アックジョンのサンボンファログイ本店で夕食タイム いとこ姉から【2014年8月ソウル旅行記】の続きが届きました↓

LKスパで極楽アカスリの後は、お夕食タイム。安くて美味しい牛肉が食べたいというのが男子組の希望であったので、何年か前にナオさんに連れて行って頂いたアックジョンのサンボンファログイに行く事にしました。

ブログランキングに1クリックお願いします

が、問題はどうやって辿り着くか。

明洞周辺から行くとなると、タクシーが便利だけど帰宅時間帯の道路は大渋滞。でも地下鉄は乗換えがツライし・・・そう言えばバスが便利とソウル通の方々のブログで拝見したなと思い立ち、ハングルも読めないのにバスに挑戦する事に。何と言っても安いし。


先ずは地下鉄で乙支路入口に戻り、韓国外換銀行本店前のバス停へ。
2


調べてみた所、明洞からアックジョンに行くのは472番のバスらしい。
3

全く読めない。笑

横でダンナはタクシーで行ったら?と不安そうでしたが、472番のバスがちょうど来たのでとりあえず乗る事に。


猛スピードで爆走するバスも、南山のトンネル手前から大渋滞にはまりノロノロ運転。
4

漢江を渡る頃には全く動かなくなり、タクシーに乗っていたらドンドン上がるメーターにドキドキしたに違いない。笑

やっぱりバスで正解〜と思うも、実は降りる場所が良く判らない私。狎鴎亭漢陽アパート狎鴎亭ロデオ駅というバス停で降りる事は判っているのですが、バスのアナウンスはハングル語のみに加え地名を沢山言っているようで、次のバス停がどれなのか判断出来ず。ダンナになんでそうやって行き当たりばったりなのかと呆れられつつ、二人で地図と睨めっこしていると、お隣に座っていた家族連れのママが英語で大丈夫ですか?と助け舟を出してくれた!

狎鴎亭ロデオ駅に行きたいのですが・・と言うと、自分達もそこで降りるから付いてきてね〜と。おおお!有難い!まさに神が現れた瞬間でした。


ギャラリア百貨店前のバス停に着くと、ここですよ〜とママが教えてくれたので無事下車。
5

降りてからも、大丈夫ですか?と日本語で心配してくれて凄く親切な方で我が家一同感激。 家族全員で何度もお礼を言ってお別れしました。政治やスポーツの場では韓国に対し正直怒りを感じる事もありますが、ソウルの街で出会う人は本当に親切。(たまに頭にくる客引きもいますが)ほっこりした旅のひと時でした。

バス停からはお目当てのサンボンファログイまで徒歩5分程。大渋滞に巻き込まれたけど、乗換えが大変な地下鉄よりもずっとラクチンなバスでした(←でも助けて貰えなければ降りられなかった)。


苦労して辿り着いたサンボンファログイ〜
6

そうそう、ここ!ナオさんに連れて来て貰ったな〜と蘇るメモリー。(場所覚えておけと自分に言いたい。笑)


お夕飯時だったので混んでいるかなと思いましたが、待たずにお席に案内されました。
7


オーダーは勿論、牛の三枚肉ヤンニョムソコギサムギョプ양념소고기삼겹 一人前11,000w
8


オーダーを済ませると、野菜等があっという間に登場〜
9


キムチに
10


水キムチも。
11


ネギのキムチ和え?
12


お待ちかねのお肉もやって来て、テーブルが豪華になりました。
13


息子はサイダー。ダンナは韓国ビールを飲んでいた模様。
14

ソウルの夜に乾杯〜


きのこセットはユートラベルノートのクーポンでサービスでした。
15


ダンナと息子は初めて見る、フルーツソース漬けの牛の三枚肉に「うまそう!」と大興奮。
16

確かに日本では見ないタイプのお肉だもんね〜


早速焼きますよ〜
17

牛サムギョプは薄くてスグ焼き上がるので、腹ペコ軍団にはそれも嬉しい♪


焼き上がったお肉を野菜で包んで、ネギのキムチとコチュジャンを乗っけてイタダキマス
18

う、旨すぎる・・・・感涙

数年前にも感激した美味しさが脳の奥底から蘇ってきた瞬間でした。ダンナと息子も旨い!と大絶賛。これが一人前11,000wだなんて安すぎる。


焼肉に白米が必須の息子にはご飯を頼みました。
19


タレを漬けてご飯と食べるとウマッと息子も感激。
20


ちなみにご飯はたったの1000w=約100円。安いです。
21


エゴマの葉にくるっとお肉を巻き巻きして食べると、これまた最高!
22


牛のサムギョプの他に、ホムカミでヨンアさんがマシソヨ〜と食べていたビビンバも絶対に食べたかったのでオーダーしました。
23

メニューを見てもどれだか判らなかったので、ビビンバありますか?と私のナンチャッテ韓国語で聞いてみるとスタッフのお兄さんが教えてくれました。


上から三番目の、Beanpaste pot stew + rice hash がビビンバだそうで。
24


お野菜をご飯に入れて、
25


そこにアツアツの味噌チゲを少し投入して、
26


さらにまるでケチャップのようなボトルで登場したコチュジャンを少々入れ、
27


でも激辛の予感がしたので控えめで、
28


ひたすら混ぜる!
29

ヨンアさんが結構長く混ぜていたので真似して混ぜまくって(笑)、食べてみたら・・・マシソヨ〜〜

味噌チゲのお味がお米に染みて美味しい!野菜もシャキシャキ!日本人の私には野菜とコチュジャンでビビンバを作る事は思い付いても、そこに味噌チゲを入れる発想は無かったので美味しい発見でした。味にうるさいダンナもウマイウマイと大変気に入った様子。家でも作って〜と言われたけど、この味を家庭で出すのは難しいどす。

息子もダンナもサンボンファログイのお味に感激したようで、前回の食のリベンジを無事果たせた私は心の中でガッツポーズ。私はお隣の席の地元OL女子会グループが食べていた、厚切りの牛肉が気になったので今度は食べてみたいなと思うのでありました。

美味しいお肉とビビンバでお腹がいっぱいになったら、お茶をしに行く事に。

次回マーケットOのカフェ編に続きます。

人気ブログランキングをポチっと押していっていただけると嬉しいです!


↓2015年GWにイベント開催します
2RGOd4JLEXGmWt51411992523_1411992657