バンコク・スワンナプーム国際空港で国内線へ乗り継ぎ&PGのラウンジ いとこ姉から、タイ・プーケット旅行記が届きました↓

バンコク、スワンナプーム国際空港までJL033便でやって来たいとこ姉家。プーケット行きのバンコクエアウェイズに乗り換えます。この時の乗り換え時間はジャスト二時間。バンコクで制限区域外には出ずに、トランスファーの表示に従って国内線乗り継ぎ専用のイミグレに進みます。

ブログランキングに1クリックお願いします

※以前スワンナプームでの国内線への乗り継ぎ方法を詳しく書いた記事はこちら

※スワンナプームでの乗り継ぎ時間が長く、一度制限区域外に出て空港内でマッサージを受けた時の記事はこちら


バンコクで降りる時&一度外に出る時はここを出ますよ。
2


国内線乗り継ぎ組は、美しい壁画を見ながら延々進み・・・
3


東京駅の京葉線のホーム位の距離を歩いたら、ようやく終点が見えてきました。
4


タイに来たどー!
5


Welcom to Thailand の看板の奥がバンコクエアウェイズやタイ航空の乗り継ぎカウンター。
6


バンコクエアウェイズのチケットは羽田のJALカウンターで既に発券済みなので、そちらを見せて乗り継ぎの目印シールを貼ってもらいます。
7

ここで貼って貰ったシールが、プーケットまでスルーで預けている荷物を受け取る際に目印になりますよ。

その後はタイの入国審査&再度手荷物検査を受けたら自由の身!ここまでJALの飛行機を降りてから20分も掛からない位かと。


国内線の搭乗時刻までは、バンコクエアウェイズの無料ラウンジで寛ぎます。
8

エアラインラウンジの表示に向かって進みましょう〜


ポップなインテリアのバンコクエアウェイズのエコノミー用ラウンジ。
9

朝6時過ぎという事もあり、今回はそれ程混雑しておりませんでした。


こちらはエコのラウンジにも関わらず、軽食が色々あって嬉しいのです。
10

今回は軽食のラインナップに少し変更が見られました。


ビュッフェ台で先ず目に飛び込んできたのはロールケーキ!!
11

モカストロベリージャムロール!!これは絶対食べたい〜


お隣はキュートなペーパーに入れられて焼き上げられたカップケーキ!
12

甘いもの好きな私は思わず呼吸が上がってしまいそうになりました。笑


パンは前回までのクロワッサンが無くなり、デニッシュ系にチェンジ。
13


クッキーが無くなった代わりにポテチ?と思ったら、バターコーティングのバナナチップスでした。
14


大好きなポップコーンはまだありました〜
15

塩気最高ーーー


サンドイッチも従来と変わらず。
16

パンが乾燥しないのかは毎度の疑問。笑


バナナの葉で包まれたタイのデザートも定番。
17


息子のお気に入りのライスクリスプスもまだあった!
18


ドリンク系は変更なし。激 甘オレンジジュースも無事鎮座していて、息子大喜びの巻。
19


ホットドリンクも変更なし子。
20


早速ロールケーキとカップケーキを実食〜〜♪
21

カップケーキはごくごく普通でしたが、ロールケーキがしっとりしていて美味しかった! 最近見かけないロールちゃんを安っぽくした感じ(←注:誉めている)。機内食で満たされていなければ、何個でも食べられそう!


お供は甘めのアイスティー。
22


息子はお気に入りのポップコーンとライスクリスプスで満足そう♪
24


そのお供は勿論激甘オレンジジュー ス。
23

私もダンナもこれはちょっと飲めない位の甘さです。カロリーどれ位あるのでしょう・・・

ネットも使えるバンコクエアウェイズのラウンジで軽食をつまみながらまったりしていると、乗り継ぎの待ち時間はあっという間。ラウンジ内にプーケット行きの搭乗案内が流れたのでゲートへ移動します。

次回バンコクエアウェイズ機内編に続きます。

続きを楽しみにして下さる方は・・ ランキングに1クリックお願いします♪

↓2015年GWにイベント開催します 2RGOd4JLEXGmWt51411992523_1411992657