1

こんばんは、いとこです。<ヨーロッパに行ってきました・ウィーン編その4>をお送りしたいと思います。

これまではいとこ夫とマイペースにのんびり旅してきましたが、いとこ姉が本格的に合流したこの日からはスパルタ式スケジュールが発動😅いとこ夫的には、私の相手をしてくれる人ができたおかげで、自分はホテルで過ごせてよかったみたいですが・・(笑)

この日のメインイベントは、シェーンブルン宮殿。歴史はよく分かっていない夫婦ですが、気分はハプスブルク家で行ってみよう!




朝食はこの日もホテルザッハーのBUFFETにて。
2

オムレツステーションでマッシュルームオムレツを焼いてもらいました。オムレツというより、薄い玉子焼き的な・・?湖水地方のB&Bのオムレツの方が美味しかったなあ😭

この日も真夏の暑さではありましたが、前日に比べたらかなりマシ。前の晩の大雨でちょっと気温が下がり、雲も結構出ていて、照り照りではなかっただけ楽でした。っていういか、おらこの日に動物園に行きたかっただよーー!

Uberを呼んで、涼しい車で快適にシェーンブルン宮殿へ。


さすが夏の観光シーズン、かなり混んでる!
3

チケット売り場では20分以上並んだでしょうか、、この後の道のりは長く、ちょっとしたハイキングもする予定だったので、横の売店でお水を買っておいたのは正解でした。

チケットは、優先レーンを使えたり、翌日行く予定の王宮やシシィ博物館などの入場にも使える「シシィチケット」なるもの(25.50ユーロ)を購入したところ、翌日はチケット列に並ぶ必要がなく、所々で優先レーンを通過できて、シシィチケット便利!買ってよかったシシィチケット!

宮殿内は撮影禁止につき、写真はナシ。

宮殿内の見学コースを日本語オーディオガイドを聞きながら歩いて見学したのですが、歴史に疎いいとこ夫婦でも、オーディオガイドのおかげで、ハプスブルク家のことをそれなりに理解することがでいました。そこがどういう場所なのか分かるだけで、ここがその場所なのか〜、そういうときに使われた場所なのか〜と、一つ一つ興味深く見学することができました。

豪華絢爛な宮殿の中で、フランツ・ヨーゼフのお部屋は質素で、朝は4時に起きて仕事をしていた等、国王って大変なんだな・・と思ったり。そういえば王室教師ハイネに出てくる国王も超多忙だったことを思い出しました。


撮影OKだった、フランツ・ヨーゼフ一世。
4

ハイタワー三世に似てるとか思ってしまって申し訳ない・・

ウィーン、ハプスブルク家と言えば、やっぱりミュージカル「エリザベート」ですよね。といっても、私は一度も観たことがないのですが😅結婚前はミュージカルオタクで、東宝ミュージカルにも通いつめていたのですが、結婚を機会に観劇回数が減って行き、ちょうどその頃、日本で上演が始まったのが「エリザベート」だったので、ビミョウに私のミュージカルオタク期とはズレているんですね💦

その後、ちょっと観てみようかなと思っても、超人気演目につきチケットが入手困難で、そのうち劇場が苦手になったりして、結局ウィーンに来る前に一度も観ることができなかったわけなのですが、一度でも観てたら聖地巡礼さぞ楽しかったんだろうなぁ・・と。

ミュージカルオタクの友達がよくルドルフ、ルドルフと言っていたので、シェーンブルン宮殿ではルドルフにまつわるものを見れるかとちょっと楽しみにしていたのですが、オーディオガイドでほんの一瞬触れられただけで終わってしまって拍子抜け。へ!?


ギフトショップで捜索し、やっと1枚の絵葉書を発見。
5

なんか、ミュージカルの劇中写真で観るルドルフ皇太子とはイメージだいぶ違うのですが・・・これであってるのだろうか・・・。ホテルに帰ってwikiで調べたら、どうやらあっていたようです😅

想像以上に広大で、たくさんのエリアが見学コースとして解放されているうえに、オーディオガイドを聞きながらノロノロ歩行につき、全部見るのにはかなりの時間を要しました。暑さもあって、途中私は具合が悪くなったり😅


ギフトショップで素敵だった、ミニチュアコレクション。
6

かわいい〜!家にドールハウスとかあったら、ハプスブルク家ごっことかしたくなりそう♪ちなみにこのシリーズはシェーンブルン宮殿だけではなく、王宮のギフトショップなどでも見かけました。


見応え十分だった、美しきシェーンブルン宮殿。
7

私のシェーンブルン宮殿の感想は「具合が悪くなるほど広かった」、いとこ夫の感想は「シシィ(エリザベート)の美しいイメージとは裏腹に、冷めていた夫婦生活やどろどろした親族との諍い、その後に続く悲しい最期を詳しく知るとフクザツな気持ちに」、いとこ姉の感想は「6歳のモーツァルトが演奏した部屋は一度観てみたかったので、念願が叶い感激。マリーアントワネットが幸福な子供時代を過ごした場所というのも、その後の悲劇を知る後世の者からすると感慨深く見学出来ました。皇帝の部屋以外は豪華絢爛過ぎて、少々食傷気味になったのも事実。笑」ということになりました😅

この後はグロリエッテを目指すべく歩き始めたのですが、見学コースの出口を出てからどうやって行くのかが分からずウロウロしていると、今グロリエッテに行って帰ってきたところだという日本人女性の方が声をかけてくれて、親切に行き方を教えてくれて感激。おかげさまで暑い中、無駄に歩かずに済みました〜!


緑生い茂る並木道を歩くと、右手に地味な入り口が見えてきた記憶。
8


煌びやかな宮殿より、わしはこういう野原でのんびりしてたい派。
9

ちなみに、目指しているグロリエッテとは、


あの丘のてっぺんにある展望台です!
10

クラクラするほど遥か彼方・・・!遠い・・・!暑い・・・!

普段なら下から見たら満足しちゃうところですが、あの展望台の中にそれは素敵なカフェがあるとのことなので、カフェにつられて頑張って登る我々(笑)


丘の中腹で振り返ると、だいぶ小さくなったシェーンブルン宮殿が。
11

暑いよ〜、疲れたよ〜


売店で買った、シェーンブルンウォーターで一息。
12

パッケージと背景が同じ!


やっと見えてきたグロリエッテ。
13

気温30度以下だったこの日はまだ耐えられましたが、32度でカンカン照りの前日だったらたぶん無理だったかと・・・。


綺麗に並んで休んでる子たちに癒され。
14

ああ〜、動物はいつも癒してくれる〜


ヒーコラ言いながら、やっとこグロリエッテに到着!
15

なんという神々しさ!まるで空から天使でも降りてきそうな雰囲気に圧倒されます。

↑ガラス張りの内部がカフェになっているということで、息も絶え絶えな私たち3人はカフェに直行。更に上に展望台があり、てっぺんに人の姿が見えますが、とてもあそこに登る体力は残っていませんでした💦


ひんやり系が充実しているカフェ・グロリエッテのメニュー。
16

写真入りがありがたく♪


マリア・テレジアが愛したテラスというだけあって、内部も優雅。
1

なぜかより暑い屋外の席の方が混んでいて、屋内はガラガラ、好きな席選び放題。

こちらも今回のウィーン旅行のバイブル、ウィーン魅惑のカフェめぐりを見て、絶対行きたい!と思ったカフェの一つです。




エリザベートのチョコレートが飾られたシシィトルテ。
17

カフェ巡り本で見て、ここに来たら絶対食べようと、いとこ姉と決めていたトルテ。アイス&ホイップが盛り盛りだった冷たいアイスカフェを飲んだら、トルテは正直シェアでもキツキツになってしまったのですが、再びここに来る機会はいつになるのか!?もうないかもしれないよね!?ということで、頑張っていただきました!


ホイップ添えでお願いしたら、なんだか大変なことに(笑)
18

トルテが見えないほどのボリューム!しかも、ここのホイップはマシンで絞っているのか、スプレーホイップみたいなフニャフニャ系ではなく、しっかり硬さとコクのある美味しいホイップで。日本でもこんなに大盤振る舞いしてくれるカフェがったらいいな〜。

正直、暑くてあまりお味を堪能できる状況ではなかったのですが、とってもネットリしたチョコレートと、オレンジリキュール入りのクリームが大人の味わいで美味しかった記憶。なによりホイップが美味!(←そこ重要)いとこ姉の感想は、甘酸っぱくて、ザッハトルテに比べると食べやすい甘さとのことでした。


窓側の席からは、シェーンブルン宮殿とウィーンの街並みを一望。
19

絶景なり!しかもこの優雅さと素晴らしきホイップ。これで涼しければ世界一素晴らしいカフェでしたが、どうにも暑く、あとハエとの戦いなのが辛かった・・😭

広い宮殿内を歩き、プチ登山もして、既に虫の息の3人。遥か彼方のシェーンブルン宮殿を見て、あの建物まで帰るの無理だよね・・・、もっと近くに出口ないかな・・・という話になり店員さんに聞いてみると、グロリエッテの横の道をまっすぐ行けば外に出られるとのこと!やった!


グロリエッテ横の階段を降りて、その先に続く道をまっすぐ歩くと、
20


こんな門が。
21
平坦な道をまっすぐ歩くだけなので、下山するよりかなりラクチン。


門を出ると、こんな感じの街に出ました。
22

言葉の通じないウィーンで、こんなところにタクシーを呼ぶのは至難の技ですが、Uberならこんなところにもピンポイントで呼ぶことができるのだからありがたい限り!さすがに辺鄙な場所なので20分ぐらい待った記憶ですが、やっぱりUber便利すぎ!ロンドンに続き、ウィーンでもUber活用しまくりの旅なのでした。

※Uberについてはこちらの記事に詳しく書きました

ちなみに、動物園やグロリエッテを含め、シェーンブルン宮殿の敷地内はミニトレインが走っていて便利との情報でしたが、なかなか見かけない&日除けのない停留場でただ待ってる方が暑いということで、今回は利用しませんでした💦