JALファーストクラスで羽田から新千歳へ こんばんは、いとこです。先月のことになりますが、いとこ夫と2人で北海道弾丸旅行に行ってきたときのレポをサクっとお送りしたいと思います。

荷造りをしながら、キャリーバッグを出すのすごい久しぶりだな〜と思って振り返ってみたら、もしかして6月にうさぎ島に行ったのが最後・・?8ヶ月ぶりの旅行!?

旅行に行くのも久しぶりならば、旅行記を書くのも久しぶり。カシオペアに乗ることがメインの短い北海道旅行記ですが、まずは往路のJAL機内のレポからスタートしてみたいと思います。


今回、またしても貴重なカシオペアの乗車券を夫の知人に譲っていただけることになり、もう今月で引退が決まっているカシオペアだけに、きっとこれが最後のチャンスになるだろうということで、ありがたく譲っていただくことに。そのカシオペアが札幌発&直前だったので、前日に慌ててJALのホームページから札幌行きのチケットを予約。直前で普通席でも高かったので、一度乗ってみたかった憧れの国内線ファーストクラスを予約してしまいました。

ということで、前日の夜に予約を済ませ、徹夜で雑用を済ませ、荷造りをして、早朝羽田に出発。ファーストクラスだと入れる羽田のラウンジも楽しみにしていたのですが、大渋滞にハマり(汗)。これ以上渋滞が伸びたら飛行機に間に合わないかもと、Google Mapを見ながら手に汗を握るスリリングなドライブでしたが、なんとかギリギリセーフ!駐車場からダッシュでゲートに向かい、もちろんラウンジは素通り(涙)


汗ばみながら、新千歳行きの飛行機の中へ。
2

なにはともあれ間に合ってヨカッタ・・・。


座席は、2-2-2並びの真ん中2席。
3

革張りのシートは座り心地が良く、国内線でこのゆったり感。さすが!公式サイトにあるとおり、スリッパ、モバイルバッテリー、腰に優しいテンピュールのクッションなど、機内アメニティも充実。

そしてJALの国内線Fと言えば、お楽しみの機内食♪乗る予定なんて全くないのに、いつもJALのホームページの月替わりメニューを眺めては妄想を膨らませていただけに(笑)、初めての機内食にワクワク。


2月上旬は、和朝食でした。
5

できれば洋食を食べてみたかったのですが、それよりも午後の軽食タイム便はこのとき提携スイーツがデメルで、そっちの方が残念(涙)もちろんザッハートルテではなく小さなチョコレートなのですが、それでもデメルですよぉ〜〜!


こちらがサーブされた朝食。
6

短いフライトでこんなに立派な機内食が出るなんてすごい!


柔らかくて美味しかった、鯖の西京焼き。
7

メニューを見てガッカリ気味だった魚嫌いのいとこ夫も、骨や臭みがなくて美味しく食べられたとのこと♪


美しい小鉢や、
8


俵ご飯も揃う、充実の内容。
9

北海道の高級ブランド米ふっくりんこ使用の俵ご飯。


糖質的に控えようと思っていたのに、ふっくら甘くておいしいのなんの!
10

結局半分ぐらい食べてしまいました。


デザートは、博多あまおうが2粒も。
11

ウホーー!大粒のあまおう!みずみずしさと甘酸っぱさが最高!


食後はコーヒーもいただいて幸せ。
12

2杯ぐらい飲めるかなと思っていたのですが、羽田-新千歳間は想像以上にあっという間。機内食を食べているうちに思いのほか時間が経過していて、コーヒーを飲み終わる頃には着陸態勢に。こんなに札幌が近く感じたフライトは初めて!


ちなみにドリンクメニューは、ソフトドリンクしか撮ってませんでした(笑)
4

アルコールは公式サイトにあるとおりで、残念ながらウィスキーは無く、ハイボールしか飲まないいとこ夫はオールフリーを飲んでいた記憶。こだわりのコーヒーもなかなか美味でした^^

以前、ぴのこさんがJAL国内線ファーストクラスの魅力を解説してくださったのをこちらの記事に紹介させていただき、それ以来いつか乗ってみたいと憧れていただけに、今回やっと念願が叶った感じです。確かに、空港で何も買う余裕がなく、ハラペコで新千歳まで飛ぶのはしんどかったので、+8000円で美味しい機内食と快適シートはお得感ありだと思いました!また乗る機会があるといいな♪

お次は、札幌で食べたスイーツなどのレポをちょこっとお送りしようと思います。