマエリアまで坂を上って行くと、


干上がったホッキョクグマが・・・(笑)。
5

どこにいるか分かりますかね^^;(↑の画像クリックすると正解の拡大画像を見られるようにしました・笑)

ホッキョクグマエリアのお土産屋さんで欲しいお土産を見つけたいとこ甥に、まだこれから色々あるよ?と言ったことは今でも後悔しています。結局この小山の上の最果ての地に再びそれを買いに来ることになるなんて・・・(::^ω^::)

早くも疲れたいとこ隊。男子2人の希望で、


↓これに乗って下界に戻ることに・・。
6

以前乗ったとき、見た目より相当怖かった記憶が残っているのですが・・・。


乗り場では、例によって自分のゴンドラがどの動物になるかドキドキソワソワ。
7

ホッキョクグマさんに、


ゾウさん、
8


ゴリラと来れば、次あたりパンダさんが来るのでは!?
9

と期待したら、


いやあああああああああ!
10

一番苦手なものが自分に巡ってくるなんて、ああ、私はきっと前世から爬虫類&両生類の何かトラウマを背負って生きているんだろうなあと思いました(*´>д<)


揺れるし高いしで恐怖MAX、大絶叫でしたが、眺めは素晴らしく。
11

遠くにサンディエゴのダウンタウンが見えて、いとこ姉はあの中のどこかで苦しんでいるんだなと・・・(涙)。

絶叫しながらskyfariでエントランス近くまで戻ってきたら、Petting Paddockという、動物たちと触れ合えるほのぼのエリアへ。


↓地図の一番左下にあるエリアがPetting Paddock。
san diego zoo map



ヤギさん?かどなたかにエサをあげるいとこ甥。
12

ここではほのぼの系の動物が放し飼いにされていて、小さなお子様に大人気。なぜここに来たのかというと、旅行中ずっとウサモフしてなくて、ウサモフ充電が切れたいとこがうさぎさんをモフモフできるのでは!?と淡い期待を抱いていたわけなのですが、


うさぎさんは檻の中でした・・・(´;ω;`)
13

人の手が届かない奥の方から動かず、とても疲れている様子。ちょっと可哀想になってしまいました。。ゴメンネ

ヤギ(たぶん)達と戯れたいとこ甥が「今度はあっちに行ってみよう!」というので付き添っていくと、その先にある小屋には小動物やほのぼの動物など見当たらず・・。ここは何なのか?と思ったら、INSECT HOUSEって書いてあるし!!虫!!!


フシギなポーズで虫をじっくり見るいとこ甥。
14


甥っ子から蟻の説明を受けるの巻・・・。
15

蟻はまだしも、他の展示はたぶん見たら気絶しそうな気配だったので、ほのぼのゾーンで座って待っているいとこ夫にLINEで救助&交代を求めるも、ニヤニヤしてなかなか来てくれず・・・。キーーー。

恐怖の虫タイム(いとこ甥は珍しい虫を見れて満足だったらしい)の後は、そろそろランチにすることに。喉渇いた〜!


いとこ甥のキッズコンボは、チーター柄のバッグ付きでした。
16

いっぱい歩いてハラペコだったこともあり、3人でサンドイッチをモリモリ食べて大満足。美味しかったな〜。

食後はまた歩いて鳥やグリズリーを見て周り、


歩き疲れてついにバスに乗りました。
17

これラクチン〜!こんな便利な乗り物に今まで乗らなかったなんて〜!パンダ舎通い専門のいとこ夫婦は知りませんでした!広大なサンディエゴ動物園を巡るには、何種類かあるバスを活用すべきですね。

バスでホッキョクグマに戻っていとこ甥がお目当てのお土産をGETしたら、


歩いてゾウさんエリアへ。
18

ここだけ急にアフリカの雰囲気になって、どこまでもすごいサンディエゴ動物園。

この頃には既にヘトヘト、もう煮るなり焼くなり好きにしてくれ状態でしたが、


ゾウさんの迫力は凄まじかった!
ぱおーん

立派な牙!

ゾウさんエリアを出たら、またバスに乗ってパンダ舎に行く計画を立てバスを待つも、バスは満員で途中からはなかなか乗れず、仕方なくトコトコ歩くことに。最後の力を振り絞ってパンダ舎に行くと、そこは日が傾いてきてもまだまだ長蛇の列ができていて、30分ぐらい並んでようやく中へ〜。


バイユンお母さんの背中〜。
19

子パンダのシャオちゃんはというと、


昔ユン児がよく寝ていた場所でぐっすり眠っていて動かナイ。
20

後列に下がってしばらく様子を見ていましたが、なかなか動く気配はないうえに、パンダ愛はそれほどでもないいとこ甥が飽きてきてブツブツ言いはじめ(笑)。聴こえないフリをしてもうしばらく粘っていたら、


シャオちゃんが起きたあああああああ!
21

奇跡のような瞬間でした!!

もう動いているシャオちゃんを見れないまま日本に帰ることになるのかと諦めかけていただけに、最後の最後でシャオちゃんが起きて下に降りてきてくれたのが夢のようで!きゃわいいよおおお〜!

その後、ママの隣でママの真似をして竹を食べる姿には胸キュンでした。


こうしてすっかり夜になったサンディエゴ動物園にお別れするいとこ隊。
22

正直、いとこ夫婦だけだったら何時間でもパンダ舎に張り付いていたと思うのですが、生き物全般を愛するいとこ甥が色々な動物や虫を見れて楽しんでくれたのはすごく良かったなと思いつつ、あのエビさえなければ、元気ないとこ姉も一緒に来れて、別行動もできたのにな・・・と、あのエビへの恨みは果てしなく(笑)。

混雑してはいたものの、レゴランドよりも敷地が広大なせいか、人ごみ疲れみたいなものはなく、ただひたすら歩き疲れたサンディエゴ動物園。夕食はこの日もいとこ夫が和食スイッチがオン!(っていうかずっとオン)


またミツワにやって来て、カツカレーに酔いしれるいとこ夫。
23

前日のリベンジができてヨカッタネー。いとこは鶏肉をよけつつ親子丼を食べて満たされました。しかし、頑なにIN-N-OUTバーガーがいいと言って譲らないいとこ甥のために、このあとはす向かいのIN-N-OUTに寄ってテイクアウト。どちらの男子も食に関して頑固で譲らず困ります(笑)。

いとこ姉は相変わらず食欲は無いらしく、買って来て欲しいのはコーラとのこと。ミツワでコーラをGETしたら、最後はマトヤにちょっぴり寄って買い物して、ホテルに戻って梨汁ブシャー。疲れたけど充実の最終日でした。

翌日は早朝チェックアウトで帰国のため、せっせとパッキングをして早めに寝るいとこ家なのでした。

次は現地レポシリーズの最終回、JALで帰国編をお送りします。

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪