登別温泉・ホテルまほろばの大満足!夕食ビュッフェ いとこ姉から登別旅行記が届きました↓

洞爺湖からひた走って、登別温泉に無事到着。登別のホテルは色々ありすぎて、どこに泊まろうか散々悩みました。最初はこじんまりとしたお宿にしようかと思いましたが、湯船が沢山ある大浴場の広いホテルが良い!という息子とダンナの希望に応えて、登別で最大級の大浴場を兼ね備えた登別温泉ホテルまほろばに決定。

登別温泉・ホテルまほろば
2


お部屋は最もリーズナボーな和室。
3

ザ・日本の温泉という感じで、古さはありますが丁寧にお掃除されていて、なかなか居心地よし子でした。


こんなお茶請けのお菓子が用意されていて、温泉ムードが高まります。
4


早速お茶を煎れて、家族でほっこり休憩〜
5

この鬼のお菓子。中身はウェハースなのですが、家族ですっかり気に入ってしまって、ホテルの売店で買って帰りました。


一息入れたら、お楽しみの夕食タイム♪一泊二食付のプランでした。
6

お食事処はグリーンテラスというレストラン。この日は三連休の中日で、ホテルは満室で混んでいるとの事で、通常20時までの夕食が21時まで延長されていました。

お席に案内されたら、ビュッフェ台へ〜


先ず目に飛び込んでくるのは、ずらっと並んだ蟹!
7

さすが北海道!!


息子も嬉しそうに早速おひとつゲット♪
8

私は大人になってから蟹を食べると、口の周りが痒くなるので食べられないのが残念無念。


北海道らしいところでは、サーモンやイクラも勿論あります〜
9


海産物や和食だけでなく、イタリアン系も多いのが嬉しい。
10

ピザの他にはパスタなんかもアリ。小さいお子さんも喜びそうな品揃えです。


蟹と共に人気だったのは、ステーキコーナー。
11

オープンキッチンでジュージュー焼いていて、辺りに漂う香りが何とも食欲をそそります。


ステーキ用のソースも豊富に用意されていて、色々な味付けで楽しめますね。
12

正直連休中でもリーズナボーなお値段だったし(確か一人15000円はしなかった筈)、しかも一番安いお部屋を予約したし、あまり夕飯も期待しておりませんでしたが(スミマセン)、物凄く種類豊富なビュッフェで美味しくて良い意味で期待を裏切られました。

この他にも沢山お料理がありましたが、混んでいたので写真は無しです。食べきれない程のお料理いだったので、連泊して攻めてみたいビュッフェであります。


ドリンクは別でしたが、ホテルにしてはかなり良心的プライス。
13

カツゲンやリボンナポリン、ガラナと北海道のご当地ドリンクもあって息子の目がハートに。


家族でカンパ〜イ
14


こちらは息子のプレート。
15

芋類好きな男なので、お芋料理が沢山の北海道は嬉しいらしい。イカがまた魚食の彼らしさを漂わせています。人気のステーキも取ってきておりました。


息子のメインディッシュは何と言っても蟹!
16

ウマ〜と雄叫びが上がります。


身のぎっしり詰まった蟹はかなり美味しいらしく、無言で蟹をほぐしつつ食べ続ける息子。
17

この後もお代わりして、延々蟹を食べ続ける息子。その姿に触発されたダンナも蟹を取りに行き、親子で明日の朝起きたら蟹になっているんじゃないの?という位蟹を食べておりました。


蟹父ダンナのプレートは海の幸がてんこ盛り!
18

どれも新鮮で旨過ぎる!と悶絶。


二巡目は蟹を中心に、いくら丼も楽しんだようで。
19

こちらのビュッフェでは蟹用のハサミが用意されていて、とても蟹の扱いが楽だった様子。


三巡目。
20

海老が新鮮でこれまた悶絶。


私のプレート。
21

サーモンのお刺身がトロける!ステーキのお肉も柔らかくて、焼加減はちょうど良いミディアムでこれまたウマ〜


ダンナがホタテが旨いと勧めるので、取って来てみました。
22

こちらもオープンキッチンで焼いていて、焼き立てを食べられます。サーモンはトロける美味しさが最高過ぎるので、リピで取って来ました。ホント美味しい!


洋物メニューも種類豊富に取り揃えられているのが、ポイント高いこちらのビュッフェ。
23

コーンスープに、パスタ。どちらも中々のお味でした。


ラストにいくら丼を少量頂いて・・・
24


デザートで〆
25

どれも美味し過ぎました!!素材が新鮮な上、手をかけて調理されているのが伝わってくるお料理の数々に、家族で酔いしれました〜。海産物も惜しみなく提供されていて、種類も豊富で本当に食べきれない程。連泊出来なかった事が悔やまれます。

家族全員大満足で、明日の朝食も今から楽しみだね〜と語りつつビュッフェを後に。食後は休憩したら温泉タイム。広い温泉大浴場なので(全部の浴槽は周りきれない)、この日は満室だったにも関らず混んでいなくてゆっくり入ることが出来ました。乳白色の硫黄泉で芯まで温まり、念願の登別の湯を堪能しました。登別は極楽〜

温泉の後はダンナと息子と待ち合わせをして、売店でお土産物色タイム。湯上りで売店をブラブラするのって楽しいですよね♪


売店の一角では、白い恋人のソフトクリームを売っていたので、湯上りおデザに購入。
26

温泉でぬくぬくの身体に染み渡る、ひんやりソフト。しかも東京では北海道物産展でしか食べられない、貴重な白い恋人のソフトクリーム。濃厚でウマ〜。これまた極楽〜



この後はお部屋に帰ってオヤスミナサイ。二日目終了です。
次回、これまた美味しかった、ホテルまほろば朝食ビュッフェ編に続きます。