マグノリアベーカリー表参道にカップケーキを買いに こんにちは、いとこです。

6月に日本に上陸した、カップケーキで有名なニューヨークのお店「マグノリアベーカリー表参道」。早く行きたい〜〜と思いつつ、初日は6時間も並んだと聞き、落ち着いた頃に行こうと思った体力ナシ子(笑)。オープンから一ヵ月後の7月中旬、ようやく行くことができました。この頃には1時間以下の待ち時間で買えたという情報もあり、そろそろ落ち着いてきたのかも!

初めて訪れたマグノリアベーカリー表参道は、ニューヨークに来てしまった気分になるほどに超マグノリアでした!




こんなに可愛いカップケーキが日本で買える日が来たなんて〜〜!
2

しかも、マグノリアは可愛いだけでなく、お味も最高と来てますからね。待ってました!

■マグノリアベーカリー表参道/Magnolia Bakery
〒150-0001 渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1F
facebookはコチラ

訪れたのは7月中旬の水曜日。ももさん&まりさん&こすさんと一緒に、平日を狙って行ってみました。当初はランチを食べてから午後に行く予定でしたが、ランチ前にチラっと覗いてみて、もし買えそうだったらそのまま買っちゃう?ということになり、とりあえず11時にマグノリアに集合。

マグノリアのお隣にはパンケーキで人気のカイラもあり、行列処が2つもひしめいている状況。到着した私はもれなく地上のカイラの最後尾に並んでしまいましたが(笑)、マグノリアの列は地下だよ〜と連絡をもらって無事合流(笑)。


開店前にこすさんが激写してくれた、マグノリアの店内。
3

こじんまりとしたスペースですが、どこもかしこもセンスに溢れていて、ニューヨークのお店と同じ雰囲気!イートインスペースは壁際にちょこっとある程度ですが、いつか行列が落ち着いたら、店内にもっと椅子とテーブルが置かれて寛げるようになったりするのでしょうか♪

そういえば、昨日ツイッターでNYの有名カップケーキ「マグノリアベーカリー」朝食メニューをスタートという情報を診ましたが、どんな感じになるんでしょうね!?

11時の開店と同時に列が進み始め、どうやらランチの前に買えそうな雰囲気。


まずは、アイシングの実演コーナーに辿りつきました!!
4

マグノリアスワールと呼ばれている、あの独特の渦巻。マグノリアのレシピを参考に自作したときは、あの形が出来なくて悪戦苦闘しましたが、それもそのはず。マグノリアのfacebookによると、このテクニックをマスターするには40時間の修行が必要なのだそうです。


スタッフの手つきをじっくり見学しても、真似できる気が全くしません(笑)。
5

アイシングを扱いやすい状態の硬さに仕上げるところからして難しいうえに、このテクニック!スゴイ!


色とりどりのキュートなアイシング!
6

決してどきつくない、淡いパステルカラーが特徴。


引き続きじっくり見学させてもらいましたが、これは本当に難しそうだ。。
7

プロの技に釘付けでした。

じわじわと列が進み、どんどん近付いてくるカップケーキ売り場。


やっとカップケーキのショーケースが見えたああああ!
8

なんて美しいディスプレイ!全てが絵本に出てきそうな可愛らしさで、もうウットリもいいところ。鼻血!!

小一時間ほど並んで、ようやく順番が。


まずは箱の大きさの関係で、何個ぐらいカップケーキを買う予定かを聞かれます。
9

1-2個だとスモールボックス、1-6のミディアムボックスの2種類があり。


スペシャルなギフト用に、1個用のボックスも。
10

もちろん私はミディアムボックスで!


ついにカップケーキとご対面。
11

いきなりお目当ての2種類と出会えてハッピー!

上段のバニラバタークリーム×バニラ土台と、下段のチョコレートバタークリーム×バニラ土台。マグノリアで一番好きなのはレッドベルベットカップケーキなのですが、残念ながらまだ日本では作られていないようなので、次に好きなこの2つを買うと決めていました♪マグノリアのホロホロバニラ土台大好き!


こちらはチョコ土台バージョン。
12

土台はバニラ派なので、今回こちらは見送り。


でも、チョコ土台にパステルカラーのクリームも合いますね♪
13


どこからどう見てもピーナッツバター色したピーナッツバターカップケーキ。
14


パンプキンカップケーキも美味しそおおおお!
15

パンプキン土台の上でツヤツヤしているのは、メープルクリームチーズアイシングだそうな。絶対マッチする組み合わせですよねぇ。このときは目がバニラマークになっていたのでスルーしてしまいましたが、次回は是非これを食べてみたい!


チョモランマ型のこちらは、ジャーマンチョコレートカップケーキ。
16

ココナッツキャラメルピーカンアイシングという、色々入りのアイシング。下段のトリュフチョコレートカップケーキもシンプルで可愛らしく♪


一番ボリューミーだった、ココナッツカップケーキ。
17

上はメレンゲアイシングだそうで、これまたバニラバタークリームとは違った食感に違いナイ。

どのカップケーキを買えるかは、並んで順番が来たときのタイミング次第で、これはちょっぴりドキドキのロシアンルーレット方式(笑)。人気のバニラ系は常に切らさず置いてありそうな気がしますが、私達が並んだときは、トリュフチョコやココナッツが残り僅かになっていてすぐなくなってしまい、お会計後にもう一度カップケーキ棚を振り返ってみたら、見たことのないカップケーキが新たに並べられていてガーーン!これがもしレッドベルベットだったら発狂してたかも(笑)。


カップケーキのお隣には、アメリカンな焼き菓子も。
18


とことんアメリカンな品揃え。
19


ミニサイズのアップルパイまであるなんて!!!
20

左はダブルクラスト、右はクランブル。夢にまで見るほど大好きなアメリカンアップルパイが目の前に!!しかもお値段880円と意外とお手頃。これは買わねば!


オートミールやブラウンシュガーの素朴なクッキーも超アメリカン。
20

更にはケーキも充実していて、


ストロベリーアイスボックスケーキのデコレーションが可愛すぎる!
21


こちらはクラシックアイスボックスケーキ。
21

1カット600円と、こちらも意外とお手頃価格。


白いクリームが魅力的なこちらは、バナナクリームパイ!
22

うおおおお、ミニサイズのクリームパイまであるなんて!っていうか、これと全く同じデコレーションのバナナクリームパイがニューヨークのマグノリアにありましたね!夢みたい!たまにはバナナアレルギーを忘れてバナナスイーツを買ってみましょうかね。イェイイェイ〜!


ぽってりクリームが超美味しそうなチョコレートプディングパイ。
23

このパイもニューヨークのお店で見ました!本当にニューヨークのケーキをそのまま日本で再現してるんですねぇ、感動!

それにしても、カップケーキをいっぱい箱詰めしてもらった後にこの魅惑のケーキ&パイコーナーが待ち受けているとは・・。並んでいるときからチラ見してはいたものの、じっくりは見れなかったので配分をミスった気がします(汗)。


スニッカーズアイスボックスパイもニューヨークにありました。
40

上に乗っているのは、スニッカーズの輪切り・・・?


ブルーベリー山盛りのブルーベリーパイも!
24

パイというよりグラハム土台に近いバナナとチョコのパイに比べると、ピーカン入りのこちらのクラストの方がパイっぽい雰囲気。あああ、これにタカナシの生クリームたっぷり添えて食べたい〜!

ちなみに、店内から厨房がチラっと見えたとき、タカナシの牛乳や生クリームが使われているのを目撃しました。これは美味しいに違いナイ。


そして、トドメの要冷蔵チーズケーキコーナー。
25

これもニューヨークのお店がそのままやって来たみたいな再現度!ウヒョーー!


キーライムやキャラメルピーカンに、
26


レッドベルベットのチーズケーキ。
27

レッドベルベットはカップケーキで食べたい病です(笑)。


チョコレートスワールも素敵。
28


ケーキを選んでいたら、キーライムチーズケーキの試食をいただきました。
29

一口食べて悶絶!激ウマ!日本ではなかなか味わえない系の濃厚さと、キーライムのさっぱり感が絶妙にマッチ。あああ、カップケーキのみならずチーズケーキまで美味しいとは・・!胃袋が足りなくなってきた〜!


更にショーケースの上にはアメリカンなケーキがズラリ。
30

こんな魅力的なケーキのスライス売りがあるなんて嬉しすぎますが、既にカップケーキやらパイやらいっぱい買ってしまった後。ぐぬぬ・・、これはまた別の機会に・・!


デビルズフードケーキのアメリカンさに胸キュン。
31


真っ白なココナッツケーキのゴージャス感!
32

白いクリームはメレンゲアイシングとのことなので、あの真っ白なココナッツカップケーキのレイヤーケーキ版という感じでしょうかね♪

どのケーキも美しすぎて溜息モノ。いつかここのホールのケーキで記念日をお祝いしてみたいです。


ブラウニーなどの焼き菓子まであって、もはや天国。
33


チョコレートチャンクブロンディーも。
34

1人に1人スタッフが付いて、カップケーキ売り場から最期のチーズケーキ売り場までオーダーを受けてくれて、最後は番号札を渡されてラッピングが終わるのを待機。


番号を呼ばれたらキャッシャーでお会計して終了です。
35

レジの後ろにはオリジナルグッズも売っていて、スタッフのお姉さん達が来ていたTシャツが欲しかったのですが、Lでもキッズサイズのように細身で小さそうなので断念しました。チーン..

ちなみにロゴ入りのエコバッグは可愛かったのですが、今の時期に必要な保冷バッグはロゴ無しの色気のないタイプだったのがちょっぴり残念。保冷バッグもロゴ入りにしたらもっと売れるだろうな〜と思った余計なお世話隊です(笑)。


飲み物も売っていて、ホームメードレモネードに惹かれる〜。
36

このあとランチの予約がなければ絶対飲んでました。

とにかく想像以上に売っているケーキが本格アメリカンで、日本向けにアレンジされてなさそうなところが最大の魅力。まるでニューヨークのマグノリアベーカリーに来たかのような錯覚に陥るほど、置いてある商品は超アメリカン!妥協のない感じが素晴らしく、日本に上陸してくれてありがとうございます〜〜と、思わず感謝したくなる素敵なお店でした。

11時から並び始めて、お店を出たのは12時ちょっと過ぎ。約一時間並びましたが、カップケーキやアイシングの実演を見てキャッキャしてたら割とあっという間。一人だったらもっと長く感じたかもしれませんが、お喋りしならが並んでると時間が過ぎるのが早いですね。ももさん、まりさん、こすさん、お誘いどうもありがとうございました^^

こうして、洗練された美しいカップケーキを手に、ホクホクでお店を後にしたのでした。

次は、マグノリアベーカリーの戦利品レポをお送りします。


【関連記事】
●マグノリアベーカリー 2008年7月
●マグノリアベーカリーのカップケーキ 2013年1月
●レッドベルベットカップケーキ 2009年1月
●マグノリアベーカリーのレシピでカップケーキ作り 2013年10月
●マグノリアのレシピでレッドベルベットカップケーキを作る 2013年10月
●マグノリアベーカリー表参道のカップケーキ戦利品 2014年7月