明洞のマクドナルド&屋台巡り、そしてタクシーで・・・ いとこ姉から【2014年8月ソウル旅行記】の続きが届きました↓

ウェスティン朝鮮をチェックアウトしたら、コバラが減ってきたいとこ姉家。まずはお昼を食べに行く事に。息子がマックが良いそうなので、明洞のマックに向かいます。

ブログランキングに1クリックお願いします

ダンナはソウルでマック未体験。プルコギバーガーを食べてみたいと言うので、マックのプルコギバーガーよりロッテリアのプルコギバーガーの方が美味しいよ?と勧めてみましたが、男子組はマクドナルドのスイッチが入ってしまった模様。と言う訳で、前回息子と二人で行ったキムガネ一号店近くのマックへ。

ちょうどお昼時の店内は激混み。
2

何とか座る事が出来ました。


ダンナと私はプルコギバーガー。息子はハッピーセットです。
3


私はフツウのプルコギバーガーだけど、ダンナはガッツリとダブルプルコギバーガーを。
4


ダブルプルコギバーガーはパテが二枚でボリューミー。
5

ダンナも甘いプルコギソースが旨いと満足気でした。私はしつこいですが、マックのプルコギバーガーも不味くはないけどロッテリアのプルコギバーガーの方が絶対美味しいと思う。


息子のナゲットのハッピーセット。
6

世界のマックを食べ較べる事が好きだそうで。笑(そう言えば日本のマックは半年位ご無沙汰です)


ソウルのマックでは、日本では味わえないスィートサワーソースがあるのがお楽しみ!
7


前回同様、美味しい〜と感激の息子でありました。
8


お会計はこんな感じ。
9

円安でも日本よりちょい安い?


コバラが満たされたら、エチュードハウス二号店近くのFOOT SHOPで〆の足マッサージへGO
10

脚マッサージ一時間、確か29,000wのコースをダンナと二人でお願いしました。息子は待合室で読書&ゲームをして待っていてくれました。アリガト〜


始めに足湯でリラックスして、その後は極楽脚マッサージ。
11

こちらは明洞でチラシを配っている格安マッサージに較べれば少々お高めですが、その分店内も綺麗だし、施術を行うのは中国人の方で技術は最高!タイと良い勝負な位上手で、ダンナと二人で大満足。本当にもう極楽としか言えない一時間でした。トロケタ〜

マッサージの後は、息子お待ちかねの明洞屋台巡りタイム。幼い頃からコレが楽しみでソウルに来ている息子には欠かせない時間であります。笑


週末の午後、屋台が出てきた明洞の街へ!
12


綿飴に吸い寄せられて、真剣に色を選ぶ中二男子。
13


息子が絶対食べる〜っと言っていたのはツイストポテト。
14


息子が食べたいのは長い方!
15


揚がったポテトを油切りしたら、右にあるスパイス粉をまぶしてくれます。
16

これが美味しい(らしい)〜


久々のツイストポテトに嬉しそうな息子。
17


かりっと揚がったポテトに、スパイスがまぶされて美味しそう〜
18


満足気な息子の図。
19

あれ。。。今更ですがキミ大きくなりましたね?


↓昔はハムスターのように一所懸命アーンしていたのに、
20

今は余裕な感じです。小さくて可愛かったなぁ。。7年の月日の流れを感じます。。。(遠い目)


そして忘れちゃいけない、カルメ焼も!
21

お持ち帰り用に3つ程購入し、息子もホクホク。基本的に小さい頃と行動は変わってない息子です。笑


ホテルへ帰ったら、空港に向かうにはまだ少し早いので、クラブラウンジでお茶タイム。
22


朝のカオスがウソのように静まり返った夕方のラウンジ。
23


ブラウニーと紅茶でホッと一息。
24

チェックアウト後もクラブラウンジで休憩させて頂けたのが有難かった〜。

ラウンジのスタッフの方にお礼を言って、ロビーのベルデスクでスーツケースを受け取り、テキパキ働くドアマンに見送られ、快適だったウェスティン朝鮮にお別れ。一般タクシーに乗って、A'REXのソウル駅まで向かいます・・・がっ!久々にソウルのタクシーにヤラれました。

ウェスティンを出てソウル駅方向左に行くと思いきや右折。あれ?と思いましたが、ドアマンの方が行き先を私達に確認し韓国語でドライバーに伝えてくれていたので大丈夫だろうと思っていると、次の左折すべき道もスルーで直進。変だ・・・。次の角もスルーした時、遠回りされている事を確信しました!大丈夫じゃないしっ!その後すぐ大通りに合流した時、遠くに世宗大王の像と山が見えた瞬間、私の中で何かが切れ「アンデーッ!!(=ダメーッ!!訳by姉)」と大声で叫んでおりました。横で何事かと固まるダンナと息子。運転しながら飛び上がる運転手。(人間驚いた時は本当に飛び上がるんだなと思った。笑)

それでもまだ反対方向に進み続ける運転手に怒りが収まらない私は、TVで覚えた知ってる限りの単語で猛抗議!「ナンデムン、オプソヨ!(=南大門ナイヨ 訳by姉)」「ケンチャナ〜」とすっとぼける運転手。完全にブチ切れた私は大声で、「ヨギ、カンファムン、イッソヨ!(=ココ光化門アルヨ(=訳by姉)ナンデムン、オプソヨ!(訳省略)」と反撃。いきなりヘンテコ韓国語でぎゃあぎゃあ喚き出した日本人にビビった運転手は、その瞬間ギュイーンとUターン。笑 全く何処まで連れて行くつもりだったのか。怒


その後南大門を通過したとき、「ヨギ、ナンデムン!」と嫌味ったらしく追い討ちをかける私。運転手、固まってムシしておりました。
25

わざとらしくシャッター音を響かせて写真まで撮った↑ちなみにさっきから連呼してるナンデムン=南大門はソウル駅の近くにあり、明洞方面からソウル駅方面へ行く際の目印になります。

少し遠回りされたけれど、無事ソウル駅に到着。でもビタ一文メーターよりは多く払いたくなかった私。ていうか、遠回りした分もメーターに含まれてるし。お釣りも返さないような気がするなぁ・・・と思っていると、ダンナが多めにチャージしたTmoneyカードを持っていた。エライ!「Tmoneyカード、ジュセヨ」と言った時、明らかにムッとした運転手の表情を見逃しませんでしたよ!

全ての運転手さんがこうだとは思いませんが、こういう事があるからソウルでは極力タクシーに乗りたくないと思う。近くて申し訳ないから、普通に連れて行ってくれたらお釣りはチップで渡そうと思っているのに。最後の最後で噴火する出来事があったソウル旅。もっと韓国語を覚えて、「わざと遠回りしたんだから、手前でメーター止めろ」位は言える様になりたいと思った瞬間でした。ぜえぜえ 車を降りてから、男子組に「ママ凄〜い」「強い〜」と誉められたのは言うまでもありません。笑

次回ソウル旅行記最終回に続きます。

人気ブログランキングをポチっと押していっていただけると嬉しいです!


↓2015年GWにイベント開催します
2RGOd4JLEXGmWt51411992523_1411992657