1


いとこ姉から【2015年3月セブ島旅行記】の続きが届きました↓

こんばんは、いとこ姉です。すっかり間が空いてしまいましたが、セブ島旅行記の最終回をお届けします。

セブからの帰路、ソウルでの乗り継ぎの合間に市内へ繰り出したいとこ姉家。キムガネでチーズラーメン→新羅免税店等で買い物を済ませ、AREXで仁川空港へ戻ってきました。この頃になると猛烈な睡魔に襲われ始め(セブーソウルは深夜便)、シャワーも浴びたくなったきた・・・。




半分睡魔で死んだ頭で、そういえば仁川にはトランジット客用の無料のシャワーがあったなぁと。出国審査を済ませ、早速向かいます。
2


無料シャワーの場所は、確か4階(制限区域内)。
3

トランジット客でない場合は、タオルやアメニティは有料だそうな。


我が家はセブからの乗り継ぎなので、イーチケの控えを見せたら無料になりました。
4

只、アメニティとはいえシャンプーのみでコンディショナーは無いので、お洒落女子の皆さんは持参した方がベターかと。

シャワーを浴びてサッパリしたら、市内の免税店で買った免税品をピックアップ。その後、プチ家族喧嘩勃発。これから空港の免税店を一通り見たい私に対し(←まだ買い足りない。笑)、眠くてアシアナラウンジで寛ぎたい男二名。お互いの平和の為この後は、男女別行動する事に。(女子は私一人)

私は一人で気楽に免税店ホッピング〜♪

しかしお目当ての化粧品を扱う免税店が、エチュードはこっち、オーフィはあっちと全く反対方向にあったりして。ただでさえ広い仁川空港を歩き回って疲れるのなんの。成田みたいに化粧品のエリアは化粧品で一箇所まとまっていた方が、断然買いやすいと思ったのでした。

しかも買い物を終えて、ダンナと息子のいるアシアナラウンジに戻ろうかと思うも、自分のいる場所からは搭乗ゲートとは逆方向へ延々と歩かなければならず。なんか仁川って動線悪い・・・・


結局ラウンジに戻る事は断念して、韓国料理も食べたかったし、近くにあったフードコートで夕食を食べる事にしました。
5


プルコギビビンパ!
6

安定のお味で美味しかった〜


そんな頃ダンナと息子はアシアナラウンジでまったりしていた模様。
7


途中で、なかなか快適なラウンジだよ〜とLINEがきました。
8

軽食系もあったそうで、結構お腹も満たされたとのこと。その写真を撮っておいてくれたらヨカッタのに・・・。ダンナからはこのラウンジにシャワーあったんじゃないの?と突っ込まれ、そう言えばそうだなと。睡魔と闘い続けている頭ではスカッと忘却しておりました。やっぱりアラフォーには深夜便で移動後の活動はキツいと、改めて感じるのでありました。


ビビンパを食べ終えたら、搭乗時刻も近付いてきたので、ゲートへ。
9

成田行きのゲートは、一番端のゲートだったので、これまた延々通路を歩きます。アシアナのラウンジがあるエリアから、一番端のゲートまでは歩いて10分位?途中のフードコートで休憩したとはいえ、寝不足の体にはツラカッタ。


ゲートの端っこの方にはカフェすら無いので(往路で学習済み)、途中でカフェラテを購入。
10

このカフェラテは美味でした〜


ゲートに着くと、外は雨が本降りに。
11

カフェラテを飲んでまったりしていると、ダンナと息子もゾンビのように「このゲート遠い〜」とバテバテで到着しました。


成田行きは定刻通り搭乗開始。
12


9割位の搭乗率だったかな?
13


直角シート(笑)ですが、充電も出来ますよ。
14


睡眠不足だったので、離陸前から爆睡。物音で目を覚ますと、機内食タイムでした。(食べ物の気配には敏感。笑)
15


ビビンパでお腹がいっぱいだったけれど、プルコギと韓国風チキンの味付けが絶妙で思わず完食。 21


デザートのケーキも美味しかった!
16


食後はお茶を頂いて、再び睡眠・・・zzzz
17


目を覚ますと、成田へ着陸態勢に入っておりました。
18

無事成田に到着〜。これにて、初めてのセブ旅行終了です。


帰りの仁川で買ったコスメ。
19

エチュードハウスのクッションファンデを愛用中だった当時。艶感が出てお気に入りだったのですが、肌荒れを起こすようになり、もう使えなくなりました。涙 残念ですが、皮膚科の先生によれば、やっぱり日本人には日本のコスメが良いそうです。


セブの空港で買ったお土産。
20

キャラメルがけのドライマンゴーは、フツウのドライマンゴーの方が美味しかった。。。 教訓。セブのお土産は市内で買っておこう。空港の売店は市内より基本的に高いです。(三倍くらいするかも)

ソウル乗り継ぎ番外編が続きましたが、今回の旅のメインは初めてのフィリピン、セブ島。 セブの海はもちろん、ボホールの自然は本当に素晴らしく、特にチョコレートヒルズやリバークルーズは家族皆で忘れ難い思い出です。何よりもフィリピン人は明るくて親切。親日的なのが何とも居心地よしこで。家族ですっかりフィリピンに魅了され、次はノブ・ホテルがオープンする等ホットなマニラにも行ってみたくなりました。

飛び飛びで長々と続いたセブ島旅行記ですが、これにて終了です。お付き合い下さった方々、有難うございました。

次はコタキナバル旅行記を開始の予定です。