MGMのウルフギャングパックでディナー こんばんは、いとこです。【2013年12月サンフランシスコ・ラスベガス・サンディエゴ旅行記】の続きをお送りします。

ラスベガス滞在3日目の夜、タウンスクエアから友人S様ご宿泊のMGMに移動してきたいとこ夫婦。S様と合流したら、MGM内のレストラン「ウルフギャングパック」にディナーを食べに行くことにしました。以前の女子旅で美味しかったあのお料理を男子組にもぜひ食べてもらいたい〜。

ブログランキングに1クリックお願いします

以前のレポはこちらになりますが、深夜にこんなに美味しいお料理が食べられるレストランがあったんだ〜と感動したウルフギャングパック。下手な24時間カフェに行くより断然満足度高い気がする!

このときはまだ深夜ではなく、フツウにディナータイム。


案内された席からは、KAシアターを一望。 2

ちょうど上演中らしく、ひっそりと静まり返っていました。写真には写っていませんが、カジノのストッロマシーンも近くにあって、賑やかでベガスらしい雰囲気を楽しめてイイ!


ディナータイムのメニューはこんな感じ。
3

やっぱり深夜メニューよりもお料理の種類が多いようです。前菜、ピザの他、


メインコースやグリル系などなど。
4


サイドメニューも色々と。
5

前回とても美味しかったミートボルスパゲッティのミートボール抜きバージョンをまた食べたいなあと思っていたところ、男子2人もそれを食べたいとのこと。3人同じというのも芸がないので、私はサーバーさんに肉無しオススメメニューを聞いて、別のお料理をオーダーすることにしました。


まずはソフトドリンクで乾杯〜。
6

男子はコーラ、私はアーノルドパーマー。


たっぷりバターとホカホカブレッドも出てきました!
7

確かこれは深夜にはなかったサービスのような?


ホカホカブレッドにバターをたっぷり塗ると激ウマ!
8

やっぱりパンにはバターですよね!美味しすぎてついつ食べてしまう〜。


前菜は、カラマリをシェア。
9

ディップが前回のワカモレディップではなく、マヨ似のアイオリソースでした。これはこれでまた美味しくて、カラリと揚がったカラマリとの相性もバッチリ。サクサク〜。


私のメインは、ボンゴレ的なリングイネ。
10

凄まじいボリュームにビックリ!


パスタを取り囲んでいるクラムと、てっぺんに鎮座しているエビのグリル!
11

本当はエビとクラムどちらかを選ぶところを欲張って両方と言ったらこんなことになってしまいました(笑)。

お味はパスタ自体は食べ慣れたボンゴレ味で美味しかったのですが、シーフードがうーーん。エビが苦手なタイプだったのもあるのですが、生っぽかったクラムがとことんダメで残念。エビはS様が食べてくれたのでまあよかったかな。。

シーフード追加料金が高かっただけに残念でしたが、トッピング無しならシンプルできっと美味しかったんだろうなあと。もしまた食べる機会があったら具無しでオーダーしたいです(笑)。


男子組のミートボールスパゲッティは、こう見えてもボリューミー。
12

ミートボールがジャンボサイズなのです!


2人そろって同じパスタに舌鼓を打つ男子2人。
13

トマトソースにバジルのアクセントが効いた、シンプルイズベスト系の美味しさ。パスタがちゃんとアルデンテなのもポイント大で、ちょっとシェアさせてもらった私もやっぱりこっちにすればよかったかなあと(笑)。


パスタには、お供3点セットが。
14

ミニボトルのタバスコは貴重なり〜。

食後はゆっくりデザートまでいただくことにして、


コーヒーをお願いしました。
15

ポットサービスで1人2杯以上はいただけそう。ちなみに、友人S様はデザートどころかコーヒーも入らないと言っていましたが、まあそう言わずに・・と勧めてお茶だけオーダーしていました(笑)。


デザートメニューはこんな感じ。
16

深夜メニューよりも種類が多かったり、ラインナップが違っていたりするのは、時期が変わってメニューが新しくなったからなのでしょうか。キャロットケーキ、マンゴースフレ、アップルコブラー、どれも魅力的で迷うううう!


迷いまくってオーダーしたアップルコブラー。
17

ホカホカのコブラーに、バニラアイスがドーン。

個人的にコブラーは生地(クランブル部分)エリアが多ければ多いほど好みなので、リンゴが丸見え状態のこのコブラーはあまり好みのタイプではなかったのですが、甘すぎないリンゴとバニラアイスと一緒に食べると、お口の中で程よくマッチ。

ああ、でもレッドロブスターのアップルコブラーが一番好きだなああと再確認したところで、ムショーにレッドロブスターに行きたくなってしまいました(笑)。ウズウズ


いとこ夫のオーダーは、バニラビーンクレームブリュレ。
18


フルーツが飾られ、目にも鮮やかな美しきデザートです〜。
19

現地レポにも書いたとおり、これが超激ウマ!パリパリの表面を破ると、中はとろとろクリーミーで、まさにとろける美味しさ!いとこ夫ご満悦の巻で、これは日本人の味覚にもきっと合うハズ。また食べたい〜。

私のシーフード贅沢乗せパスタのせいで高くなってしまって、「まあまあ美味しいけど高かった」と男子にはやや不評だったウルフギャングパックですが(スンマセン)、KAシアターやスロットを眺めながらの食事はベガスっぽい雰囲気を楽しめるし、サービスも素晴らしく、やっぱり私は好きなお店だなあと思いました。特に、深夜は貴重なお食事スポットとしてこれからも活用させていただきたいです!

店舗の詳細はMGMのホームページに載ってます

食後はカジノタイム。男子組がクラップスで遊ぶも、MGMではさっぱりツキがなく、


ブルックリンブリッジを眺めつつ歩道橋を渡り、
20


お向かいのNYNYのカジノへ移動〜。
21

クラップス台を探してウロウロしていると、急に盛り上がってきたエリアがあったので行ってみると、


マイケル・ジャクソンそっくりさんによるお立ち台ショーが始まったところでした!
22

↑みんな一斉に撮影開始(笑)。キレキレのダンスに大盛り上がり!やっぱりベガスは楽しい〜〜。

NYNYのクラップスには神シューターが2人ぐらいいたおかげで、超盛り上がるし儲かるしでウホウホ!高かったウルフギャングのディナー代も余裕で出てしまって、いとこ夫もホクホク。盛り上がるクラップスほど楽しいものはないですね〜と、見物専門の私が言ってみるの巻(笑)。

楽しく遊んだ後は、もちろん勝ち逃げして(笑)Vdaraに帰還してラスベガス3日目が終了。


寝る頃には夜が明けてきました(笑)。
23

イエス、不健康バンザイ!

滞在4日目は、マリー・カレンダーでのランチ編からスタートします。

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪