1


こんばんは、いとこです。<ヨーロッパに行ってきました・湖水地方からロンドンへ編>をお送りします。

いよいよロンドンへ移動する日がやってきました。最近、賑やかな都会が得意ではなくなってしまったのと、コッツウォルズのフォスファームハウスが素晴らしすぎたのとで、前日は本気でロンドン行くのをやめて、フォスファームに帰ろうかと検討したぐらいなのですが、既にロンドンのホテルのキャンセル料が100%返ってこないことが判明し、半ば渋々ロンドンへ行くことに(笑)まあ、行ったら行ったですごく楽しかったのですが、やっぱり田舎の方が落ち着くなあ。




ロンドンまでの距離と時間はこんな感じ。
2

またしても5時間を超えるドライブ。しかも、借りてるレンタカーは空港貸出の空港返却で予約しているのですが、いとこ夫が大荷物をひきずって空港からロンドン市内まで移動したくない、一度ロンドンのホテルに荷物を落としてからレンタカーを返却しに行くと。

ごちゃごちゃしてるロンドン市内の運転を避けるために空港返しで予約してきたので、それなら市内の営業所返しにしたのにーーー!っていうか、ロンドン市内を運転するなんて怖すぎるんですけどーー><

市内の営業所返却に変更できないかなとも思ったのですが、ヒースローエクスプレスをDuo Saverという払い戻し不可の割引運賃で往復予約してしまっていて、£54は捨てるにはもったいない金額。いとこ夫は運転は問題ない、渋滞税を払ってでも大荷物はひきずりたくないということで、

・ロンドン市内のホテルに荷物を預ける
 ↓
・空港のレンタカー営業所に車を返却
 ↓
・シャトルバスでヒースロー空港へ
 ↓
・ヒースローエクスプレスでパディントン駅へ
 ↓
・パディントン駅からタクシーでホテルへ

という、無駄に遠回りなルートを選択(笑)余分に時間もかかるので、たぶんロンドンのホテルに着くのは夜。この日は完全な移動日になりそうです〜。


さようなら、湖水地方・・!
3

のどかな風景ともお別れかぁと思うと寂しさもありましたが、やっぱり一番戻りたい場所はフォスファームハウスなのでした。


長距離ドライブにつき、高速道路のサービスエリアに立ち寄りまくり。
4

どこのサービスエリアも清潔なトイレ、フードコート、スタバ、ウエイトローズ、M&Sなどが入っていて楽しい♪


やっとこ見つけた、ヨークシャーティーの自販機!!
5

往路はこれを求めて数々のサービスエリアに立ち寄ったものの、COSTAの自販機が幅を利かせていて見つけられなかっただけに、感動もひとしお。自販機といっても、置いてあるティーバッグを開けて自分でお湯を注ぐだけなのですが(笑)、ヨークシャーティーを1杯から飲めるお手軽さに憧れていました。

ちなみに、日本のようなお金を入れる自販機ではなく、レジにお金を払いに行く仕組み。自販機というより、コンビニのコーヒーマシンみたいな感じですかね。


ヨークシャーティーの赤いカップも嬉しくて♪
6

二ヶ所のサービスエリアで買ったうち、一ヶ所はフツウの無地のカップだったので、この赤いカップのサービスエリアには感激。置いてある牛乳をたっぷり入れて飲むと最高に美味しい!!絶対COSTAの自販機より美味しいのに、なんで数が少ないのかぁ〜!

ランチはウエイトローズで購入して、フードコートで食べました。


かなりのチャレンジだった、いとこ夫のランチ。
7

あちこちのウエイトローズで見かけて気になっていた、太鼓。りょうり。本格的日本食って書いてありますが、美味しいのか地雷なのかドキドキ大冒険(笑)


ところがどっこい、想像以上に美味しくて、いとこ夫感動の巻。
8

私もちょっと味見させてもらったところ、確かにハイレベル!地雷っぽくみえためかぶ?の和え物もすごく美味しくて、ウエイトローズがあれば生きていけると思ったぐらい(笑)太鼓シリーズは他にもいろいろあったので、もっと他のも食べてみたかった〜。


私は気に入ったコーニッシュなパスティをリピート。
9

何度食べても美味しくて、パイ好きにはたまらないうえにお手軽なのがたまりませぬ。


高速道路にかかる渡り廊下にあるフードコートで食べました〜。
10

↑走ってても東北道っぽいのですが、こうして見てもやっぱり東北道っぽくて妙に落ち着く(笑)

グーグル先生のナビを頼りに、渋滞を回避したりしながら走っていくと、突然この先料金所ありとの看板が出てきてヒー。不意打ちキター!


現金レーンは左に2レーンだけで、大半がクレジットカードで支払う自動機レーン。
11

不慣れな外国人だから、もしもたついても許してーー、っていうか後続車こないでーーとあわあわしましたが、意外とスムーズでホッ^^;VISAがあれば大丈夫!

長距離ドライブの疲れで何度か休憩しつつも、レンタカーの返却時間に間に合うかビミョーな感じだったので、急がねばなりません。

ロンドンに近づくにつれ交通量が増えてきて、市内に突入したらそれはもうゴチャゴチャしてて、なのにグーグル先生はこういうときに限って現在地を見失うしで、ナビ担当の私はパニック状態。


ここから先が渋滞税がかかるゾーン。
12

なんかバッキンガム宮殿の横とか、ロンドンっぽい景色のところをたくさん通過しましたが、ナビるのが精一杯でこれ以降、写真を撮る余裕一切ナシ(笑)


やっとホテルのエントランスに到着。
13

ドアマンに荷物を預け、レンタカー返却したらチェックインしに戻ってきますと伝えて再び出発。早くロンドンから脱出したいーー。


車が多いだけでなく、歩行者や自転車も多くて、助手席の私はビビりまくり(汗)
14

が、当の運転手のいとこ夫は、こんなんでギャーギャー言ってたら都内なんて運転できない、都内のほうがよっぽどゴチャゴチャしてるとのことで余裕の様子。初めて運転する国なのに、何年も運転してないマニュアル車(オートマ車は高かった)でいいとか言うし、頼もしいというか、楽観的というか・・・。これがA型とAB型の違いなのでしょうかねぇ(笑)

高速道路に乗ってしまえばあとは楽々で、


やっとレンタカー返却完了〜!
15

ここまで何事もなく無事に帰ってこれたことに感謝&いとこ夫にも感謝!お疲れ様、ありがとう!

車から降りると、身一つなので移動もラクラク!身軽ってスバラシイ!


シャトルバスでやってきたのは、ターミナル5。
16

BA利用ではない私たちには縁のないターミナルでしたが、ここも「きんいろモザイク」の1話に出てくる聖地なので、シャトルバスで好きなターミナルに行けるなら行ってみたいなと♪聖地で写真が撮れてウホウホ。


大きめのM&Sがあってワーイ。
17

1日1スコーン食べないと生きていられない身体になってしまったのに、移動日のこの日はまだスコーンを食べていなくて、ウエイトローズで買ったスコーンはあれどもクロテッドクリームが無い!ということで探してみましたが、ここには売ってなくて涙。


しかし、デザートコーナーにストロベリースコーンを発見!
18

クロテッドではなくホイップクリームとイチゴジャムがサンドされているようですが、この際ホイップでもなんでもいい〜。

きっとホテルに着いたらダウンだと思うので、夕食もこのM&Sで調達したら、


ヒースローエクスプレスでいざ市内へ。
19

すごく空いてて快適なうえに、WIFIまであって超快適。パディントン駅まで15分?ぐらいで着いてしまって、さすが運賃高いだけのことはありますね!


パディントン駅に到着〜。
20

駅構内にセインズベリーがあるとの情報を見たので駅員さんにどこにあるのか聞いてみると、改装中で今は閉まってるとのことでガーーン。クロテッドクリーム売ってるかと思ったのに・・。(まだ諦めてなかった笑)

タクシーでようやくホテルへ向かいます。


さっきも同じところ通った気がする・・・。
21

なんという遠回りをしてきたのでしょう〜。疲れたよ〜。


翌朝撮った画像ですが、今回泊まったのはこちらのホテル。
22

St. James' Court, A Taj Hotel Londonというホテルで、ホテル代がべらぼーに高いロンドンの中で、高級感があるのに1泊3万円以下と比較的安めだったことと、やっぱり直感的に惹かれるものがあって予約しました。

ちなみに予約はアップルワールドから。アップルワールドはホテルによってはものすごくお得なレートが出ていて、もちろん公式サイトよりも安いうえに、全日朝食(Full)込み!

で、このセント・ジェームズコート・ア・タージホテル、結果的にはとても快適で満足のいく滞在だったのですが、チェックインに手間取り。。夜遅いチェックインだったためお部屋がなかったようで、手続きにものすごく時間がかかり、なのにロビーでは某アジア系ファミリーの子供が大騒ぎをしていて、ものすごいデシベルに頭が痛くなり、せっかくの素敵なロビーの雰囲気も台無し系。。

やっとこルームキーを受け取ってお部屋に行くと、エレベーターのすぐ近くでガーン。うるさかったらどうしよう><


でも、ドアを開けるとなんだか思ったよりお部屋が広い!?
23


こんなにゆったり感のある広々したお部屋だったとは〜。
24


でもバスルームを見てガッカリ、ハンディキャップルームでバスタブが無かった><
25

湖水のお宿がシャワーのみだったので、ロンドンではバスタブを楽しみにしていたんですよね・・・。

お部屋を変えてもらおうかと思ったのですが、悩んでいるうちにエレベーター近くでもすごく静かで、他の客室の物音や声も聞こえないことが分かってきて。


更に、大荷物のうちにとって、この間口の広さはありがたく。
26

明らかに予約してきた一番安い部屋よりも広々しているし、下手に変更してもらって、移動した部屋がさっきの大騒ぎ系ファミリーの隣とか真下だったらノイローゼになりそうなので(笑)、バスタブは諦めてここに落ち着くことに。


まずはとにかくエアコンに感動!!涼しい!!!
27

コッツウォルズも湖水もお部屋の暑さに苦しんだだけに、このキンキンに冷えるエアコンのありがたさといったら!エアコンって素晴らしい発明品ですね!

落ち着いたらお腹が空いてきたので、早速夕食タイム。


マークス&スペンサーのストロベリースコーン、ピンクの箱が可愛い♪
28

運んでる間にだいぶ崩れてしまいましたが・・(笑)


ホイップクリームでもスコーン自体が美味しいから幸せが炸裂。 29

もちろんクロテッドのが美味しいのですが、これはこれで軽やかで美味。1日1スコーンを達成できて満足なり〜。


ウェイトローズが美味しかったので、M&Sも美味しいかな?と、和食をチョイス。
30

サラダ?というのがちょっと気になりましたが、これも美味しい!ごはんが酢飯で最初はビビったのですが、それが逆にさっぱりしててサラダっぽい感じ。サーモンもホクホクしていて幸せ〜〜。いとこ夫の和食も美味だったようで、やっぱりイギリスは美味しい!

こうしてシャワーを浴びたら涼しいお部屋でぐっすり。ベッドも心地よく、とても静かで快眠爆睡。ロンドンに着いた途端に田舎に帰りたいと思ってしまった都会嫌いですが、このあとのロンドン観光はそれなりに楽しくて、やっぱり来てよかったなと♪

お次は、ロンドン編をお送りします。