寝台特急・北斗星 食堂車グランシャリオのディナー&朝食タイム こんばんは、いとこです。寝台特急・北斗星 ツインデラックス乗車記に続き、食堂車「グランシャリオ」でのディナー&朝食のレポをお送りいたします。

寝台列車といえば食堂車が浮かんでくる食いしん坊夫婦(笑)。往路のカシオペアでは懐石しか空きがありませんでしたが、復路の北斗星ではフランス料理コースに空きがあってヒャッホー!銀河鉄道999みたいなディナーが楽しみで楽しみで、もはや北斗星に乗る一番の楽しみが食堂車と言ってもいいほどでした(笑)

ブログランキングに1クリックお願いします

北斗星の食堂車「グランシャリオ」があるのは7号車。いとこ夫婦のツインデラックスは8号車なのでお隣。とても便利なロケーションなのですが、車両間のドアが重くて、移動は結構大変だった記憶が・・(笑)


グランシャリオの入り口。
2

何やら案内札がいっぱいぶら下がっています。


こちらはディナータイム・パブタイム・モーニングタイムの案内。
3

喫煙車両が多い中で、食堂車が禁煙なのはありがたく。さすがにここが喫煙可だとしたら北斗星は断念していたと思うので、禁煙化されていて本当にヨカッタ。

ちなみにディナータイムは完全予約制です。


こちらは予約不要のパブタイム&モーニングタイムについての案内。
4

どちらも混雑するそうで、開始時間前に並び始めると聞いていましたが、日本語が読めない外国人には伝わらないらしく、朝食時にはたまたま空いた席に座ってしまってゴタゴタしたりする場面もありました。


グランシャリオの中はこんな感じ。
5

モダンな雰囲気のカシオペアのダイニングカーに比べると、かなりクラシカルな内装。こんな感じの食堂車に憧れていたのよ〜〜!

ただ、真ん中の通路は誰でも通り抜けができる構造なので、ちょっと落ち着かない感は否めず。カシオペアはその点を改良して作られたのでしょうか、通り抜けできない構造の食堂車はゆったりと食事が出来るのが魅力的でした。

完全予約制とはいっても、場合によっては相席になることもあるとのことだったのでちょっとドキドキしていましたが、今回も相席にはならず。夫婦2人でのディナーとなりました♪


明かりが灯った夜の食堂車、すごく雰囲気が出ています♪
6


こちらはワインのメニュー。北斗星オリジナルラベルのワインもあり。
25


その他のドリンクメニュー。
26


私はマンゴージュース、いとこ夫は何だったか・・。
8

このとろみのあるマンゴージュースが420円は結構お得感あり。北斗星のロゴ入りコースターも嬉しい♪


テーブルには素敵なメニューも用意されていました。
7


フランス料理コース(8500円)の内容はこんな感じ。
9

6000円の北斗星懐石御膳も魅力的ではありましたが、やっぱり一度は食堂車で洋食のコースを食べてみたいという憧れがあったので、フランス料理に空きがあると分かったときは飛び上がるほど嬉しかったです!


まずはオードブル<海の幸とグリーンアスパラムースのサラダ仕立て>
10


サーモンやカニなどの海の幸が盛りだくさん。
11

さっぱりとした味付けで、シーフードがあまり得意ではないいとこ夫も美味しいとモリモリ。


魚料理は<真鯛のポワレ2種のソース>
12


ふっくらとした真鯛を二種類の違ったソースでいただけるのがポイント。
13


肉料理は<牛フィレ肉のソテーボルトソース>
14

どうしても鉄郎とメーテルとビフテキを連想してしまうお肉料理です(笑)残念ながら私は食べられないのでいとこ夫に食べてもらいましたが、気分だけは銀河鉄道999を味わえて幸せ!


ふわふわのパンも美味でした〜!
24

もうちょっと食べたいなと思っていたら、確かお代わりのパンを勧めていただけた記憶。


デザートは<スペシャルガトーの盛り合わせ>
16

コース料理の中で一番楽しみにしていた食後のデザート。とっても素敵な盛り付けに心が躍る〜!ソルベも美味ならば、


こちらのチーズケーキも素晴らしい!
17

北斗星のお飾り+北海道を模ったチョコレートのお飾りという、ダブルのお飾りが旅情をかきたてます!食堂車のディナーというだけでもテンションMAXなのに、こんな素敵なデザートが出てきたらもう最高!


コーヒーと共にゆっくりいただきました♪
15

サービスはもうちょっと頑張って欲しいなという感じの部分が見受けられ、和食の人に洋食の前菜をサーブしてしまったりしているのを見て大丈夫かな・・と思ったりしましたが(笑)、詳しい人によると、カシオペアも北斗星も当たりのクルーとそうでないときがあるとのこと。往路のカシオペアは素晴らしかったので、復路ははずれだったということですかね・・^^;

とはいえ、レトロな食堂車でのディナーは一生の思い出で、今でもあれは夢だったのではないかと思えるほど、非現実的な空間と時間でした。

翌朝の朝食タイム。両方向から入れる北斗星の食堂車は、順番待ちもややこしくなって大変そうな気がしたので、当初食べに行く予定はなかったのですが、遅めの時間に様子を見に行ってみたら、ちょうど空いてきた頃だったようで、ほとんど待たずにテーブルに着くことができてラッキー!


結露で景色はあまり見えませんが(笑)、夜とはまた違った雰囲気を楽しめます♪
18

朝食メニューはカシオペアと同じで、洋食か和食のチョイス。今回は2人とも和食をオーダーしました。


おいしい夕張メロンゼリーとお茶。
19


こちらが和朝食。
20


鮭、玉子焼きなど、おかずもカシオペアと一緒。
21


食後はコーヒーを飲みながら、食堂車の雰囲気を満喫。
22


朝日がどんどん眩しくなってきて、カーテンを閉めたりして、益々見えなくなる外の景色(笑)
23

まさか朝食も食堂車で食べられるとは思っていなかっただけに、本当に嬉しくて。たった1度の北斗星乗車で、ディナーと朝食を両方ともいただけるなんて、本当に幸せでした!

北斗星が引退してしまった今、食堂車でディナーや朝食を楽しめるのはカシオペアだけになるのでしょうか・・?そのカシオペアも北海道新幹線の開業にともなって存続が危ぶまれていて、もし廃止が決定したら更にプラチナチケットになってしまうと思われるので、気になっている方はなるべく早めに旅の計画をされたほうがよいかもしれません。いとこ夫婦も絶対にもう一度カシオペアに乗りたくて、なんとしても切符を手に入れたいと思ってます!

カシオペアに乗れるツアーもあるようです↓


ちなみに、約16時間も電車に揺られたのは今回の旅行が初めてだったいとこ夫婦ですが、下車した後、半日ぐらいは自分がグラグラ揺れていることに気が付きました(笑)

北斗星が引退してしまって寂しさを感じつつも、引退前に一度だけ乗る機会に恵まれたことに感謝しています。まるで昭和にタイムスリップしたかのようなあの独特の雰囲気は、一生忘れられません。ありがとう、北斗星!さようなら、北斗星!

最後に人気ブログランキングをポチっと押していっていただけると嬉しいです!


【関連記事】
●寝台特急・北斗星 ツインデラックス乗車記
●カシオペアスイート(メゾネットタイプ)での旅
●カシオペア ダイニングカーの食事(ディナー・パブタイム・朝食)