ビーチタイム@ANAインターコンチネンタル万座&なかむらそば いとこ姉から沖縄旅行記が届きました↓

ANAインターコンチネンタル万座のチャイニーズダイニング花梨で満足な朝食を頂いた後は、息子お待ちかねのビーチタイム!ホテル棟は岬の先端部にあるインターコンチ。ビーチエリアはホテル棟から少し離れたホテルエントランス方面に位置しています。

ブログランキングに1クリックお願いします

↓こんな感じの素敵な海沿いの小道を歩く事も出来ますが、敷地内を巡回しているシャトルバスでの送迎もアリ。
2


ビーチエリアにやって来ると、改めて美しい海だなぁとシミジミ。白砂もサラサラで気持ちが良いです。
2

本島でこのレベルの海なら、八重山等の離島はどれだけキレイな海なのでしょう。行ってみたいな〜

ドラゴンボートに絶対乗りたい息子の為に、インターコンチのHPから事前に予約を入れておりました。


説明を受けて、ライフジャケットを着込んだら早速行ってらっしゃい〜
3
仲良く父子で初挑戦です。


私も一緒に乗ろうと誘われましたが、体力に自信がないので遠慮しておきました。笑
4

エンジンがかかると、あっという間に岬の方まで行って見えなくなる二人。10分程で戻ってきた男子組に話を聞くと、楽しかったけど見ている以上に物凄いスピードだそうで。しっかりつかまってないと振り落とされてしまいそうで、かなりスリリングだった模様です。水飛沫で目も開けられないし、ママは乗らなくて正解だったよ〜と言われました。


ドラゴンボートを満喫した息子の次のお目当てはコレ。
5

海上アスレチック、万座オーシャンパーク

普段は有料ですが、この時はオープン30周年記念で無料で遊ぶ事が出来ました。


息子とダンナは張り切ってGO〜
6

砂浜から見学していると、海上にあるアスレチック自体が海水で濡れているらしく、ツルツル滑って海に落ちるヒトが続出。しかも一度落ちてしまうと、滑りまくって上がるのが大変そう。


私はこちらのチェアで見ていたのですが、
7

皆最初は海上アスレチックに意気込んで向かっていくのですが、滑りまくって落ちまくって、戻ってくる時は揃ってゾンビ状態。笑

ひとしきり遊んでヘロヘロで戻ってきた息子は、「地獄の要塞のようだった・・・」とポツリ。海水で滑るだけでなく、アスレチック自体が波でドンブラコと揺れるんだそうで。しかもこの日は風が強かった為、大揺れだったとか。笑 でも楽しかったらしく大満足の息子でした。

ビーチタイムを満喫した後は、ホテルに戻って大浴場でお風呂タイム。チェックアウト後でも無料で利用させて頂けるので助かりました。

サッパリ入浴後は荷物をピックアップしたら、お世話になったインターコンチにさようなら。こちらのホテル、敷地がかなり広く駐車場まで距離がある為、自分の車までシャトルバスで送迎してくれます。感じの良いスタッフの方に「お気をつけて」と見送って頂けました。ビーチもキレイだし、お食事も美味しいしとても居心地の良いホテルでした。今度はもっとゆっくり滞在したいな〜。



ホテルを出発すると、もう14時過ぎ。朝ご飯をたっぷり頂いたけれど、さすがにお腹が減ってきました。海で遊んだ男子組はペコペコだそうで。


JALで頂いたちゅらなびに出ていた、ホテル近くのなかむらそばへ。
8

なかむらそば

以前オクマの近くの道の駅で食べて、ハマった沖縄そば。東京近郊では中々食べる事が出来ないので、今回は絶対食べようと心に決めておりました。


こちらのお店は食券を先に購入するスタイル。
9


どれも美味しそう〜
10
11

あうあう悩んで食券を購入。食券をお店の方に渡して席に着くと、


目の前にはヘブンリーな海が!なんと贅沢な眺めのおそば屋さんなのでしょう。
12

私達が席に着いた時にはそれ程混んではいなかったのですが、この後14時過ぎという中途半端な時間にもかかわらずドンドコドンドコお客さんが入ってきてあっという間に満席に。外の席まで満席になっておりました。

海を眺めつつ待つ事少々、あつあつの沖縄そばが登場です〜


ダンナの沖縄そば。一番ベーシックなタイプのおそばです。
13

柔らかなトロけるお肉に悶絶のダンナでありました。


一緒に写っているご飯は、ジューシー。
14

JALのちゅらなび提示で無料で頂けました。沖縄版混ぜご飯のジューシーはじゅわっと味が染みて、とっても優しいお味。ウマ〜。こんなに美味しいものが無料で頂けちゃうなんて、ちゅらなび太っ腹です。


息子のアーサそば。
15

海草大好きな息子には堪らないアーサ(一重草)がたっぷり。かまぼこにまでアーサが練り込まれています。


お口に広がる磯の香りに海産物を愛する息子も美味しい〜と大満足♪
16


私のなかむらそば。
17

甘じょっぱい豚肉がおそばに絡んで美味しい〜〜!

それに何と言っても自家製の太め縮れ麺にこしがあって、お出汁の利いた薄味のスープに馴染んでいます。息子のアーサそばはおそばにもアーサが入っていて、お店の麺に対するこだわりが感じられました。今レポを書くに当たり改めてなかむらそばさんのHPを見ていたら、あの美味しさが蘇り通販したい衝動に駆られております。

キレイな海を眺めながら美味しいおそばが食べられて、大満足のいとこ姉家。
お腹がいっぱいになったら、次はベツバラタイムへと向かいます。

次回、ベツバラタイムを含む沖縄弾丸旅行記|最終回に続きます。

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪